できる男は季節欝と上手に付き合う。春のメンタル不調に備えろ!

できる男は季節欝と上手に付き合う。春のメンタル不調に備えろ!

寒い冬がそろそろ終わりそうな雰囲気になってきています。

朝玄関を開けると天気もよく、日中はぽかぽかと温かいけれども夜になってぐっと気温が冷え込んでくる。

日夜の寒暖差が大きく、春に近づくにつれてなんとなく体調が悪くなったり、メンタルが不調になってくることがあります。

実は春はメンタル、体調が不調になりやすい季節

できるサラリーマン男子としては、季節と上手に付き合う事で自分のメンタルもセルフコントロールしていくことが大切です。

春になっておきる不調の特徴はこのようなものです。

  • 寝ても寝ても寝たりない感じがする
  • 体が疲れてしょうがない
  • 頭がぼーっとする
  • 不安で憂鬱になる
  • 人と会いたい気分にならない

このように春になると、心身共に不調が生じやすくなります。

春になってメンタル不調、欝が起きやすい理由とは?

なぜ春になって体調不良やメンタル不調がでてくるのでしょうか?

その理由は大きく、季節的な理由と、外因的な理由があります。

季節的な理由としては、寒暖差や花粉症などが原因で自律神経が乱れてしまい、体温や呼吸、血流などのバランスに影響してしまうからです。

自律神経が乱れると良質な睡眠がとれなかったり、メンタル不調になったり、疲れやすくなったりします。

もう一つの原因は、外因的な理由です。

春は人間関係での変化や仕事面での変化が起きる時期です。

人事異動や転職などで慣れた環境から変化が訪れる時期のため、人間関係が原因でメンタルの不調になりやすいといわれています。

それによって環境に適応できず、イライラしたり、仕事にいきたくなくなったり憂鬱な気分になったりと不調になりやすくなります。

男女関係なく、春はメンタル不調になりやすい時期だという事をまずは自覚することが重要です。

自覚しておけば、春になる前にいろいろと自分のメンタルをケアするための行動をとることができます。

春のメンタル不調や欝にならないためにできることとは?

春に連れて環境の変化が多すぎることで気疲れが生じることが、春のメンタル不調の大きな原因の一つです。

そのため、人事異動や人間関係の変化が生じているこの時期は、無理をしないことをテーマに時間を過ごすことを意識することからはじめましょう。

副交感神経を優位にすることで、心を落ち着け、メンタル不調を解消していきます。

ヨガを日常生活に取り入れてみたり、マラソンなどの適度な運動を始めたり、瞑想なども効果的です。

マインドフルネスを意識し、自分のメンタルと向き合う時間を設けましょう。

春のメンタル不調改善にお勧めの方法

  • ぬるめのお湯(38度~41度)につかる
  • 寝る前にストレッチをする
  • アロマを炊く(ベルガモット、レモンの香りなど)
  • ヨガをする
  • マラソンをする
  • 瞑想をする(深呼吸をしながら)
  • 腸内環境を整える(ヨーグルト、発酵食品、食物繊維の摂取)

メンタル不調にならないためには、良質な睡眠をとることが重要です。良質な睡眠をとるためにも、副交感神経を優位にさせるこれらの方法を日常生活に取り入れてみてください。

また、朝起きたときに体調が悪いときは、無理に出社せずに、あえて有給を取得してたっぷり睡眠をとることも重要です。

良質な睡眠をとるためにやらないほうが良い事

良い睡眠をとるためには、寝る前に交感神経を刺激するような行為は控えましょう。

  • PCを見てブルーライトを浴びる
  • スマートフォン閲覧でブルーライトを浴びる
  • SNSやゲームをする

寝る前1時間前にこれらのことをすると良質な睡眠がとれないといわれています。

ついつい寝る前にスマートフォンをいじってしまう方は多いと思いますので、春のメンタル不調予防にも気を付けてみてはいかがでしょうか。

メンタル不調でどうしても憂鬱な時間が続くならメディカルケアも視野に

日本人は頑張りすぎの方が多く、自分のメンタル不調に対して病院を利用するという事に忌諱感を抱いたり、悪いイメージを持つ方は多いです。

うつ病は心の風と言われており、環境の変化に適応できずにうつ病になったり、適応障害になったりする事は誰しもがかかってしまう可能性があります。

そのようなときに「鬱は甘えだ」と自分を罰して頑張ってしまったり、病院にかからないでいると、鬱が重くなってしまったりし、日常生活もままならない重度のメンタル不調に陥ることもあるのです。

気分がすぐれない日々が続き、どうしてもそれが辛いのであれば、思い切って医師に相談してみましょう。

欧米ではメンタルケアのために医療機関を利用することはごく当たり前のことです。

皆さまも、春のメンタル不調を乗り越えるためにご自分でできることを試してみて、それでも調子が悪い日々が続くのであればぜひとも一度医師に相談してみましょう。

鬱は心の風邪です。誰しもかかる病の一つですので無理に頑張らなくてもよいのです。

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す