名作シューズは大人の男の先行投資。デキるメンズのドレスシューズといえばこれ!

ドレスシューズとは

紳士用のビジネスシューズなどを指す「ドレスシューズ」。ビジネスとありますが、フォーマルな服装にも合わせられる靴を言います。要はカジュアルシューズ以外の革靴、ということ(女性であればパンプスなどがそれに当たります)。

ドレスシューズの魅力

どれだけかっこいいスーツを着ていても、足元がダサくては台無し。スーツでないにしても、おしゃれは足元から!です。

スーツやフォーマルな装いには、それに見合うクオリティの高い靴がマスト。品があって美しい靴には、それだけで全体の着こなしにも磨きがかかります。

男性のドレスシューズの場合は、流行りすたりがあまり無いため、しっかりメンテナンスさえしていれば5年、10年と履き続けることも可能です。
名作シューズはそれなりにお値段も張りますが、まだお持ちでない方は、これを機に買い替えてみてはいかがでしょうか。

ドレスシューズは最低2足

仕事用、フォーマル用と用途に応じて使い分けるのもアリですが、仕事用であれば最低2足は持っておきたいところ。営業職の方は外まわりなどが多く靴底が減りやすいですよね?

どんな靴にも言えますが、同じ靴を毎日履くのは良いことではありません。長持ちさせるためにも最低2足は鉄則です!

大人メンズが履きたい名作シューズ4選

[1]世界中で人気。クロケット&ジョーンズのタッセルシューズ

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)不朽の名作「キャベンディッシュ」の木型をベースに、日本人の足型にフィットしやすいよう改良されたのが、こちらのモデル。ヨーロピアンテイスト溢れる、格調高いデザイン!

クロケット&ジョーンズ タッセルローファー

出典:https://amzn.to/2SJLdxN

商品の詳細はこちら

[2]世界三大ビスポークブーツメーカー。ジョンロブのダブルモンクストラップ

イギリス発祥、世界最高峰とも言われるシューズメーカー「JOHN LOBB(ジョンロブ)」。この靴をデザインしたウィリアム・ロブ氏にちなんで名付けられたジョンロブのアイコン的シューズ「WILLIAM」のニューバージョンが下記のWILLIAM2。

JOHN LOBB(ジョンロブ) WILLIAM2(ウィリアム2)ブラック モンクストラップ

出典:https://amzn.to/2tqA5ql

商品の詳細はこちら

見てください、このオーラ!機能性も抜かりありません。トゥキャップの一文字がハンドソーン仕上げにされ、更なる履き心地のよさを実現しています。

[3]ジョンロブとの併用に。エドワードグリーンのバークレー

こちらもイギリス生まれのブランドEdward Green(エドワードグリーン)。ジョンロブと並んで称される英国王室御用達のドレスシューズです。名作はあまた存在しますが、下記がブランドのアイコン的モデル。スワンネックが特徴的な一足です。

出典:https://strasburgo.co.jp/

商品の詳細はこちら

[4]フランス生まれのジェイエムウエストンであえてのゴルフを

ジェイエムウエストンといえばローファーというイメージが強いですが、この「ゴルフ」もおすすめ。ゴルフシューズを原型としていることから、ゴルフと称されたシューズ。

出典:http://www.tomorrowland.jp/

ブランドの頭文字をあしらったリッジウェイソールは、グリップ力に優れているので、濡れた地面でのスリップも防いでくれますよ!

ココもCHECK!

ドレスシューズは手っ取り早くオシャレに見せられるアイテムとも言えます。男性なら避けては通れない革靴の道!種類やデザイン、シーンに合わせた選び方もしっかり押さえておきましょう。

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルから広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ウェブライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す