なんでも許してもらえると思ったら大間違い! 好きだからこそ許せないエピソード

なんでも許してもらえると思ったら大間違い! 好きだからこそ許せないエピソード

好きな相手に対して、甘くなる・弱くなるという人は男女ともにいるでしょう。しかし、恋人だからといって、甘えすぎてはいけません。甘いけれども、恋人だからこそ、好きな人だからこそ許せない、そういった感情を抱く行動もあります。今回は、エピソードとともに「好きだからこそ許せないと感じてしまうこと」についてご紹介していきます。

○時に帰ると予告したのに帰ってこない

同棲している相手であれば、普段から自分の方が早く帰宅しているのであれば相手の時間に合わせて食事を準備している人もいるかもしれません。それなのに19時に帰ると言われているのに、その時間に帰宅しない…なんてこともあるでしょう。そんなとき、女性は心の中で許せない、と思っています。

それくらい大目にみてよと思う男性諸君も多いでしょう。ですが、相手の女性も働いているのであれば、家に帰宅してあなたが帰る時間まで短い間で急いで用意しているかもしれません。バタバタと食事の準備や使用したものを洗ったり拭いたりして家につく時間に間に合わせようとしていたのに、時間が過ぎても帰ってこない、連絡もないとなると怒りたくもなります。

仕事だから連絡できなかった。

仕事ですぐに連絡ができないのは仕方ありません。それでも、時間があるときや、仕事が終わってすぐにでもフォローをいれるのであればよいものの、「どうせ家に帰るんだから」と横着していませんか。それは、彼女を蔑ろにしているのと同義です。彼女は帰ってきたあなたに対して、すぐに食事をとれるようにと配慮しているのに対し、あなたは彼女に対して何も配慮していないのです。

別に間に合うようにしなくたって、俺が帰ってきてからでもいいじゃん。

実際、帰ってきてから横でバタバタされていたらどうでしょうか。また、彼女だけが動いていて自分が働いていないのは? 手伝えばいいと思うかもしれませんが、それほど広い部屋であればいいですが、キッチンがとても広い物件はファミリー向けになるのが大半です。手伝ってもらった方が邪魔になる可能性も多いでしょう。

これらの点を考えた上で、相手の方は「帰って来る前に準備をする」といった行動に出てくれているのです。それに対して遅くなるという連絡をわかった時点、もしくは帰る間際でも連絡しないのは相手に対して気配りができていないのでは。好きだからこそ、許せません。

連絡の頻度が非常に少ない

連絡がないのは元気な証拠

確かにそうですが、連絡はほしいものです。自分の時間が大切だから、連絡しないという人もいるかもしれません。お互いがそうであるならいいかもしれませんし、そういったルールを定めているのであればそれもよいでしょう。ですが、なにも決めていないのに、連絡をスルーする、無視するというのはよくありません。

自分のことがしたいんだから放っておいてほしい。こっちの都合も考えてよ

言い分はわかりますが、ではあなたの都合を考えたとして、相手の気持ちはどうしますか? その言い分は自分主体でしかありません。自分の都合を考えてほしいなら、自分も相手の都合や気持ちを考えるべきでしょう。もしくは、そう言いたいのであれば初めから決まりごとを作っておくべきです。なにもしないのに、自分の都合は優先されるべきだと思っていませんか? 好きな相手だからこそ、二人でルールを設けていないのであれば返事は欲しいですし、返せるのであれば返して欲しい、それをしないのは許せない、というか悲しくなってしまいます。

なんでもかんでも大ごとにする

男性って、見栄を張りたいからか、なんでも大ごとにしてしまう人っていますよね。確かに、好きな相手の前ではかっこいいところ見せたいと思う人もいるかもしれません。きっとその行為は相手のことが好きだからこそやってしまいがちな
言動でしょう。ですが、好きだからこそやってしまうのは、女性にとって好きだからこそ許せないことに繋がってしまう可能性があります。

過去の話を持ち出す

実際にいたのが過去に付き合った女性について大きく話す男性です。こんな女性に好かれていたとか、好かれすぎて困ったとか、相手が自分のことを好きすぎてメンヘラになったとか…。でも、よ〜く話を聞くと別にそれほどでもなく、好きすぎてメンヘラになったわけでもなく、どちらかといえば、その男性がひどく扱ったせいで病んでしまったらしく、ものは言いよう…というか事実を曲げまくって自分に都合よくしかも盛って話しているのがよくわかりました。

○○さんにお世話になった

業界内では有名な方にお世話になったことがあると聞いていたので、実際にその有名な人と私が会う機会があったときに彼の話をしたら、先方はまったく知らないと…。聞き間違えたかなと思いしっかりと話を聞いてみると、実際にお世話になったのではなく、その人が出版している書籍にお世話になったとか…。紛らわしい! というか恥をかきました。

好きだけど、こんなことばかりされたら許せなくなってしまいます。

相手を思いやって

男女ともに言えることですが、好きだからこそ許せないと感じるのは、相手に対して自分が何かしているのに、それを蔑ろにされたり、無視されたりするからです。好意には好意を返して欲しいですし、悪意には悪意を返してしまいます。もちろん、無関心には無関心を…。

相手から好意を受け取った場合は、出来るだけ誠実に対応しないと、女性は許せないと感じ、いつしか後ろからぐっさりと…

なんてことにならないようにうまく立ち回ってくださいね。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す