残念なイケメンfile走り方がおかしいぞ…? ミスター内股

世の中には、ハッと目を瞠るような整った顔立ちの人がいます。彼らの存在は、時にやる気をアップさせたり、癒しとなったりします。しかし、外見が素晴らしくても、中身が伴っていなかったり、あと一歩だったりする男性も少なくありません。

本日ご紹介する男性は、顔に似合わず女性らしい、残念なイケメンです。イケメンのみなさんもそうでない方も、残念なメンズにならないようにしっかりと確認してください。

残念なイケメンのプロフィール

  • Hさん(41歳)
  • 彫りの深いイケメン
  • 言葉の端々にユーモアがある
  • ウイスキーが似合う

人好きのするタイプで、いつも周囲に誰か彼かいる、そんな慕われ系イケメン。遠くから見ているよりも、近くで楽しく会話したいと思う人が多いです。

経済力もあり、品もいい…ミスターパーフェクト?!

イケメンでも、下品な発言や行動が多かったり、日頃から金欠だったりと、いわゆるダメ男も少なくありません。特に若い年代の人は該当者が多いのではないでしょうか。若さと顔でなんとかなるだろうと、考えている人もいます。

20代、30代よりも経済力のある40代

30代でも、素敵な男性は多く存在します。ですが、経済力で言えば一般的に40代の方が余裕があるのではないでしょうか。また、食事でも気の利いた場所をチョイスしてくれたり、普段なら行けないようなディナーに連れて行ってくれるのも経済力がある男性の方が多いです。20代であれば、高めのお店に行くのに気が引けますし、30代であれば、素敵なお店を知らない可能性もあります。しかし、経験も豊富になってくる40代であればそれなりに知っていて欲しいものですし、実際に知っている方もいるはずです。

言動が落ち着いてくる年代

やはり、大人らしい余裕を感じられる40代。素敵な男性や「おじさま」にふさわしい身なりや言葉を使います。一緒にいて落ち着きますし、自分が素敵な女性であると思わせてくれるのも、この年代です。

あぁ、素敵…食べている姿も、完璧!

そんなある日、ミスターパーフェクトなるHさんと食事に!二人っきりだともっとテンションが上がったのですが、残念ながら、数人と。ですが、心ゆくまでHさんを堪能しました。普段は見ることのできない姿や、楽しく歓談している顔など、どれをとってもイケメンです。ついに本物の、外見も中身もすべて整ったイケメンに遭遇か!? と思っていました。

食事も終わり全員で、外に出てお酒を飲みに行くか、せっかくの金曜日だからどこかで遊ぶか…なんて話をして盛り上がっている最中に、Hさんのスマホに着信があったようです。気が付いたHさんはみんなの話を邪魔しないように、少し離れたところで電話に出ようとしていました。

さすが、気遣いも半端ないイケメンだなぁ、と彼が離れた場所に行くのを目の端で見ていたところ、あれ????? なんかおかしい…。気のせいかなと思いもう一度、今度は目の端ではなく、真っ正面から捉えようと振り返るとやっぱり…。

あともう一歩だったのに…! 残念なイケメン認定

さて、私が目の端に見たあと、しっかりと見ようとしたHさんの残念な箇所はと言いますと、ズバリ走り方です。「それくらいで」と思うかもしれませんが、実際にイケメンがあの走り方をしていたらサ〜〜〜〜〜っと引き潮の如く冷めてしまいます。彼は、内股小走りで電話をしに行ったのです…。

内股くらいで

実際に見たことがない人は、たかだか内股くらいで、と思うかもしれません。私もこの話を誰かにしている最中に自分でも走り方くらいいいんじゃないか? と何度も問いかけました。しかし、走り方一つでその人の魅力が消えてしまう訳ではないのですが、ミスターパーフェクトから、ミスターインサイドになったのです。

自分でつけたあだ名だけど、それが妙にしっくりしてしまって、パーフェクトから残念なイケメン、インサイドになってしまったときには、彼をイケメンとして見ることができなくなりました。

それでもイケメンには変わりない

内股というマイナスポイントがあり、残念なイケメン認定されてしまったHさんですが、それでもイケメンであることには変わりありません。もちろん、外見だけではなく内面まで素敵な男性です。ファンも多いですし、走る姿なんて滅多に見ないので、気にしなければいいと思います。ある意味チャーミングな一面を見れてよかったと思えばいいのでしょう。

ですが、走り方も素敵だったら、本当にイケメン、真実のイケメンに出会えた! と思うほどの逸材だっただけに残念感がぬぐえません。

欠点はあってもよいもの

人間なんだから、欠点はあってもよいものです。ですが、その欠点が大きすぎるのも考えものです。Hさんのようにイケメンだけどあと一歩の残念なイケメンは、ある意味人から好かれるイケメンなのでしょう。ですが、外見や内面が自分的に気になるような人は、欠点があるのも可愛い自分、と思わずに直すように努力してください。

もちろん、個人的には内股で小走りして欲しくないので、こちらの方も直せるのであれば直していただきたいところです…。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す