世界4大スピリッツの一つジン。美味しい飲み方と押さえておきたい主要銘柄10選

世界4大スピリッツの一つジン。美味しい飲み方と押さえておきたい主要銘柄10選

スッキリとした味わいとボタニカルな香りで人気急上昇中のジン。洋酒やカクテル好きの方におすすめのお酒ですが、その種類は実に様々。そこで今回は、これを選べば間違いなし!の主要銘柄10選をご紹介。

世界4大スピリッツとは

大人の男性なら誰もが一度は飲んだことのあるお酒のはず。

  • ウォッカ
  • ジン
  • テキーラ
  • ラム

蒸溜酒(=スピリッツ)を簡単に説明すると、醸造酒(発酵液)を熱し、水よりも低い沸点のアルコールを気化させ、もとの発酵液よりもアルコール濃度の高い液体にしたもののこと。ビール状のものを蒸溜すればウイスキーに、ワイン状のものはブランデーになります。

ジンとウォッカは何が違う?

元々、オランダで薬用酒として造られていたという歴史を持つジン。

蒸留される際にジュニパーベリー(ネズの実)や、ボタニカルな薬草成分を加えて造られるのがジンの最大の特徴です。独特の鋭い切れ味や、口内に広がる香りは、薬草成分由来だから!

どちらも無色透明の液体なのに、ウォッカとジンは何が違うのか?原材料を見てみると、

  • ジン:大麦、じゃがいも、ライ麦など
  • ウォッカ:大麦、じゃがいも、ライ麦など

あら、同じ。なのですが、いちばんの違いはウォッカの場合、蒸留した原酒を白樺の炭によってろ過させている点。

ジンに比べクセが少ないので、カクテルの材料として使われることが多いですよね。代表的なのがスクリュードライバー。柑橘類との相性も抜群です!

スクリュードライバー

ベーシックな飲み方はジントニック

最も人気のある飲み方といえばジントニック。クセがないのでアルコールが苦手という人でも比較的飲みやすいお酒です。

失敗しない!美味しい作り方

<材料>

  • ドライジン45ml
  • トニックウォーター 適量
  • ライム

<作り方>

  1. ライムを切りグラスに搾る
  2. グラスいっぱいに氷を入れる
  3. ジン45mlをグラスへ
  4. 氷を狙ってゆっくりとトニックウォーターをグラスに注ぎ軽く混ぜる

ジンとトニックウォーターの割合は1:3が基本!

ジントニック

キンキンに冷やしてストレートで!

アルコール度数の高いジンは冷凍庫に入れても凍りません。口当たりが多少滑らかになる以外、香りなどは損なわれません。ロックで飲むのもアリですが、キンキンに冷やしてストレートで飲むほうが美味しいですよ!

押さえておきたいジンの銘柄10選

[1]Bombay Sapphire(ボンベイサファイア)

ボンベイサファイアはアルコール度数は高めの47度。サファイア色のガラスから作られた四角いボトルが目印。ヴィクトリア女王の肖像があしらわれたデザインも良いですよね!

ボンベイサファイア

詳細はこちら

[2]Tanqueray(タンカレー)

ドライジンでありながら、すっきりとしたその味わいと個性的な香りが特徴のタンカレー。世界No.1とも言われるタンカレーは文句なしの銘柄のひとつ!

Tanqueray(タンカレー)
詳細はこちら

[3]WILKINSON(ウィルキンソン)

お手頃価格が嬉しいウィルキンソンのジン。初心者でも手が出しやすいジンの銘柄です。

ウィルキンソン ジン
詳細はこちら

[4]BEEFEATER(ビーフィーター)

香り高さと味わいに定評のあるビーフィーター。定番銘柄のひとつです。

BEEFEATER(ビーフィーター)
詳細はこちら

[5]GORDON’S(ゴードン)

世界で初めてジントニックを生んだ銘柄として有名なゴードン。バランスのとれた香りと爽快感のある後味が特徴です。初心者にもおすすめ!

GORDON’S(ゴードン)ジン
詳細はこちら

[6]GILBEY’S(ギルビー)

圧倒的シェアを誇るギルビー。ウィルキンソン同様、お手頃価格なのも◎ リーズナブルながら美味しさにも定評があります。

GILBEY’S(ギルビー)ジン
詳細はこちら

[7]London Hill(ロンドンヒル)

12種類以上のハーブとスパイスで造られるジン。独特の香りがクセになりますよ!

London Hill(ロンドンヒル)
詳細はこちら

[8]BOLS(ボルス)

ウイスキーのような芳醇さが魅力のBOLS(ボルス)。年配の方にも人気のジンです。

BOLS(ボルス)ジン
詳細はこちら

[9]Hendrick’s(ヘンドリックス)

価格は高めですが、まろやかな甘味とさっぱりとした口当たりがヘンドリックスの特徴。質の高いジンとは?をぜひ体感してみてください。

Hendrick’s(ヘンドリックス)ジン
詳細はこちら

[10]BLACK DEATH(ブラックデス)

個性的なラベルが目を引くブラックデス。若い世代や音楽好きの間で評判になり、少しづつ人気になりつつある銘柄です。ぜひ、お試しを!

BLACK DEATH(ブラックデス)ジン
詳細はこちら

おわりに

カクテルとして飲むもよし、そのままの風味を楽しむもよし、同じタイプ・同じブランドのジンであっても商品によって味は異なります。1本と言わず2本・3本と選びながらお気に入りの銘柄を探してみてくださいね。

ココもCHECK!

プレミアムテキーラの世界はこちらへ。ハードリカー好きの方に特におすすめです!

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す