本当に女性をご招待できますか? 一人暮らし男性のモテ部屋テクニックを大公開!

本当に女性をご招待できますか? 一人暮らし男性のモテ部屋テクニックを大公開!

一人暮らしの男性のみなさん、本当に女性をご招待できますか?

気心知れたいつメンでホームパーティー、盛り上がりそうですね。付き合うことになった女性がお泊まり……とても楽しみですよね。ですが、あえてもう1度いいます。本当に本当にお部屋、だいじょうぶですか?

もしかしたら、こんなお部屋もう来たくない……なんて愛想つかれる結果になってしまうかもしれません。

そこで今回は、もういっそのこと住んじゃいたい! と言われるくらい、女性から好感度抜群のモテ部屋テクニック、大公開していきます。

モテ部屋はとにかく清潔感に溢れている!

一人暮らしの男性の部屋は、とにかく清潔感に溢れています。ホテルのように……とはいいません。そこまで綺麗すぎても落ち着きませんから。ゲストハウスくらいの綺麗さがいいのかもしれません。ここでは、モテ部屋の清潔ポイントをピックアップします。

清潔な水回り

清潔な水回りは絶対条件です。キッチン・トイレ・シャワールーム・洗面所は、ちょっとお掃除をサボっただけで不潔になってしまいます。1週間に1度は水回りの清掃をしておきましょう。できれば排水溝のケアまでしておいてください。悪臭や詰まりの原因になってしまいます。

清潔なフロア

食べカスがこぼれている、髪の毛が散乱している、汚れがこびりついている。そんなフロアには足を踏み入れられません。靴下が汚れてしまいます。普段はコロコロ、1週間に1度は掃除機、時間があるときには床掃除するといいでしょう。余談ですが、いわゆるコロコロ、商標登録されていて、どのメーカーのものでも「コロコロ」だそうです。

清潔なベッドルーム

清潔なベッドルーム。彼女がお泊まりするのであれば、きちんと清潔にしておかなければなりません。ふたりのベッドタイムもここじゃ無理! って断られてしまうかも知れません。シーツはもちろん、掛け布団カバー、まくらカバー、ケット類まで、1ヶ月に1度は洗濯しておきましょう。一人暮らしだとベランダがないということも……浴室で乾燥機を回しながら乾かすのがおすすめです。

清潔な香り

カップラーメンの匂いが染み付いているお部屋なんて言語両断です。かといって、人工的な香りも気分が悪くなってしまいます。まずは空気を入れ替えて、天然香料のディフューザーをセットするのがいいでしょう。

おすすディフューザー

kitoca 木と果 190 ティートリー&グレープフルーツ

ご購入からこちらから

kitoca 木と果 190 天然精油100%使用 リードディフューザー 190ml ティートリー&グレープフルーツ

モテ部屋は整理整頓ができている!

読みかけの雑誌が散乱していたり、ストック食糧が積み上がっていたり、デスクが散らかっていたり。そんな「片付けられない」お部屋なんてありえません。だらしがないと人間性を疑われてしまいます。モテ部屋はきちんと整理整頓ができているのです。

センスに自信がないなら「見せない収納」がおすすめ

お気に入りのアイテムをセンスよく並べられたら、それはそれでおしゃれなのですが……センスがない場合は散らかるだけなので、見せない収納がおすすめです。収納家具を新調してもいいでしょう。収納されているものが隠れているだけで、部屋がすっきりします。

これはお気に入りという1点だけ飾ってみる

見せない収納だけにすると、どうしても無機質な印象のお部屋になってしまいます。これはお気に入りという1点だけを飾ってみましょう。例えば、お気に入りのギター、旅行先の風景写真などです。それだけでセンスがよくみえます。

照明にこだわるべき

引っ越してきたときから、そのままの照明という場合もあるでしょう。LEDには買い換えたんだけど……。 そういうことではありません。白色系のシーリングライトはNGです。暖色系のフロアランプに切り替えるだけでも、夜のムードがぐっと高まります。間接照明を取り入れてもいいでしょう。

おすすめ間接照明

匠の誠品 ペンダントライトLED ムーンライト

ご購入はこちらから

匠の誠品 ペンダントライトLED ムーンライト インテリア 月ライト 吊り下げ リモコン 3色切り替え対応 昼光色 白色 電球色 月のランプ 天井照明 間接照明 (20cm)

 

モテ部屋は女性への配慮が完璧

モテ部屋は女性への配慮が完璧にできています。いざというときに、女性が困ってしまうことだってあるのです……なかなか男性にはわからない、女性がしておいてもらえるとうれしい配慮をまとめます。

あえて洗面所には女性のためのアイテムをおかない

あえて洗面所には、女性のためのアイテムをおかないほうがいいでしょう。お泊まりする女性は、必要最低限のものを持って来ています。むしろ、洗面所にヘアゴムがあったり、女性用の化粧品があったりすると、過去に付き合っていた女性の存在、あるいは浮気を疑われてしまうかもしれません。

フェイスタオル・バスタオルは取りやすく

フェイスタオル・バスタオルはお風呂からあがってすぐに取れる位置がおすすめ。一人暮らしだと、人目を気にする必要もなく、スペースがあるところにおいていることもあるのではないでしょうか。お風呂からあがったら、フェイスタオルもバスタオルもなくて女性が困ってしまうなんていう状況は避けましょう。

排水溝の髪の毛ネットがあるとうれしい

排水溝にからまる髪の毛……女性はけっこう気にしてしまいます。男性よりも頭髪の長さがあるので当然といえば当然です。浴室の排水溝に髪の毛ネットがセットされていると、あがるときにさっと片付けることができます。

ソファはマストアイテム

やっぱりソファがあるとよろこびます。恋人とソファでまったり……は、いくつになっても女性の憧れです。ソファでくつろぎながら飲めるカフェアイテムもあるとなお良しです。

トイレには「ご自由に」な消臭スプレー

トイレの目につくところに消臭スプレーをセットしておきましょう。あ、使ってもいいのかな? と気付いてもらえるのがポイントです。何かと気を使ってしまうトイレ、女性がリラックスできるよう配慮してもらえるとうれしいです。

これで、いつでも女性を招待できるモテ部屋に!

これだけのポイントをおさえておけば、自信を持って女性をご招待できるお部屋になります。普段からモテ部屋を意識していれば、生活していても気分がいいはずです。センスがないと思っていた男性も、整理整頓ができるようになれば、おのずとインテリアにも興味・関心が出てくるはず。モテ部屋に女性をご招待できたら、ふたりのお部屋にできるといいですね。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す