こんなお返しは論外! ホワイトデーにもらったありえないお返しとは

こんなお返しは論外! ホワイトデーにもらったありえないお返しとは

3月のイベントのなかに、ホワイトデーがあります。女性からバレンタインにチョコレートや小物をもらった男性諸君は、心してお返しを選びましょう。お返しをおざなりにしてしまうと、女性からは「センスのない人」と思われてしまいます。そうならないために、私が経験した「ホワイトデーにもらったありえないお返し」をチェックして参考にしてみてください。

趣味じゃないお返しはNG

安っぽくないものならいいだろう

そう考えている男性諸君、それは間違った考え方です。
いくら高級なものであっても、女性の趣味と異なったお返しは表面上「ありがとう、嬉しい」と言ってくれたとしても周囲には「センスのない男」と言っています。

趣味じゃないコスメ

確か、化粧品が好きだったはずだからそれをお返しにしよう!

好きなものをお返しに…。その思考はいいかもしれません。ですが、本当に好みのコスメでしょうか? 例えば普段ランコムを愛用している女性に、ジルスチュアートのコスメをプレゼント。コスメ好きだとしても、お気に入りのブランドがあるはずです。それを無視して、自分が知っているコスメを購入して贈るのは控えてください。

趣味じゃないコスメをもらったところで、誰かにあげるか捨ててしまうかのどちらかでしょう。もし、コスメを贈ろうと思っているのであれば、その旨を本人に伝えて一緒に買いに行くのがベストです。ブランドは合っていたとしても本人に似合わないカラーや新調したばかりのコスメである可能性も否定できません。

人を選ぶ香水

コスメ同様、香水も難しいところです。普段からつけている香水を知っていて、そろそろ同じのを買おうとしているなどと、詳細を知っているのであれば問題ありませんが、急に香水をもらっても苦手な匂いもありますし、そもそも香水自体つけない人もいるでしょう。

香水をお返しに選ぶのはハードルが高いです。

このようにいくら値段が良いからといって安易に考えてしまうと失敗する可能性があるので、いっそのこと本人を連れて買いに行ってしまうのが得策といえます。ストレートに「趣味があるだろうから、気に入ったものをお返しするよ」と言ってくれたとしても女性は嫌な気分にはなりません。お互いのためにも、そのほうが良いのではないでしょうか。

失敗した手作りのお菓子

相手が手作りでくれたから、自分も手作りでお返ししたい! と思う男性もいるかもしれません。元から料理が得意・手先が器用な男性であれば、難なくこなせるかもしれませんが、初心者の男性は失敗する可能性があるので、ぶっつけ本番で前日に作る…なんてことはしないように。

実際に経験したのですが、当時付き合っていた男性が手作りのお菓子をお返しにしてくれました。普段から料理はあまりしない理系男子です。

結果は…失敗。

彼がトライしたのはマカロンです。マカロンは行程もいくつかあり素人がいきなり作って簡単に成功するものではないと思っています。それをキットがあるから大丈夫だ! と謎の自信を持って挑戦したようですが、うまくできなかったようです。私はその結果が目に見えていたので口出しせずに生暖かい目で見守っていましたが、もう少し先をみて行動したらいいのでは? と思ってしまいました。

手作りのお菓子がダメなわけではないですが、失敗することが頭にないのは如何なものかと思います。失敗したけど、手作りと言われて「いらない」と言う人もそこまで多くありません。女性たちは仕方ないなと思って「ありがとう」と受け取りますが、内心「まじか」と思っているでしょう。そうならないように先を見据えて行動してください。

何かの宗教に勧誘したいの?

ありえないお返しのラストを飾るのは「自己啓発本」です。

流石にどうしようかと思いました。今までもらったホワイトデーのお返しで永遠に忘れることのできない品です。何を思って私に自己啓発本を渡そうと思ったのか、うら若き乙女だった私には聞くことができませんでした。

当時、自己啓発本にはまっていたわけでもないので、理由は彼のみぞ知ると言ったところでしょう。

いただいた当時、怖くなったのでそっとフェードアウトさせていただきました。だって、本当に怖かったんだもん…。

さいごに

以上、私が実際にいただいたありえないホワイトデーのお返しです。
本人は真剣に選んでくれたみたいなのですが、正直「一緒に決めさせて」と思ったり「なぜそれを?」と疑問を抱いたりしました。

たかがホワイトデーのお返し、されどホワイトデーのお返しです。あなたの株をあげるかさげるかは、そのお返しで決まるかもしれません。しっかりと考えてみてくださいね。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す