できる男は常に「自己投資」について考えている

できる男は常に「自己投資」について考えている

 

自分への投資、皆様はしていますか?

仕事で成功し、人生でも成功している男性は、自分への投資について常に意識をしています。

自分の人生をよりよくしていくために、何か始めたいとお考えの男性の方は、ぜひとも自分の人生のためになる自己投資について考えてみましょう。

自己投資には、良いものと無駄なものがある

まずは、自分への投資と聞いてどのようなものを想像しますか?

息抜きのためのタバコやパチンコが自己投資だという人もいれば、ストレス解消のためのマラソン趣味が自己投資になっているという人もいます。

自分へ投資することですから、その事によって自分がさらに磨きかかったり、健康になったり、仕事につながったりするようなものであるのがベストです。

もちろん趣味も、投資という視点からみると、良いものがあります。

しかしながら、自己投資と、自分への甘やかしを混合してしまう方もおり、自分がやっていることが投資につながっていない場合もあるのです。

常に、そのことが自分の未来にとって「投資」になっているかの観点で考えてみましょう。

自己投資のつもりが、浪費になっていませんか?

例えばパチンコが息抜きだから自己投資になっているという方の場合のことをお話しします。

パチンコは息抜きで自分にとっては必要な時間、だから自己投資の時間である、という風に感じているかもしれません。

しかし、毎日使っているそのお金や、パチンコにかける時間を、貴方は失っているだけにすぎません。

また、パチンコの場合結果として未来への投資しとして、人生の何かつながるかといえばそうではありません。

どんなにそれがストレス発散になっていたとしても、投資ではなくそれは「浪費」扱いとなってしまいます。

なぜならパチンコはどんなに熱心にやったとしても、使う金額以上の金銭的なリターンはなく、また将来の自分の健康や、生活、仕事面で何か学びになるような事がないからです。

時間もまた無為に使ってしまう趣味です。

得られることは一時のストレス解消かもしれませんが、ストレス解消を求めるのであればほかにもっと良い方法がたくさんあるはずです。

「時間、お金」という貴重なものを費やすのみで、人生にプラスになることはありません。

このようなものは自己投資ではなく、自分への甘やかしになっています。

逆にマラソンが趣味という人の場合は、それを続けることで健康になり、ダイエットになり、老後のために足腰が鍛えられることで未来の自分の健康に対する投資になっています。

このように、投資とは未来の自分のためになること、という観点で考えてみましょう。

自分への投資というのは自分へのご褒美ではありません。未来につながる何か自分にとってプラスになることが「自己投資」です。

POINT
貴方のその趣味や時間を費やしているものは、何か将来のプラスになる面がありますか? なければそれは自己投資ではなくただの浪費です

お金と同じように「時間」も浪費、投資、消費で考える癖を

お金の使い方の考え方として、そのお金が自分にとって投資なのか、必要な消費なのか、それとも無駄な浪費なのかの3つの観点で考えることは大切です。

それと同じように、二度と戻らない時間も同じように、浪費、投資、消費の3つの考え方が当てはまります。

例えば時間の考え方としてこのような風に考えてみてください。

  • 毎日の通勤時間は「消費」
  • 毎日の通勤時間で新聞を読むことは「投資」
  • 日常に必要な睡眠は健康のための「投資」
  • だらだらと長時間とる睡眠は時間の「浪費」
  • 親しくない相手との飲み会に使う時間は「浪費」
  • 仕事につながる相手との飲み会の時間は「投資」

一見して同じ行動や時間をかけた内容でも、それが何につながるかによって「投資、浪費、消費」に変化していきます。

このように、自分が毎日使っている時間がこの3つのうち、どれに当てはまるのかを常に考えることができるのが成功者の思考と言えます。

自己投資にかける時間は「投資」の時間の使い方です。

自分の1日の中で、自己投資の時間を貴方はどのくらい持っていますか?

もしかしたらゼロという人もいるかもしれません。

その事に気が付くことから、人生をよりよく変化させていくための大きな第一歩を踏み出すことができるのです。

POINT
1日のうちに、「投資」のための時間を使っていますか? もしゼロなら自己投資の時間を意識してもちましょう。

自己投資、「浪費」にならないために気を付けるポイント

  1. 常に将来何につながるか考える(健康、金銭、幸福)
  2. 自分への甘やかしだけになっているものは浪費と捉える

この2点を気を付けましょう。

また、将来健康につながるけれど、金銭と時間を多く出費してしまうバランスの悪いものも、考え方によっては「浪費」になります。

例として、高額な金額で入会したジムだが、さぼりがちで年会費だけ支払っているような状態のものなどです。

たとえその投資が将来の健康のためやストレス発散につながっていても、時間の浪費と金銭の浪費が続くようであれば自己投資にはなりませんのでご注意を

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す