【趣味と嗜好】年を重ねてうまみが増す…“大人の男”のような年代物の自家製梅酒を作ってみないかい?

【趣味と嗜好】年を重ねてうまみが増す…“大人の男”のような年代物の自家製梅酒を作ってみないかい?

大人の男性諸君、お酒はなにを呑むだろうか?

ビール? 焼酎? ウィスキー? ワイン? リキュールなど。割るものによって、お酒の種類は星の数ほどある。

酒好きが評判になって、埋もれているお酒を貰ったり。お土産には必ずお酒だったり。そんな酒豪の男性も、年々お酒が入っていかない…。そう、年齢を感じているかもしれない。

残されるのは大量に貰った日本酒や焼酎。奥さんが料理に使いきれないほどの量をストックしているのでは? それなら、自分で梅酒なぞ漬けてみてはどうだろうか?

男の家呑み

最近は男性も、自宅で晩酌をすることも多いのではないだろうか。

書店にも居酒屋ご飯のレシピや、おつまみレシピの本が並んでいるのをよく見かけるようになった。自宅でご飯を食べ、疲れた身体に良薬である晩酌は定番になってきているようだ。そうそう、サントリーの第三のビールもリニューアルして、コンセプトは「家庭の食卓」に寄り添うイメージだとか。

酒チェンジで梅酒

こんな話を耳にした。

ある男性は外飲みから家のみにシフトチェンジしたそうだ。何故なら、外呑みが出来る程の体力がもう無いという事と、家の気楽さが過ごしやすいとのことだった。

以前はビールばかりだったそうだが、家でビールを呑み、そのままごろりと寝るのでどんどん下っ腹がスライムのごとくフヨフヨに…。それからワインに切り替えたものの、年々ワインのアルコールが強く感じるようになってきた。

そこで、なにか美味しく、身体に良く次の日にも残らないお酒はと探してみた結果…梅酒にたどり着いたと言う。

昭和ノスタルジー 梅酒物語

そういえば、筆者が実家に帰ったとき、母が漬けていた20年ものの梅酒を発見したことがある。父があまりの酒飲みだったから、母が家で漬けていたそう。その後父が酒をやめたので、梅酒はそのまま忘れ去られることに…。

長い月日をひとりぼっちで過ごしていた結果、梅の実をどろどろにして、安いホワイトリカーの味をまろやかにした。もったりとしていた濃い梅の味が、身体に染み渡るような旨さ。行きつけのバーへと差し入れしたが、来るお客にけっこうな額で出してみたら評判だったとか。(オイと突っ込んでおく)手作りの梅酒はとても旨い。

男の趣味 梅酒の作り方

用意する酒

まず、アルコール度数の高い酒を用意しよう。35度以上が理想。アルコールの低い酒を使うと、梅の実の成分が出にくくなってしまう。旨い梅酒のためには、出来るだけ高い度数のものを用意することをおすすめしたい。

果実酒を作るのに最適なのは、無味無臭のホワイトリカーが適している。クセもなく梅の香りのうま味っもそのまま出してくれるからだが、自宅になる焼酎や日本酒でも、味わいが変わって面白い。

最近は○○で漬けた梅酒、と謳うところも多いので、色々試してみるのもいいだろう。

昭和の母直伝!梅酒の作り方

ずぼらな昭和の母直伝の梅酒の作り方を伝授。おそらくどの家庭でもあるような、とにかく漬けるやり方だ。

  1. 青梅を購入してきて、水にさらす。
  2. 次に天日で乾かして、竹串でぶすぶすと適当に穴を開ける。これはうま味を出す為の手順。
  3. 瓶に梅の実を詰め、氷砂糖が梅を隠すように入れる。多めが理想らしいが、好みで量を調節。
  4. 氷砂糖の上からお酒を注ぐ。
  5. 冷暗所に1年ほったらかしておく。

如何だろう。これで美味しい梅酒の出来上がりだ。ちなみに、漬けている梅の実も食べられる。これがまた、たまらなく旨い。

何ならしばらく忘れていてもいい。気が付いた時には、年代物の梅酒が完成する。長期保存するなら、漬ける瓶はきちんと熱湯消毒して、乾燥させることを忘れずに。水分はカビを呼ぶ。

面倒なら、こんな暴挙で即席梅酒

ちなみに、市販の梅酒には梅の実が入ったまま販売されているものがある。

この実をとっておいて、いまいち梅酒らしくない梅酒を買ってきてしまった時に、この実を投入。しばらく冷蔵庫に入れると…梅の成分が出るのだろうか。少し梅が濃く旨くなる。市販の梅酒で微妙だな、と思うものに当たったときには、少々乱暴だがこの手で乗り切ってみては。

日の疲れを癒す一杯

 

梅にはクエン酸が含まれているので、身体の乳酸を排出するという。梅酒にすることで、クエン酸は梅の数倍になるとか。疲れて帰った日の晩酌に、最適とも言える。

ちなみに梅酒は、とても爽やかないい香りがする。この香りには、アロマテラピーの効果があるそうで、リラックスする晩酌タイムには効果的だ。

 

酒は百薬の長。が、くれぐれも飲み過ぎにはご注意を。

この記事のライター

moka

全国を放浪して、ちょっとセクシーな夜の接客業を経験してきました。その経験から、ちょっぴりセクシーで笑える男性向けのお話や、お勉強させていただいたディープなお話をお届け致します。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す