【おみやげ】 出張に行ったら買ってほしい! 絶対女性に喜ばれるおみやげ〈和歌山〉

紀州徳川御三家のお膝元として賑わっていた和歌山。独特の文化が花開きます。また、密教の聖地である高野山があることでも知られています。全国的に知られている那智の滝があるのも和歌山です。

関西方面の出張で、関西空港からそのまま和歌山に立ち寄るという男性もいるのではないでしょうか? 隙間時間に観光するのもいいでしょう。いつもは大阪・神戸・京都のおみやげなら、たまには和歌山のおみやげにしてみるのもおすすめです。

そこで今回は、出張に行ったら買ってきてほしい、絶対女性に喜ばれる和歌山のおみやげをセレクトします。

和歌山城だけじゃない! 海水浴から温泉まで楽しめる!

和歌山といえば和歌山城。徳川御三家のお膝元だったのだから、それはそれは立派であろう。はてさて、和歌山城みたらどうしようか……なんて男性、いらっしゃるのではないでしょうか? 和歌山城をみて周辺散策するだけなんてもったいない! 和歌山では海水浴から温泉まで楽しめるんです!

  • 白良浜
  • 加太
  • 田辺扇ヶ浜

有名な「南紀白良浜」はもちろんのこと、加太、田辺扇ヶ浜といった海水浴場があります。特に、万葉集でも「潟見の浦」としてその絶景が讃えられている加太の景色は素晴らしいものです。

あまり知られてはいないかもしれませんが、和歌山は関西を代表する温泉王国。

  • 白浜温泉
  • 龍神温泉
  • 湯の峰温泉
  • 洞窟温泉

出張するのだったら、同時に温泉でリラクゼーションしてもいいかもしれません。

また、全国から観光客が足を運ぶ、このような観光地があります。和歌山を訪ねたら、ぜひ行ってみたいスポットです。

  • 和歌山城
  • 那智の滝
  • 高野山
  • 熊野古道
  • アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドではたくさんのパンダが待っています。パンダをみてみたい。かわいいパンダに癒されたい。出張でかいわいらしいパンダがみられるのも和歌山も魅力です。

女性に喜ばれる和歌山のおみやげ

和歌山にはおいしいものがたくさんあります。名産品のみかんが贅沢に盛り込まれたお菓子、特産品の紀州南高梅、そして忘れてはいけない和歌山ラーメン。ここでは、女性に喜ばれる和歌山のおみやげをピックアップします。

【早和果樹園】 てまりみかん

和歌山のおみやげとして、女性受け抜群なのが早和果樹園の「てまりみかん」です。スプーンですくえるくらいのかわいらしい大きさのみかんがシロップ漬けになっています。特産品の紀州てまりをイメージしているんだとか。みかんまるごと1個でも、まったくすっぱくありません。優しいシロップの甘さと程よい酸味がくせになります。

【御菓子司 紅葉屋本舗】 塩羊羹

参照:公式販売サイト

和歌山の老舗和菓子店が手がける「塩羊羹」。隠し味の塩がアクセント。さっぱりといただける味わいで、甘いものが得意ではない女性にもぴったりです。同僚男性にもよろこばれるでしょう。全国で話題になっている塩羊羹、会社だけでなく実家へのおみやげにもいいかもしれません。

【丸新本家】 金山寺味噌

たっぷりの刻み野菜が盛り込まれた贅沢な味噌はほかほかごはんにぴったりの一品です。冷奴にのせてもよし、野菜のディップにしてもよし。お酒のあてにもなるそう。忙しい女性から喜ばれそうです。

【宝梅】 宝梅 紀のなごみ

参照:宝梅公式サイト

紀州南高梅を丁寧に丁寧に熟成させた宝梅。肉厚ながらとろけるほどやわらかい果肉が特徴です。そんな宝梅をひとつひとつ包装したのが紀のなごみです。職場に南高梅のパックを持っていくのもなんだし……と思ってるのなら、紀のなごみがおすすめです。

【湯浅醤油】 生一本黒豆

実は、和歌山は醤油発祥の地なんです。日本料理に欠かせない醤油。和歌山の伝統的な製法で仕込まれる醤油もおみやげに喜ばれます。特に、湯浅醤油の生一本黒豆は、モンドセレクション毎年連続で最高金賞受賞。さらに、プレミア和歌山認定品として、和歌山県がアピールしているほどです。

【柏木製麺所】 和歌山ラーメン 豚骨×鶏ガラ合わせだし

和歌山ラーメンをおみやげにしたいのであれば、和歌山ラーメンをキッチンで再現できるセットがおすすめです。和歌山ラーメンの特徴である細打ち麺×豚骨醤油が家庭で味わえます。醤油発祥の地である和歌山だからこその、こだわり抜いた醤油スープが絶品です。

【福菱】 かげろう

まさにかげろうのように溶けてしまうようなほろりとした食感……それが福菱のかげろうです。ダックワーズよりもずっとほろほろとした食感が持ち味です。素朴な甘さがちょうどいいクリームとの相性が抜群。和歌山県民から愛されている地元銘菓です。

和歌山のおみやげまとめ

全国には知られていないおいしいものがたくさんある和歌山。職場の女性たちはあまりもらったことがないのではないでしょうか。珍しい和歌山のおみやげの数々に、きっと女性たちも大喜びしてくれるでしょう。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す