残念なイケメンfileビューティー化粧品マスター

残念なイケメンfileビューティー化粧品マスター

女性は自身の肌や化粧などに気を使い、外に出るときやその日の紫外線量で塗布するクリームを変えたり、日焼け止めを塗ったりします。男性は化粧をしなくてもいいので楽で羨ましいと何度も思いました。ですが、男性の中にも肌を気にして化粧水を使用したり、肌荒れを防止するために最低限のケアをしている方も少なくありません。

今回は、お肌のケアが過剰になっている残念なイケメンについてご紹介します。

残念なイケメンのプロフィール

  • Kさん(32歳)
  • 童顔で20代に間違われる可愛い系イケメン
  • 動物に例えるなら犬のよう
  • 年上の女性から好かれやすい

人懐っこく、年上の女性から可愛がられるタイプのイケメンであるKさんは、女性が話す内容の話題にもついてこられる人で、いつもニコニコと話を聴きながら相づちを打ってくれるため、幅広い年代から好かれているイケメンです。

女性の集団でも話にはいれる…高いコミュニケーションスキル??

Kさんが年上の女性から好かれやすい理由としては、数人で固まって話していたとしても、スッとその会話の中に入り盛り上げることが出来るからです。もちろん、顔がいいのに鼻にかけず可愛い笑顔で話しかけてくれる点も理由の一つでしょう。

女性の集団の中でも物怖じせず、話題に入りみんなと楽しんで話せるのはすごいと思っていました。彼の特権と思いますし、尊敬の念を抱きます。一部の男性からは、女性に媚を売ってるなどとも囁かれていたようですが、お局様の一睨みでその囁きは以来聞こえてきません。それほど、女性たちを虜にするほど、彼は顔だけではなくコミュニケションスキルの高さが伺えます。

ある日、私と仲のいい同僚たちで和気藹々と女子トークに花を咲かせていました。そのとき、Kさんがその輪の中に入ってきたのです。同僚たちは可愛い系イケメンがきたということで色めき立ち、さらに声のトーンが上がるほど。やっぱりとても人気があるのだなと思いました。それから、女子トークの続きをしていたのですが、なるほど溶け込んでいる…。高いコミュ力! とその力を目の当たりにしたのです。しかし彼の様子を伺っていると無理をしている風でもなく、本当にナチュラルな状態で女子トークを繰り広げられているので、てっきり女兄弟がいるのかなと思ったので、別の日に本人に聞いてみたら兄がいるだけで女兄弟はいないとのこと。どうやってその能力を身につけたのか気になり、それから彼とよく話をするようにしました。

話しているうちにKさんととても話が合うなと感じ、Kさんもまた同じように思ってくれたようでよく会話したり、食事に行ったりするようになりました。また、ショッピングなども一緒に出かけるようになったところで、疑問が浮かび上がってきたのです。

ほとんど、女の子が好きそうな場所にしか行っていない…

私が一方的に場所を決めたのではなく、Kさんの要望から行っている場所が女性向けのコスメが売っているところや、ケア商品が多く取り揃えられている所だったのです。その売り場で彼はとても生き生きし、目を輝かせていました。そこでようやく、彼は化粧品が好きなのでは…と気づき始めたのです。そう考えると今までの話の盛り上がりに辻褄があうと思い始めました。彼はコミュニケーションスキルが高いだけではなく、女性の化粧品などに詳しいからこそ苦もなく女子トークについてこられたのかもしれないと。

正体はコミュニケーションスキルではなく化粧品マスターだった

買い物のあと、カフェに行ったKさんと私はその場で「Kさんって女性の化粧品が好きなのか」という質問をしました。憶測だけで決めつけてはいけないと思い、本人に直接聞いた方が早いと思ったからです。彼は、少し顔を赤めながら「実はそうなんだ」と。

好きというよりも、美容に気を使っているうちにだんだん詳しくなり、新しい化粧品が出たら試すようになっていったようで、その結果女性との話も盛り上がったとのことでした。やはり、自分の推測は間違っていなかったと納得したところで、自分の好みがバレたからか、私に対し隠さなくてもよい存在と思ったのかそこから始まったのが化粧品トーク。話せる人を探していたのだろうかと思いながら話に付き合うことに。

それから化粧品に関するトークで半個室のお店や個室のお店に行っては人目を気にせずに、化粧品トークをする日々が続きました。正直なところ自分よりも美容に詳しい…。悪くはないけれども女として劣っていると感じざるを得ないと思うほどです。彼は、朝の化粧水から始まり、半身浴後のパックに終わる生活をしていましたし、化粧品だけではなく爪をセルフで整えるなども行なっています。美容に気を使う食事をとるようにもしているようで、かなり徹底した生活をしているのが判明しました。ここまでくると、イケメンなのになんだか残念感が半端ない。

パックが日常に馴染んでいる

美容に気をつけている男性自体は悪くないものの、Kさんは行き過ぎと感じてしまいます。肌を綺麗に保ち不快感を与えないようにするのは、女性的にも嬉しいものですが自分よりも詳しいとなるとなんだか残念です。その後Kさんとはお付き合いをすることになったのですが、私が買ってきた新しいパックを気に入ったようで気がついたら使ってました。

可愛いから許しましたけど、パックして入念なケアをしているイケメンは、見ているとシュールで笑えます。

何もケアしないのもどうかと思いますが、やりすぎてしまうと相手に引かれてしまうので何事もほどほどにしてください。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す