疲れ切っている彼女に…仕事で疲れている彼女を癒すためのフレーズ

疲れ切っている彼女に…仕事で疲れている彼女を癒すためのフレーズ

疲れ切っている彼女……心配している男性もいるのではないでしょうか。たくさんの女性たちが社会進出してます。ハードスケジュールの女性だって珍しくありません。くたくたになってソファにもたれている彼女には、いったいどんな言葉をかけてあげればいいのでしょうか? そこで今回は、仕事で疲れ切っている彼女を癒すためのフレーズをご紹介します。

実際、女性たちはどのくらい社会進出してるの?

実際のところ、女性たちはどのくらい社会進出しているのでしょうか。正社員・非正社員含めて、バブル崩壊から程ない20年前と比較したところ、400〜500万人程度増加しているのです。

もっとも、正社員ではなく非正規職員の増加は、また別の社会問題としてとらえられています。結婚・出産にともなう離職・退職も現代社会特有の問題点です。

いずれにしても、未婚女性の「花嫁修行」「家事手伝い」といった選択肢は現実的ではなくなっています。未婚女性たちのほとんどが正社員・非正社員問わず働いています。自分自身で生計を立てている女性だってたくさんいるのです。

疲れ切っている彼女を癒すフレーズ

疲れ切ってしまっている彼女に、なんて言葉をかければいいのでしょうか? 残業残業残業の毎日。ダブルワーク・トリプルワークの日々。働き詰めの彼女が癒されるフレーズをご紹介します。

尊敬しあえる関係って素敵! 俺も、頑張るから。

恋人同士が尊敬しあえる関係、とっても素敵です。男性が想像している以上に、女性は尊敬しあえる関係を望んでいるかもしれません。

男性たちと肩を並べて働いているのです。だからこそ、「俺も、頑張るから」の一言はとてもうれしいもの。恋人から頑張りを認められたばかりか、尊敬されているとわかるのですから。

自分が頑張ることで、彼の頑張りにもつながるのなら、また頑張ろうと思えるのです。

やっぱり、褒めてもらいたい いつも頑張ってて偉いな

褒められたいからじゃない。頑張りたいから、頑張らなきゃいけないから頑張っているだけ。そうやって片意地張っている女性だって、心のどこかで褒められたいと思っています。

特に、会社で褒められることがなかったなおさら。

だから、「いつも頑張ってて偉いな」と恋人に褒められるのは、頑張っている女性にとってはご褒美なのです。

逃げ道がほしいときもある 無理しなくったっていいんだよ

逃げ道がほしいときだってあります。ですが、自分からは逃げられません。負けたような気持ちになってしまいます。

だからこそ、恋人から「無理しなくたっていいんだよ」といわれたら、素直に逃げることができます。一度、心も体もリセットして、また立ち上がることができるでしょう。

そろそろ、休ませないとヤバいんじゃないかな? と思ったら、そっとこの言葉をかけてあげましょう。

ご褒美のために頑張る♡ 今度の休みは◯◯しよう・◯◯行こう

ご褒美があるから頑張れる。それは男性であっても女性であっても同じこと。今度の休みはドライブしよう。今度の休みは旅行しよう。そんな約束があったら、女性だってもうちょっと頑張れます。

お互いにスケジュールを把握したうえで、無理なく計画してみましょう。「旅館予約したから!」と強引なのはNG。部屋から出たくない、部屋から出ないで休みたいというくらい疲れていることも。あくまで女性と相談して決めてくださいね。

1分だけでいいから 抱きしめさせてほしいの一言

忙しいのは女性のはずなのに、恋人らしいスキンシップができず愛されているのかわからなくなってしまう女性がいます。忙しさゆえのこと。疲れからわからなくなってしまうことだってあるんです。

だから、抱きしめさせてほしいといってみましょう。疲れている彼女にとって、1分1秒でも睡眠時間は無駄にしたくないもの。もちろん、セックスなんてできません。男性だってわかっていながらさびしいのではないでしょうか?

1分だけでいいから、抱きしめさせてほしいといわれたら、男性なりの配慮と甘え、そして愛が感じられます。たった1分だけでいいから、恋人らしいスキンシップをしましょう。

言葉じゃないけどこれは癒し♡ たまには手作り弁当

言葉じゃないけれど癒しになるのが、男性からの手作り弁当です。

料理ができない男性にとっては難しいかもしれません。普段から料理をしているのであれば、1日だけでもいいので彼女のためにお弁当を作ってあげてみてください。想像以上によろこんでくれるはず。

言うまでもなく、休憩時間にお弁当箱を開けた彼女は、それだけで癒されます。

疲れ切った彼女を癒せるのは「あなた」だけ

疲れ切った彼女を癒せるのだ、恋人である「あなた」だけです。優しい一言で彼女を癒してあげてください。もう、いっそのこと「全部面倒みるから、結婚しよう」でもいいんですよ? 疲れ切っている彼女のためにプロポーズなんていうのも、最終手段としてありかもしれません。彼女の「一番側にいる存在」として、癒してあげてくださいね。

 

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す