それ、セクハラですから! 職場であるあるセクハラな瞬間 5選

それ、セクハラですから! 職場であるあるセクハラな瞬間 5選

職場であるあるセクハラな瞬間。女性たちは黙っているだけかもしれません。もちろん、男性だってセクハラのつもりはないでしょう。自意識過剰なんじゃねえの? と、反論したくだってなるでしょう。ですが、モテる男性は女性社員への配慮にも抜かりはありません。どんなことが女性にとってセクハラになってしまうのか、一度見直してみませんか?

ここでは、そんな職場であるあるセクハラな瞬間についてご紹介します。

職場であるあるセクハラな瞬間

職場であるあるセクハラな瞬間……女性の怒りは爆発寸前かもしれません。そこで今回は、そんな瞬間を5つのパターンでご紹介します。

絶対セクハラ! 性的な発言

説明不要ですが……性的な発言はセクハラになります。社会的にセクハラが問題視されるようなるまでは、比較的スキンシップよろしく性的な発言が女性に投げられていました。「またまた、そんなことばっかりいって〜」と笑顔をみせるから、下ネタOKなんだと誤解していませんか? 実は内心でセクハラだと思っているかもしれません。

業務に必要ないでしょ? ボディタッチ

職種・業種によっては女性の肉体に触れざるを得ないことはあるでしょうが、一般的なデスクワークで女性に触れる必要はまずありません。それなのに、やたら肩を叩いてきたり、腰を抱いてきたりしたら、それは女性にとって紛れもないセクハラです。

性的な画像をみえるところにおいておく

あえてそんなことはしていないかもしれませんが……性的な画像をみえるところにおいておく。そんなセクハラを意図的にしている場合もあるそうです。もしかしたら、セクハラがセクハラだといわれていなかった頃から勤務している定年間近の男性社員がやっているかもしれません。

結婚・出産に対する、心無い言葉の数々

結婚・出産に対する、心無い言葉の数々があげられます。結婚してない女性には、いつ結婚するのかからかったり、結婚する女性に夜の営みをきいたり……これも立派なセクハラです。また、出産する女性に対する心無い言葉はマタハラといわれています。妊娠によって業務に支障があったとしても、嫌味をいってしまったら、それもマタハラになります。

こっち見ないで。 いやらしい視線を向けている

いやらしい視線に気づかないほど、女性は鈍感な生き物ではありません。ついつい胸元に視線を向けてしまったり、タイトスカートからのぞく太ももを凝視してしまったり……見てくれといわんばかりのファッションだったとしても、見たらセクハラだと思われてしまうのです。とにかく、どんなファッションであっても、女性のことをジロジロみるのは避けるのが無難です。

まとめ

男性にとってはセクハラなんて意識はないかもしれません。女性と一緒って働きにくいな……と思ってしまった男性もいるはず。ですが、それほど難しく考える必要はありません。こんなことをしたらセクハラだと思われるんだとわかれば、おのずとどんな言動・行動をとればいいのかわかってきます。後は、女性と接するときに気を付ければいいのです。もし、高齢社員のセクハラに悩んでいる女性がいたら、相談に乗ってあげられるくらいの紳士的な言動・行動ができるといいでしょう。

この記事のライター

asatsuki anna

福岡在住の25歳です。たくさんの男性たちと出会ってきたことで、人間的に成長できただけでなく、経済的にもたすけられてきました。今度は、男性たちが女性と出会えるよう、微力ながらお力添えしていきたいと思います。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す