【誘い方のこと】セックスってどうやって誘うんだっけ? 今更すぎて聞きにくいセックスに誘う方法について

セックスってどうやって誘うんだっけ? 多忙すぎてセックスに誘うような余裕さえなかったビジネスパーソンのみなさん。今更すぎることでお悩みではないでしょうか。

男子高生・男子大学生みたいにがっつきたくないし、かといって草食男子かよ! と突っ込まれるほど奥手にもなりたくない。あくまでナチュラルに誘いたいと思っているはず。

そんな、セックスの誘い方のさじ加減がわからない男性のために、今更すぎて聞きにくい、セックスに誘う方法をご紹介します。

あくまでスマートに! セックスに誘う方法とは?

あくまでスマートに。自然なセックスの誘い方が知りたいでしょう。ここでは、ぜひ実践してもらいたいセックスの誘い方をレクチャーします。

自然な成り行きがいいなら、誘う前から誘っておくのがいい

自然な成り行きでセックスに持ち込みたいのなら、あたかじめ女性がセックスするだろうと認識できているのが理想的です。デートのプランニングから、セックスのお誘いははじまっています。朝までOK? スケジュール確認をかねた一言で、だいたい女性は察します。スケジュールの都合が悪ければいってくれるので、誘って断られることもありません。これは女性にとってもありがたいもの。みられてもいいように下着を選んだり、ムダ毛処理をしたりできるのですから。

イチャイチャスキンシップでいい雰囲気に……

おうちデートだったら、スキンシップからそのままセックスに突入が理想的です。おうちデートという段階で、ほとんどの女性がそういうことをするかもしれないとわかっています。確認しなくてもセックスに持ち込んでいいでしょう。もちろん、女性が嫌がったらやめてくださいね。スキンシップが盛り上がると、女性だって「そういう気分」になります。女性は雰囲気を大切にします。まずはエッチな気分を盛り上げていきましょう。

大人気の大人の洋画。セックスシーンでその気にさせる

大人気の洋画。ふたりで鑑賞会なんて素敵でしょう。大人気の洋画の選び方がポイントになります。セックスシーンが盛り込まれたものにするのです。比較的邦画よりもさりげなくそういうシーンがあるのでおすすめ。さすがにAV視聴を持ちかけられたら、女性だってドン引きですから。大人気の洋画でその気にさせてしまうのがおすすめです。映画を楽しんでもよし、途中でセックスに移ってもよしです。

実は何事もストレートがよかった? はっきり誘ってみるのもあり!

難しく考えがちなのが大人の男性です。意外と何事もストレートがよかった……なんてことも。はっきり誘ってみるのもありです。恋人だったら、はっきり「したい」といえばいいのです。案外、女性が待っていることだってあります。男性の性欲とはまた違ってきますが、女性は肉体に興味・関心を持ってもらえないと不安になるものです。私、飽きられたのかな? 私、そんなに魅力ないのかな? と真剣に悩んでしまうことも。女性のためにも、ある程度の積極性があってもいいのかもしれません。

とにかくキスで攻める! エッチな気分を盛り上げて!

とにかく、キスをしてください。あまり激しくないのがいいでしょう。ついばむようなキスを何度も何度もしてください。きっと女性が焦れてきますから。物足りない。そんな気分にさせるのが大切です。キスに乗ってきたな……と確信したら、エッチに持ち込みましょう。キスを拒まないでセックスを拒むということはあまりありえません。

こんな誘い方はNG! 撃沈したセックスの誘い方

こんな誘い方をして撃沈した男性たちがいるのも事実……反面教師にしておきましょう。さっそく、そんなNGな誘い方をご紹介します。

はっきりセックスはいわないで! 直接すぎる表現はドン引きだった

ストレートに誘うのはひとつの誘い方だといえます。ですが、はっきり「セックス」という言葉を出されてしまうと、途端に女性はドン引きしてしまいます。恋人関係でない場合、体目的なのかと疑われる原因になりかねません。あくまで、「したい」程度の言い方にとどめておきましょう。

逃げ道がない誘い方。 女性への配慮がなさすぎる

逃げ道がない誘い方、ありますよね。例えば…突然のLINEで在宅だけ確認、すぐにお酒持って訪問、セックスに持ち込もうとする。こんなのはありえません。肉体関係なんて望んでいないのに、致し方なく招き入れてしまう女性も……全然OKじゃないですから。セックスは女性にとってリスクがある行為でもあります。簡単にできることではありません。だからこそ、女性のために逃げ道を残しておくことが、誘う男性の最低限のマナーではないでしょうか。

スマートなセックスの誘い方で、素敵な夜をお過ごしください

スマートなセックスの誘い方にときめく女性もいます。このひと、こんな誘い方できたんだ。なんて惚れ直すきっかけにもなるかもしれません。それまでそんな気持ちじゃなかったのに、エッチな気分を盛り上げてその気にさせる方法もあります。大切なのは女性のためにそれらしい雰囲気にすること。男性だけが盛り上がっても、ただただ淡々としたセックスになってしまいます。ふたりで盛り上がる、素敵な夜をお過ごしください。

この記事のライター

asatsuki anna

福岡在住の25歳です。たくさんの男性たちと出会ってきたことで、人間的に成長できただけでなく、経済的にもたすけられてきました。今度は、男性たちが女性と出会えるよう、微力ながらお力添えしていきたいと思います。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す