できる男は知っている。妻を大切にする男は出世する

できる男は知っている。妻を大切にする男は出世する

パートナーとの関係が良いときは、不思議と仕事の調子も良いときが多いと言われています。一方でパートナーとうまくいっていないときは、なぜだか仕事も調子が悪いという事があります。

特に既婚者の方は、この傾向が強く、妻を軽視する男性は、不思議と会社の中でも出世していきません。

独身30代、できるサラリーマンとして会社での評価を上げ、人生で思考していくためには、パートナーを大切にする男になることが出世や成功の近道かもしれません。

成功者ほど妻を大切にする理由

世の中には成功者にしか知らないルールというものがあります。

それは成功している人が共通して持っている考え方で、それに倣う事が最も自分を成功者へと導くための近道になるのです。

その一つが、一番身近な存在である「妻」を大切にする事です。

一見して、仕事の成功と、妻との関係は結びついてはみえません。ですので仕事で成功するために奥様やパートナー大切にする事になんの意味があるか不思議に思うかもしれません。

しかし、一見して全く結びつきそうにないことも、実は根本的に成功への道としてつながっているのです。

妻を大切にする男性が、仕事でなぜ成功するのか?

それでは具体的な理由を何点かご紹介します。

妻との関係が良いと、家庭の居心地がよくなるため

奥様を大切にする男性は、妻からも同じくらい大切にされ、愛されます。

人は愛することで、相手のために何かをしてあげたいという「尽くす」心になります。

妻が夫のためにできることは、家庭で心地よく夫が過ごすように努力することです。

ですので、奥様との関係の良い男性の多くは、家庭環境が良く、家のことが大好きになります。

仕事を頑張るためには、まず家庭が自分にとってリラックスできる場であることは絶対的な条件です。

家に帰ると居心地が良い空間が用意されており、健康的な食事の準備が整っているのは素晴らしいことです。

家に帰れば仕事のことから脳を切り替えることができて、くつろいだりリフレッシュをしたりする事ができるというのは最大のメリットです。

家庭が居心地が良いと、仕事以外でストレスを抱える必要がなくなり、その心の余裕が仕事への頑張る威力として背中を後押ししてくれるのです。

一方浮気をしたり、奥様をないがしろにしたり、馬鹿にしている家庭は家に帰ると喧嘩ばかりになります。

家はぎすぎすとし、居心地よいものではなくなり、そして家にいてもストレスを抱えることになります。

仕事でもストレスをかかえ、家でもストレスを抱える男性が、仕事で成功して出世していくようなエネルギーはありません。

リラックスできるはずの家庭に問題を抱えていることは、男性の出世のためにもよくないものなのです。

一番身近な人を喜ばせられない男は、部下や上司との関係もうまくいかない

一番身近な存在である「妻」のことを考えて、いつも妻が喜ぶことについて積極的に頭を働かせていることが、成功に結び付きます。

その理由は、妻を喜ばせる事を考えている人は、脳の考え方の癖として「身近な人を喜ばせるにはどうすればいいのか?」という事を常に考えるようになるからです。

人を喜ばせることを日々探し、考えている人はそれが習慣化されていきます。

結果としてその思考の癖が、上司や部下も向いていき、仕事でかかわりのある人たちをどうやって喜ばせればいいのかという事を常に考えるようになるのです。

そのような思考で働く人間は、人から愛され、大切にされ、そしてまた重宝されてるようになります。

だからこそ会社で上司から気に入られて出世したり、認められたりしていくのです。

一番身近な奥様をいつも喜ばせるように、毎日考えてみましょう。相手を喜ばせることに思考を常に向けることが、成功へ近づく道筋なのです。

成功者は人間に愛される人がつかみ取るものです。

身近な妻をないがしろにし、家庭環境一つも男として整えることができない人は、社会でも信用されていきません。

家庭は一番最小単位の貴方が統括すべき一つの社会です。その運営がうまくない男が経営者として、何百人もの部下を持つような社長になることはできません。

まずは男として、身近な妻を喜ばせること、このことから初めてみましょう。

 

POINT
仕事で成功する近道は、身近な妻を喜ばせることから始まる

 

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す