お酒が飲めない男性がモテないってほんと? お酒が飲めなくてもモテる方法をご紹介!

お酒が飲めないことがコンプレックスという男性もいるのではないでしょうか。

レモンチューハイだけでふるえてしまったり、ワイングラス1杯だけで吐いてしまったり、日本酒をぺろりとなめただけで真っ赤になったり……お酒はいっさい受け付けられないということもあるようです。

お酒が飲めないと、飲み会で苦労することも……お酒をたしなむ女性とのデートではプランニングが難しくなることも……コンプレックスになるのも無理はありません。お酒が飲めない男性はおもしろくないという女性がいるのも、残念ながら事実です。

ですが、そんな女性たちは、お酒が飲めないうえにおもしろくない男性と飲んだことがあるだけかもしれません。

お酒が飲めなくてもおもしろい男性はたくさんいます。男性は素面のまま、女性はお酒を飲みながら、会話が盛り上がることだてあるのです。そんな男性は絶対にモテるのです。

ここでは、お酒が飲めない男性が知っておきたい、お酒が飲めなくてもモテる方法をご紹介します。

女性たちいわく、お酒が飲めない男性のここがイヤ!

女性たちいわく、お酒が飲めない男性のここがイヤ!という意見の数々……お酒が飲めない男性にとっては、耳どころか脳髄まで痛くなりそうな言葉ばかりですが、裏を返せばその〈イヤ〉にあてはまらなければ、お酒が飲めなくたっていいということ。まずは、そんな女性の意見をご紹介します。

  • 飲み会でハイテンションなひとたちを冷めた目でみている
  • お酒を飲んで饒舌になった女性に塩対応する
  • デートで自分だけ気分がよくなって、なんだかバカみたいに思えてくる

特に、お酒をたしなんでいる女性の場合、ちょっと気になる男性がお酒が飲めないと知ったときの落胆ぶりといったら……男性が想像する以上のものです。いいなという男性と、大好きなお酒を楽しめないのです。悲しくもなります……ここで泣く泣く恋愛対象から外してしまうなんてことだって。

それは、お酒を飲めない男性に、こんなネガティブなイメージがあるからです。もしかしたら、実際にそんな男性に接したことがあるのかもしれません。

女性たちいわく、お酒が飲めない男性のここがイイ!

なんだかんだ、実はお酒が飲めない男性にはいいところがあるんです。そのことを知っている女性もけっこういます。父親がお酒ばかり飲んでいた、元彼がお酒ばかり飲んでいた。そんな経験から、むしろお酒を飲む男性が好きではないなんてことも……ここでは、そんなお酒が飲めない男性のイイところをご紹介します。

  • 酒代がかからない
  • 無理やり晩酌に付き合わされない
  • お酒で人が変わることがない
  • 飲み会で失言・失態しない
  • 二日酔いの介抱がいらない

意外とメリットがたくさんあります。お酒をたしなむ女性はよくわかっています。毎月の酒代にどれだけかかっているのかということが。同棲していると、気持ちよくなって、無理やり晩酌につきあわせようとする場合もあります。また、交際関係であることが知られていると、飲み会での失言・失態が女性にまでおよぶことも……お酒が飲めない男性には、そんな心配、いっさいありません。

二日酔いの介抱がいらないどころか、女性にとっては介抱してもらえるなんてメリットまであるのです。

お酒が飲めない男性がモテる振る舞いとは?

お酒が飲めない男性は、飲み会やデートでどんな振る舞いをするとモテるのでしょうか? お酒が飲めなくたって、モテる男性はモテるんです。そんなモテる振る舞いをご紹介していきます。

  • ハイテンションで飲み会に挑む
  • 素面だからこその気配り
  • 素面だからこその聞き上手
  • 1杯だけ飲めるなら、乾杯だけお付き合い
  • 女性の飲み方・食べ方に合わせる

お酒が飲めない男性がこのような振る舞いができると、お酒が飲めないからといってモテないことはまずありません。

ハイテンションで飲み会に挑む

お酒を飲まないけど、飲み会の雰囲気が好きという男性、実はほとんどではないでしょうか? 普段真面目な同僚が色々ぶっちゃけたり、気になる女性が無防備になったり、おいしいごはんを堪能したり、色々楽しいことがあります。

後は、お酒のせいでハイテンションになっている人たちについていけるかどうか。お酒を飲んでいなくても、「場」に酔うことはできます。ハイテンションになってお酒ではなく、会話とごはんをエンジョイしましょう。

素面だからこその気配り

素面だからこそできる気配りもあります。グラスがあいたらオーダーをとったり、料理がきたら取り分けたり……酔っ払ってると、どうしても気が利かなくなってしまいます。そんなとき、気配りしてもらえるととてもたすかるのです。

素面だからこその聞き上手

お酒で饒舌になるのがほとんどです。ふざけたことばかり繰り返したり、ちょっと愚痴っぽくなったり……酔っ払いの戯言だとしても、真面目にうんうんと聞いてあげましょう。意外と普段は聞けない本音がのぞくことも。好きな女性と距離を縮めるきっかけにもなります。

1杯だけ飲めるなら、乾杯だけお付き合い

1杯くらいならセーフなら、乾杯だけお付き合いしましょう。1口、2口でやめてもいいです。飲み会なら仲のいい同僚に飲んでもらいましょう。もし、食事デートだったら、オーダーするときにあらかじめ確認したうえで、残りを飲んでもらって距離を縮めるというのも方法です。その後は、ノンアルコールカクテルかソフトドリンクを飲みながら、ごはんを楽しみましょう。

女性の飲み方・食べ方に合わせる

飲み会ではみんな好き勝手に飲んだり食べたりしているので、それほど気にすることはありません。ですが、食事デートではそうもいきません。お酒を飲むといっても、飲み方はそれぞれです。お酒を飲んでからごはん、ごはんを食べてからお酒、お酒とごはんは同時……などなど。お酒を飲まない男性は、この飲み方・食べ方に合わせましょう。お酒を飲んでからごはんという女性だったら、まずは一緒にソフトドリンクを飲みながら、女性との会話を楽しみます。ごはんを食べてからお酒という場合は、素面のままごはんになるので、お酒が飲めなくても合わせやすいかもしれません。お酒とごはんは同時というワカコタイプなら、女性の食べるペースに合わせるのがベストです。

お酒が飲めないメリットを逆手にとる! ポイントをおさえてモテるノンアルコールライフ!

お酒が飲めないのにもメリットがあります。ですがお酒を飲めない男性に対して、おもしろくないという印象を持っている女性がいるのも事実です。お酒が好きか嫌いかきかれたとき、お酒は飲めないけど、飲み会が好きだということ、お酒を飲むひとと食べたり飲んだりするのが好きだということをいうと、お酒が飲めないからといって一緒に飲めないわけではないと認識してもらえます。

お酒が飲めないメリットを逆手にとって、ポイントをおさえてモテるノンアルコールライフを送りましょう。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す