切りたい客…ホステス・キャバ嬢が嫌いなNG客・痛客とは?

「もうあの客にはつきたくない」

キャバ嬢やホステスからどう思われているか気になる男性もいるかもしれません。自分では普段通りの行動でも、彼女らにとってはNG行動という場合もあります。
お気に入りの指名嬢がいる場合、できれば気に入られたい、あわよくば…なんて思っていても、裏では「最悪な客」と思われているような一方通行という話もあります。今回はキャバ嬢やホステスにとって正直もう指名して欲しくないNG客についてご紹介します。

ニオイがキツイ


体臭だけではなく、香水やオーデコロンなどを大量につけている男性は、趣味にもよりますが、長時間一緒にいるのは耐えられません。お店では比較的近い距離で座るのでニオイがキツイ+お酒で口臭が…なんて日には吐き気をもよおしてしまうケースも…気になる人は、口臭エチケットしましょ。

席についたホステスやキャバ嬢を下心満載で口説く


「アフター行こう」
と下心満載で言われると正直萎えますし、そういうことがしたいから、手頃にできそうだから自分を指名したんじゃないか? と疑ってしまう場合もあります。それまで、楽しくお話していてお店がクローズになったけど、話し足りない!とお互いが思っているタイミングでの「アフター行こう」と誘うのと、席についているあいだ、体を凝視してきたり、あまつさえ触ってきたりしてくる人からのお誘いは天と地ほど差があります。 そんな男性に口説かれようものなら、嫌な気持ちしか出てきません。

店外デートに持ち込む客


また、すぐに店外デートに持ち込もうとする男性もNGです。お互い合意の上ならいいのですが、強引すぎたり、次絶対指名するから、またくるからと言いながら交渉してくる男性に対して好意は持たないので気をつけてください。

飲めないホステスに飲ませてくる


お酒が好きで飲みたいといっている女性ならまだしも、酔わせて何かしようと考えているのではないかと思える男性もNGです。あとで無理やり飲ませてきた!最悪! なんて裏で吹聴しているかもしれません。

メールやラインの内容が…


「痛客」という言葉をご存知でしょうか。
お客様の中にも、良心的な方もいますし、とにかく迷惑極まりない方もいます。迷惑な、痛いお客様のことを略して痛客と呼びます。特にメールやラインで痛客ぶりを大いに発揮している男性も少なくありません。

話が通じない


仕事中に電話したいと言われても、出れない時や、通話できない状況も数多くあります。今出れないの、ごめんなさい。と伝えてもその言葉を無視してコールしてきては出ないことに腹を立てる男性客も…。怒られても、女性だって大事な仕事中なのに、困ってしまいます。

会いたいから出勤を減らせという


お店によるのかもしれませんが(高級店ではこんな発言をするお客様がいないと信じたい…)、会いたい=店外デートしたいから、出勤を減らせと連絡がくることもあります。こちらも頑張って今の地位を手に入れたにも関わらず、恋人でもない男性のために、仕事を減らし、給料を減らし会う女性がいるのでしょうか。いや、いない。
そんな発言をしようものならすぐに切ってしまうというシビアな女性もいるので注意してください。

NG客にならないために

相手の気持ちを考慮して行動できる男性であれば、すぐにNG客にはならないでしょう。ですが、女性側の気持ちや立場を考慮せず、自分の考えばかりを主張してしまうのであれば、すぐに切ってしまいたい男性になってしまいます。キャバ嬢やホステスは、その仕事に誇りを持っています。それを尊重しない男性はこっちからお断り! と心の中で思っており、今後発展することは限りなく低いでしょう。お客様以上の存在になりたいのであれば、NG客にならない行動を取るように心がけるのが得策です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター