残念なイケメンfileたくさんご飯食べられない少食上司

残念なイケメンfileたくさんご飯食べられない少食上司

気配り上手でフォローも上手い…そんなイケメンがリアルでいたら、女性の視線を独り占めしてしまいます。そんな出来た男の実際は、残念なイケメンでした。ほんと、顔はいいんだけれども、ここが残念! そんなリアル女子の本音をご紹介します。

残念なイケメンのプロフィール

  • Rさん(37歳)
  • 細身のあっさり系イケメン
  • スキニージーンズが似合う
  • コーヒー通

穏やかな性格の男性で、少し抜けているところもあり、そこもまた魅力の一つ。基本的に仕事ができる人で、部下へのフォローが得意。

出来る上司! フォローで食事に連れて行ってくれた

ある日、仕事でヘマをしてしまいました。周囲の協力があり、なんとか収束したのですが、ケアレスミスだったため、かなり凹んでいました。そんなとき、Rさんは仕事終わりに食事へ連れて行ってくれたのです。

「さすが、出来るイケメン上司!!!」と思いつつ、こんなイケメンと食事に行けるなんて、ラッキーと思いました。(もちろん、失敗したことは内心で猛省してます。)

連れて行ってくれたお店は、社内の女性陣ご用達のおしゃれなイタリアン。私自身も何度か同僚と食事に利用し、楽しい時間を過ごしたことがあります。お店のチョイスもさすが出来る男だなぁと感心したほどです。早速席について、お酒と食事を楽しもうと、二人でメニューを眺めていました。Rさんは、「好きなもの頼んで」と言ってくれたので、お言葉に甘えて気になっていた、リゾットメニューを頼み、Rさんはパスタを頼みました。また、本日のおすすめメニューにあるカルパッチョも頼み、食事を始めたのです。

イケメンのRさんと食事というだけで浮かれていた私でしたが、頼んだ料理が届き、舌鼓を打ってると、彼の様子がおかしい…!!!

フォロー上手のイケメン、どうした?!

様子を伺っていると、Rさんは少し照れたように笑う…。
…かっこいい。

ではなくて、パスタが全然減っていない。

お口に合わなかったのかな? と思っていると、そういったわけでもなく、食べるのが遅いというのが判明。そして、すぐにお腹がいっぱいになってしまうこともわかりました。

そう、彼は少食だったのです。

少食自体が悪いわけではありませんが、自分より食べない男性、というか自分の方が多く食べてしまうことが恥ずかしいと思ってしまいます。そのため、個人的に自分よりも少食な男性が苦手なのです。

中には少食な男性でもいい!って女性もいますが、男性よりも自分の方ががっついて食べちゃうのは、ちょっと…と思います。多分、女性としてのプライド、みたいな何かが邪魔するんです。

少食イケメン、残念…

そのほかの点はよかったイケメン上司Rさんでしたが、少食だというところがダメでした。もし、自分がお付き合いするなら、少食でも気にならないお店を選ぶなど考慮したらいいかなと思います。

食の相性は大切

少食な男性が残念と感じるように、食に関する相性はとても大切です。食事の量もですが、一方は辛党だけど、相手は辛いものが苦手、となってしまうと一緒に行けるお店も減ってしまいます。普段から食事を共にする相手であればなおさらです。そのため、女性に限らず食事の相性やマナーに重きを置くひとは少なくないでしょう。

食事は人の育った環境などを如実に表します。マナー含め、食事についてよく考えてみてください。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す