こんな女はやめておけ!性格が悪い女性に共通する10の特徴

性格が悪いオンナ(女性)

同性から見れば一目瞭然でも、異性となると気が付きにくいオンナの性格。見た目ではそうと感じなくても、蓋を開けたらびっくり!な女性は必ず居ます。そんな女性に振り回されては男が廃る・・。

性格の悪い女性に共通する顔つきや言動、行動に発言・・。まずはココを押さえて、面倒くさいことに巻き込まれないようご注意を!

性格が悪い女性の特徴

人の悪口が多い

人によっては時に悪口を言いたくなることもあるでしょう。そんな時は信頼できるひとりの人に聞いてもらえばいいんです。

ただ、それが出来ず人前で堂々と悪口を言ってしまうような女性はダメ。ましてや毎回「人の悪口」ばかりを言う女性は論外(男性も同様に)です。悪口が楽しい、言わないとやってられない・・なんて女性は意外に多い。悪口を言うことに抵抗も自覚もないのが特徴です。

意地悪をする

これもタチが悪い・・!自分がされたら怒ることも、人には出来てしまう女性。意地悪することでストレスを発散させる女性に多い行動です。それが快感になってしまいヤメられないという人も居ます。

大人社会のイジメもきっと、こういう人が関係しているはず。職場にこんな女性が居たら、男女問わず要注意。

損得で行動する

自己中心的な女性に多いこのタイプ。人に迷惑が掛かろうが、誰かが困ろうが、何事も自分に関係なければ良いと考えがちで、自分に得がないと分かるとすかさず身を引きます。損だと感じた時も同様で知らぬフリをすることも。

お金・人間関係・仕事・プライベート、どんな場面でも「損得」で物事を決める女性とは距離を置くのがいちばんかと。

人のせいにする

自分のことは棚に上げて、責任逃れをする大人気ない女性。これも困ったものです。非を認めることができず、謝ることもできないのが原因。これでは残念な行動を繰り返すだけ。一緒に居ても疲れてしまいますよね。

人の不幸を喜ぶ

表向きは同情のフリをしながら、内心では不幸を喜ぶ女性も少なくありません。自分と人を比較したり、他人を妬む女性に多いのが特徴です。

性格が悪い女性の顔

人によって態度を変える

人によって態度が違うのも性格の悪い証拠。いちばん多いのは男性と女性で態度を変えるパターンです。
その場でいちばん決定権のある人や、職場の上司などに可愛がられたい願望があるときも、普段とは態度が変わりがち。自分では気が付いていなくても周りは必ず見抜いてます。

口が軽い

「誰にも言わないから!」と、人の悩みや困ったことを聞き出しておきながら、それを平気で言いふらす女性も最悪。少なくとも、信頼して話してくれたはず。その気持ちを裏切るような言動は絶対にNGですよね。そうしてどんどん信頼を失うのです・・。

人を妬む

人は人・自分は自分と思えない女性は、つい他人と自分を比較しがち。人を羨むことはあっても、妬んではいけません。ネガティブな気持ちやオーラは、ネガティブな事しか引き寄せませんから。

思い通りにならないと不機嫌になる

まるで子供・・のようですが、居るんです。自分の思い通りに物事が進まないと、不機嫌になって周囲の人を困らせる人が。自分よがりの証拠ですが、それが分かっていない・・。

いつもヒステリー

ホルモンバランスを崩しやすい女性は、ついイライラしがちなときもありますが、それも度を越えたらアウト。いつだってヒステリーな女性には、誰も近付きたくありません。

仕事では特にそう。質問するだけでキツく当たられたり、空気がピリピリしてしまう・・なんて女性には頭を抱える男性も多いはず。

ヒステリーな女性

性格が悪い女性を見抜く方法

ありがとうとごめんさいを言えるか

当たり前のことですが、この当たり前が出来ない女性も居ます。それゆえに「困った人」が多い。

同性に好かれているか

これも分かりやすい判断基準のひとつ。同性に嫌われていたら間違いなく性格が悪いです。仲の良い友達が居るように見えても、心から信頼し合えると友達が居るかどうか。性格の悪い女性にそんな友達はきっといません。

表情に余裕があるか

いつも眉間にシワがある、いつも怒ったような表情をしてる。性格の悪い人は顔つきにもその特徴が表れます。

性格が悪い女性との付き合い方

  • 距離を置く
  • 放っておく
  • 我慢せずに怒る
  • 笑顔で聞き流す
  • 自覚を促す

仕事上、付き合いが切れない場合もありますよね。そんな時は必要以上に接点を持たず、距離を保つのがいちばん。また、出来ることなら「ダメです」と叱ることも効果あり。勇気が要りますが、自覚させることも必要です。

ココもCHECK!

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルから広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ウェブライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す