大人男子として相手にすべきではない「相談女」

大人男子として相手にすべきではない「相談女」

男の人生に、不幸を持ち込む「相談女」という存在をご存知でしょうか?

女友達からは嫌われる、同性が嫌う女性の第一がこの「相談女」と呼ばれる存在です。

しかし男性はなかなか気が付かないため、「かわいい子なのに女友達が少なんて不思議だな」なんてスルーしがちです。

同性の友人がいない女性には、実は理由があるものです。そのような女性にかかわってしまうと、自分の人生にも悪影響を及ぼす場合が多いので気を付けなくてはいけません。

男が近寄るべきではない「相談女」とは?

「相談女」とは、簡単に説明すると既婚者や彼女を持っている男性に「相談があるの」と話を持ち掛けて、最終的には寝取りをもくろむ妖怪のような怖い存在です。

彼女たちの獲物はいつも「他人の物」です。つまりパートナーがいる男性ばかりを狙ってちょっかいをかけてきます。

せっかく本命彼女と幸せになっていたのに、会社の後輩から「実は仕事のことで相談があるんです、どこかで二人きりで飲みませんか?」なんて持ち掛けられたとき、貴方はどのような態度をとりますか?

仕事の相談だし聞いてあげなくちゃ、なんてのんびり思っていたら、いつの間にか毒牙にかかってしまい、本命彼女とギクシャクなんて羽目に陥るかもしれません。

毅然とした態度をとらない男性は、せっかく手に入れた幸せが消えてしまうこともあるのです。

相談女の口車にのってしまい、その気もないのに浮気をしてしまい、別れた後から元カノのほうがはるかにスペックが良かった、なんて後悔しないためにも、大人の男が距離をとる必要のある相談女の生態について知っておきましょう。

「相談女」はなぜ既婚者、恋人がいる男が好きなのか

世の中には、他人の物を奪いたいという衝動だけで行動する悪意のある人間がいます。

例えば既婚者や、パートナーが居るという事を知っているのにも関わらず、わざわざ貴方に近づいてくる女性です。

まず一つ勘違いしてはいけないのは、既婚者であることを知っているのに近づいてくる女性は、貴方が「女性にモテる魅力的な男性」だからモテているわけではないのです。

たいていの男性は、彼女たちにモテることが自分の男としての魅力であると勘違いしがちです。

彼女たちの目的は、「優越感」なのです。

奥さんから貴方を奪うと、奥さんよりも自分のほうが女として価値があると感じられるから、既婚者ばかりを狙うのです。

彼女がいて幸せそうな男性ばかりを選んで、彼女から寝取ることで相手の女性に「勝った」と思いたい女性もいます。

このように「人のものだから」ほしがるという女性が一定数います。

そんな女性に目を付けられてしまい、自分が頼られている喜びから相手を守ってあげなくてはと錯覚してしまっていませんか?

本来愛すべき妻や彼女よりも相談女を選んでしまうと、貴方が「人のもの」じゃなくなった途端、相談女は貴方に本性を見せてきます。

「相談女」とふつうの「相談」の見分け方

もちろん後輩の女性から仕事の面で相談を受けるというようなシチュエーションは仕事をしていれば生じることです。

すべての異性からの相談ごとに対して身構える必要はありませんが、中には悪意を持って貴方に近づき、浮気を誘ったり、貴方の家庭をめちゃくちゃにひっかきまわしたいと思っている女性もいます。

相談女とふつうの相談の違い、見抜き方を大人の男性として知っておくべきです。

相談女の特徴はこのような内容です。

相談女の特徴、個人のLINEなどに頻繁にメッセージを送ってくる

相談女はまず必ず個人情報を把握したがります。仕事の相談であれば業務中やせめてランチタイムなどで会社で相談すればいいだけなのですが、それをしないのが相談女です。

今の時代はLINEやSNSをつかって貴方と親しくなろうとプライベートな時間に侵食してきます。

そしてLINEを教えたら最後、相談の内容や、そのほかの雑談など、日夜問わず頻繁にメッセージを送ってきます。

一見相手の下心を男性は気が付かないため、親身に相談にのりLINEなどの返事をマメに返します。

しかしその姿をパートナーに見せてしまうと、パートナーは不快に思い、不信感を抱きます。

プライベートの時間に、パートナー以外の女性に対して親身な態度をとること自体が、まずは可笑しい事であると自覚しましょう。

相談女の特徴、二人きりで会いたがる

相談女が好きなのはプライベートの時間の侵食です。そのため、なんだかんだ理由をつけて二人で会いたがります。

「相談があるんですが…職場だと言い辛いので夜に食事でもいきませんか?」

だとか「相談があるんですが、今近くまでいるんですがカフェで待ってます」なんて具合に、何かと理由を付けて会社以外の場で会いたがろうとします。

しかし一度でも相談女と二人で食事をすると、彼女たちはすぐに「付き合ってる」なんて噂を立てて外堀を固めてきます。

また誘惑もしてくるため、ついついその気になって浮気に走ってしまったりする場合もあります。

彼女たちが「相談があるの」と男性に声をかける切っ掛けに「相談」という手段を利用するのは、頼られるとうれしいという男性の心理を見事に突いている戦略だからにすぎません。

頼られていることに気持ちが良くなってしまい、頼ってくる女性がかわいく見えたり、守らなくてはいけないと感じるかもしれませんが、それは錯覚でしかありません。

相談女に見事騙されて浮気騒動や、離婚騒動、彼女と別れて婚約破棄などの人生の修羅場に陥らないよう、相手が頼ってくることにくすぐられていい気にならないように距離をとる必要があります。

既婚者やパートナーが居る事がわかっている男性を選んで、わざわざ二人きりになりたがる女性は、一見それがどんなに真面目な仕事の相談だとしても必ず下心があるのです。

もし相手の女性から「二人きりで会って相談したい」と言われても、ほかの女性を呼んだりしてグループで会うようにしましょう。

相談女を妻やパートナーはどう感じるか

妻やパートナーから見て、夫や彼氏の周りをうろつく相談女というのは非常に歯がゆい存在です。

女だからこそ、その相手の女性の下心が目に見えるのに、夫や彼氏は「そんな嫉妬みたいなこというなよ、彼女は真剣に仕事で悩んでるんだから」などと相談女の下心に気がつきません。

むしろ相手が相談女であることを指摘したパートナーを叱る男性もいます。
妻やパートナーから相談女と出かけることや、LINEなどで連絡をするに対して苦言を呈されても、男性は「彼女は本当に悩んでるんだから」と相手をかばう始末です。

賢い大人男性としては、まずは既婚者であること、パートナーが居る事を知っているのにかかわらず「相談」という理由で、あえて自分のプライベートに寄ってくる女性には警戒することが大切です。

どんなに女性から「仕事の話が相談がある」と言われても、毅然とした態度でプライベートに踏み込ませない態度が必要です。

相談であれば仕事の時間に会議室で面談をしたり、ほかのメンバーも巻き込んでグループで相談に乗ったり上司にも連携をしたりと、業務内容の範疇で問題ありません。

また二人きりで相談を、と言われたときには「妻以外の女性と個人的な連絡をするのは控えている」と断る態度も大切です。

二人きりで飲みに行ったりするのは危険です。どうしても業務外で相談と言われた場合は一対一で会わないような工夫をし、グループで業務外で飲みに行くなどの対応が必要です。

どんなに真面目な相談内容でも、あえて貴方のプライベートな時間にこだわる女性は気を付けたい「相談女」の可能性が大です。

POINT
相談女からの相談は、一対一ではなくグループで相談に乗るなどして回避

大切なのは自分のパートナーが第一のはず。プライベートな時間に会いたがる相談女には毅然とした態度を

 

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す