大人のスマートさが鍵!キャバ嬢やホステスと付き合う方法

大人のスマートさが鍵!キャバ嬢やホステスと付き合う方法

キャバ嬢やホステスは、1日に何人もの男性と会い、話すことを生業としています。

「接客のプロと分かっていても、気に入った女性に好かれたい」と思う男性は多く、なかには本気で恋愛感情を持つ男性も少なくありません。

そこで今回は、キャバ嬢やホステスと付き合うための方法をご紹介します。

キャバ嬢やホステスに好かれるには最低条件をクリアすべし

キャバ嬢やホステスに好かれるには最低条件をクリアすべし

キャバクラやクラブは大人の男性だけが楽しめる場所です。
大人の遊び場ですから、それにふさわしいスマートさが求められます。

席に着きたいと思う男性の最低条件
  • お酒を飲んでいても理性がある
  • 清潔感がある
  • 下品な話をしない

多くの男性を相手に接客していると、女性も疲れてしまいます。
ですが、疲れているときにスマートな男性が現れれば「素敵」と感じることもあります。

そのため、もし他の客と差をつけたいのであれば、紳士に立ち振る舞うということを意識してみると良いでしょう。

ただし、お酒が入ると人が変わってしまう……という方はご注意ください。

「またこの席に着きたい」と思う男性を目指す

「またこの席に着きたい」と思う男性を目指す

キャバ嬢やホステスも、接客のプロとはいえ普通の女性です。
そのときの気分や感情によっては「この席につきたくない」と思う場合もあります。

キャバ嬢やホステスと付き合いたいと考えている男性は、「またこのお客様の席に着きたい」と思えるような客になれるよう大人の男性らしいスマートな行動ができることがはじめの第一歩です

キャバ嬢やホステスが「またこのお客さんの席に着きたい」と思う男性とは

話題が豊富な男性

まだ知らない情報を与えてくれる男性は、それだけで会話が弾み、話をするのが楽しくなります。

趣味や仕事を通じて新しい情報をキャッチするなど、女性が興味を抱きそうな話や小ネタを用意して、驚かせてみるのも効果的です。

ただし、これみよがしに話をするのはNG。
あくまでもスマートに話を盛り込むのがうまいやり方です。

そうすることで女性は「知的な男性」という印象を持ち、「また話を聞きたい」と積極的になるかもしれません。

気配りができる男性

キャバ嬢やホステスに限らず、どんな女性も気配りができる男性には良い印象を抱きます。

出勤前の同伴やアフターの際、相手の体調や時間を考慮してくれる男性であれば「また一緒に同伴を」と思ってもらいやすくなります。

特に、アフターは夜中になってしまうため、一緒に過ごす時間が長時間に及ぶと翌日の予定に影響してしまいます。

女性の都合やその場の状況に応じて手早くタクシーを手配できるような男性であれば、好感度はさらに増すでしょう。

キャバ嬢やホステスと付き合うなら ” 最高のお客 ” を目指す

キャバ嬢やホステスと付き合うなら ” 最高の客 ” を目指す

「次も、このお客さんに着きたい」と好印象を抱かせるのは、まだ入り口にすぎません。
キャバ嬢とホステスの気を引き、好意をもってもらいたいならば ” 最高のお客 ” を目指しましょう。

” 最高のお客 ” とは

キャバ嬢やホステスの言う ” 最高のお客 ” とは、たくさんのお金を使ってくれる男性とは限りません。
” 最高のお客 ” とは、下記の4つを兼ね備えている男性のことを指します。

1. 店にすぐ来てくれる

営業のLINEやメールが来たときは、一先ずその店に行きましょう。
店に行かないことには何も始まリません。

一人で行きづらいとしても、そこは勇気を持って行動してください。
来店するたびに大金をはたく必要はありません。「自分のために来てくれた」と思わせることが大切です。

2. 口説かない。店外に誘わない

キャバ嬢やホステスをプライベートで誘うことは、会社員に休日出勤を要請しているのと同じです。
「キャバ嬢やホステスを口説くのが楽しい」と言う男性もなかには居ますが、それは一方的な行為にすぎません。

3. 見返りを求めない

キャバ嬢やホステスのために男性が大金をはたく行為は、目当ての女性から好かれたいという気持ちの表れでもありますが、同様に「見返り」を求めているケースも少なくありません。

見返りとはつまり、恋愛関係やSEXのこと。
男女ですから、こういうケースはよくあることですが、女性に何も求めず会話やお酒を楽しんでくれる男性のほうが、彼女たちには魅力的に映ります。

4. 女性のことをよく理解している

キャバ嬢やホステスは接客業です。
嫌だと思う相手にも愛想を振る舞うなど、非常に精神力を使います。

そのような状況を理解し、自分の席では休憩室のように気を抜いていいことを伝えましょう。
ストレスフルな時間の中で、少しでも「癒せるお客」として来店すると、一気に好感度が急上昇します。

相手の仕事を理解し、応援してあげられるような男性を目指し、徐々に距離を縮めていきましょう。

キャバ嬢やホステスと「店カレ」の関係

キャバ嬢やホステスと「店カレ」の関係

恋愛関係までは望まないものの、気に入ったキャストと親しくなりたいと思う方には、「店カレ」という手段もあります。

お互い深入りしないのが「店カレ」

店カレとは
「指名」「同伴」「アフター」など、お店のシステムを利用して親しくなること。
高額なボトルやシャンパンを入れ彼女の売り上げに貢献したり、イベントや誕生日にはプレゼントで彼女を応援します。

一般的な交際関係とは異なりますが、お互いに深入りしたくないなどとの理由から、この立場を選択することが多いようです。

気になるあの子の「店カレ」になって、距離を近づけるのもいいかもしれません。

キャバ嬢やホステスと付き合う方法まとめ

ホステスと出会う方法や付き合う方法はたくさんありますが、いちばん大切なのは相手を一人の女性として見ながら、楽しい時間を作ることです。

キャバ嬢やホステスという職業柄、時間やお金はどうしても必要になりますが、それでもお気に入りの女性と付き合いたいと思う場合は、「最高のお客」を目指し、常に相手の女性を喜ばせる努力が欠かせません。

「気軽に恋をすることが許されない相手」だからこそ、女性の立場や気持ちをきちんと考えたうえで行動を取るよう心掛けてくださいね。

<関連記事>「痛客」にならないよう、あなたもご注意を!痛客の意味はこちらから▽

痛客とのラインがSNSで話題!ホステス・キャバ嬢が嫌う痛客とは?

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す