オンオフ使える!着るだけで大人艶めくオトコのアウターといえばこれ

オンオフ使える!着るだけで大人艶めくオトコのアウターといえばこれ

オンオフ兼用。賢く使えてサマになる大人のモテコートとは

「羽織るだけでサマになるアウター」は、大人のオトコなら必ず持っておきたいアイテム。ビジネスもカジュアルも、季節やTPOに合わせつつトレンドを押さえながら選ぶのが失敗しないポイントです。

今年はどんなコートが狙い目なのか? スタイリングのポイントとともに全4アイテムをご紹介!まずはチェスターコートから。

チェスターコート

すっかり定番と化したチェスターコートですが、今季も相変わらずの人気っぷり。春先や秋にベストなコートの代表格。カジュアルになり過ぎず、きちっと感が欲しいときにもってこいのアイテムです。

春先には、ストレッチ性のあるシャツ素材、秋にはウール素材というように、季節によって使い分けるのもおすすめです。

<チェスターコートのスタイリングポイント>

  • Yラインを意識&細身のボトムスに合わせる
  • カジュアルダウンし過ぎない
  • 長過ぎる丈はNG

きれい目コートをカジュアルダウンさせ過ぎると、途端に子供っぽくなってしまいます。デニムに合わせるなら靴は革靴にしてみたり、トップスにカジュアルなものを選ぶなら、ボトムスの素材に注意が必要です。また、長過ぎる丈は日本人には不向き。中には似合う男性も居ますが、コーデの難易度は高めです。

ラップコート

今、狙い目なアイテムといえばラップコート。ラップコートは、ボタンではなく紐などで体を巻き付けるようにして着こなすコートのこと。トレンチコートと似ているものの、昨年から続くゆったり感のあるシルエットが買い!です。

トラッド感のあるカジュアルコーデからタイドアップスーツまで、どちらも相性◎

<ラップコートのスタイリングポイント>

  • 前を留めない
  • 淡い色味は選ばない
  • ワイドシルエットが◎

こなれ感を出すには、さり気なく羽織るのがポイント。紐でガッチリ前を留めてしまっては、ラップコートが持つリラックス感が活かされません。また、淡い色味だと「まるでバスローブ・・」な着こなしに見えなくもないのでご注意を。

ラップコート メンズ

出典:https://amzn.to/2GYemPk

詳細はこちら

ステンカラーコート

後ろの襟が高く、前側が低くなるステンカラーコート。ビジネスシーンでは定番ですが、素材&カラーで遊ぶのもおすすめです。ブラックやネイビーも良いですが、どちらかというとビジネスライクになりがち。カジュアルコーデに使いやすいのは、明るめのベージュやシックなブラウン!

<ステンカラーコートのスタイリングポイント>

  • カジュアルコーデにはスニーカーをチョイス
  • きちっと感が欲しい時はインナーにタートルネックを

スーツとの相性も良いステンカラーコートですが、カジュアルダウンさせる場合はインナーにもラフなアイテムを合わせましょう。きれい目にしたいときはシャツやベストをイン。程よい光沢感のナイロン素材もおすすめです。

ステンカラーコート ナイロン

出典:https://amzn.to/2TwFr1S

詳細はこちら

フーデッドジャケット

フードが襟元からセパレートされていないタイプのコートを指すフーデッドコート。フード付きながらも、カジュアルになり過ぎず、コートの良さもを取り入れられ一石二鳥なアイテム。スーツにももちろんOKです。

<フーデッドコートのスタイリングポイント>

  • 重たく見えるときはインナーに差し色を
  • ショート丈のフーデッドコートはデニムとの相性も◎
  • モードにスタイリングしたいときは全身をワントーンに

ロングフーデッドはミニマルなデザインゆえ、意識しないと間延びして見えてしまます。インナーの色使いや素材、ボトムス選びに注意しながらメリハリのあるコーデに仕上げましょう!

フーデッドコート カジュアル

出典:https://amzn.to/2TdzSpS

詳細はこちら

ココもCHECK!

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す