【女性部下からの信頼】上司になったら実践したい7つのこと

【女性部下からの信頼】上司になったら実践したい7つのこと

年齢を重ねるごとに難しくなる、若い部下たちとのコニュニケーション。日頃から頭を悩ませる上司は少なくありません。

中でも女性(異性)の部下に対しては、「セクハラやパワハラにならないだろうか」と心配してしまい、接し方が分からないゆえ距離を置きがちではありませんか?

そこで今回は、女性部下との関係を良好にするポイントをご紹介します。もし人間関係やマネジメントに悩んでいるなら、ぜひ実践しみてください。

女性部下を持ったら実践したい7つのこと

1. 笑顔で「ありがとう」と感謝を伝える

笑顔で「ありがとう」と感謝を伝える

部下が頼んだ仕事をしてくれたときや、自発的に動いてくれたときは、笑顔で「ありがとう」と言葉にして伝えてみましょう。

「仕事なのでやって当たり前」という考えもあるかもしれませんが、「ありがとう」と言われて気分が悪くなる人はいません。

その一言だけで部下からの好感度は上がるでしょう。

今まで硬い表情だった部下が、ニコリと笑顔を見せてくれるかもしれません。

2. 誰に対しても平等な対応を心がける

誰に対しても平等な対応を心がける

「同じ部下なのに、AさんとBさんでは対応が違う」など、相手によって態度を変える上司は、部下からの信頼を得ることができません。

管理職と言えども人間ですから、感情に左右されてしまうこともあります。

ですが、部下からの信頼を得るためには、誰に対しても同じ対応を心がけることが大切です。

特に女性は、ひいきに対して敏感です。

「あの人と自分とで態度が違う……」と感じると、心を閉ざしてしまったりモチベーションの低下に繋がりかねないため注意が必要です。

3. 自分の非は素直に認める

自分の非は素直に認める

「仕事において間違いや失敗が今まで全くない」という人は稀でしょう。上司という立場になっても、失敗することはあります。

大切なのは、素直に自分の非を認め、部下に迷惑が掛かったのであれば謝罪の言葉を伝えること。

プライドと見栄から「悪かった」の一言が言えない上司は、実は少なくありません。

部下が女性の場合、「自分が女性だからこんな扱いをされているのだろうか」と受け取る可能性もあることを念頭に置いておきましょう。

失敗を部下に押し付けたりするのは言語道断。信頼どころか、あなたを軽蔑するようになるでしょう。

4. 高圧的な態度は避ける

高圧的な態度は避ける

「部下に対して威厳を示そう」と高圧的な態度や言動を取るのは、避けたほうが無難。

部下からすれば、「相談や報告がしにくく、コミュニケーションが取りづらい」と思われてしまう可能性が高いです。

親しみやすさや優しさを心がけて接するようにすれば、部下も伸び伸びと仕事ができるようになります。

仕事に対しても、頭ごなしに否定するのではなく、「どうしてこうしようと思ったの?」と考えを聞いてみる、「こうしたほうがいいんじゃないかな?」 と優しくアドバイスをするなど、部下の意見を尊重するようにしましょう。

5. 身だしなみに気を配る

身だしなみに気を配る

女性は男性よりも、「人の見た目」をよく観察しています。見た目の中でも、「清潔感がある」という部分は重要。

清潔感だけで人望を得ることは出来ませんが、清潔感があることで「信頼出来そうな上司」という印象を与えることは出来ます。

そして、身だしなみなどの細かい所まできちんと目が行き届いている上司は、部下にも目が行き届いている場合が多いです。

部下の、特に女性の前では清潔感のある上司でいるように心がけましょう。

6. 出来ていることを褒めて伸ばす

出来ていることを褒めて伸ばす

新人のうちは、「自信がない」と仕事に消極的な部下もいるでしょう。そんな時は、出来ている部分をしっかりと褒めて、自信を持ってもらう必要があります。

「◯◯してくれて、すごく助かったよ」「いてもらわないと困るよ」など、会話の端々に「あなたを必要としている」という言葉を付け加えるのが効果的。

そうしていると、部下の表情が生き生きしたものになっていくのがわかるはずです。

7. 部下の話には最後まで耳を傾ける

部下の話には最後まで耳を傾ける

上司に対して心を開きはじめた部下は、仕事の面での相談や報告をすることが増えていきます。

途中で話を遮ったり、最後まで話を聞かないという人は要注意です。

相談や報告は、成長への大事なステップ。

上司が話をきちんと聞いてくれることが部下の励みとなり、自信に繋がっていきます。

途中で何か言いたいことがあっても、話が要領を得なくても、最後までしっかり耳を傾けましょう。

質問などは後回しにしてからでも遅くありません。

女性部下の上司になったら実践したいことまとめ

女性の部下は、男性の部下とはまた違う接し方が必要であり、負担に感じることもあるでしょう。

ですが、「部下一人ひとりの性格や考え方に合わせて、歩み寄り方やコミュニケーションを変える」というのが本来マネジメントには必要であるはず。

そう考えれば、部下と接することに関してそれほど悩むことはありません。

よりよい上司と部下の関係性を築くことができれば、会社にとっても大きな利益をもたらしてくれます。

まずは上司から歩み寄って、部下を理解するように努力しましょう。

<関連記事>嫌われる上司の特徴も見る

この記事のライター

enishi

北海道在住、旅行と写真が趣味のライター。ジャンルを問わず新しいもの好きで、情報収集を兼ねて食べ歩くのが日々の楽しみの元雑誌編集者。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す