年収が400万以下に転落、転職で人生に失敗する40代の理由

人生でいわゆる「勝ち組」「負け組」思想ですが、働くサラリーマンとしては気になる転職のお話しです。

転職をして成功につながる人もいますが今の不景気の時代、転職によって一気に貧困給料に転げ落ちてしまった転職失敗組の存在も忘れてはいけません。

転職に失敗したと考える人には実は共通点があるのです。

今現在仕事への転職に悩んでいる30代、40代の方は今一度ご自分の選択について、後悔しないためにも一呼吸おいて立ち止まってみませんか?

転職に失敗する人に共通する転職の理由

1位 上司と部下の人間関係に悩んでの転職

無責任な上司や上層部の不満や、嫌な部下、同僚などの人間関係に悩み、今現在の条件の良い会社から転職をしてしまったというパターン。

転職をするうえで年収が上がる転職は、マネージャーやマネジメント能力を有している管理者のみで、一般の「兵隊」の転職の場合は年収が下がる傾向にあるのが実態です。

勤続年数の多い今の会社を人間関係が原因で退職した後、新しい会社で「新人」として配属されても給料は元の会社よりもアップする事はほとんどありません。

年収600万から300万台へと減少してしまい、転職を後悔するという話も現実は多いようです。

転職をして成功するのは20代から30代の前半まで。それ以降の転職で年収を上げようと考える場合、マネジメントなどの管理能力などの「武器」は絶対的に必要です。

2位 無謀な独立起業

仕事や今の環境に飽きてしまい、新しい事に挑戦したい、冒険したいというような安易な理由から独立起業し失敗するパターンも非常に多いです。

独立起業をするときに、勢いやその場のノリで行動を起こした場合、20代であれば失敗の巻き返しも可能ですが、30代後半や40代の場合は後々貧困に転落する可能性が非常に高いです。

今いる会社に「飽き」を感じている場合、その立場を飽きたからと捨てた後に後悔することにつながりますので、安易な独立起業はおすすめできません。

3位 中間管理職のストレスから逃れるため

これも人間関係に近しい理由ですが、中間管理職になる30代、40代は間に挟まれる事でストレス過多となり転職に走る方もまた後悔しがちです。

その理由としてはやはり給与面での大幅なダウン。

中間管理職といえども管理職ならばそれなりの給料はもらっており、転職した後にそのギャップに対して後悔の念を抱く人は多いようです。

気を付けたいのは「人間関係」を理由にする転職

実際のところ、人間関係を理由に転職をして後悔をしている人の言い分としてはこのような内容があるのが現実です。

転職先でも人間関係に悩んだ、これなら前の会社のほうが給料が良いだけましだった

人間関係から逃げたけれど、次の転職先でも同じような事になった

これにつきます。

社会で働くという事は、人と人と関わって生きていく事です。ですのでどのような場所で働いても、必ず自分が苦手とするような相手とは1人2人は出会ってしまうのです。

人間関係が理由で会社を転職した場合、前職よりも給料がアップするのであれば問題ありませんが、今と全く同じ、もしくは今よりも下がる場合、まだ給料や福利厚生の良い今の会社のほうがましだったと後悔につながるのです。

人間関係はどこで働いても必ず体験する問題

うつ病までに追い詰められた場合でも、会社のコンプライアンスに相談してその対象者と離してもらう事を交渉したり、転職する前に出来る事はたくさんあります。

また上司や部下と合わずに理不尽さに追い詰められる場合でも、理不尽というのはほかの会社に転職しても必ず発生する事です。

そのうえで、今いる環境をどのように自分なりに変えていき、受け取り方を工夫して、自分が変わっていくという選択をするほうが賢いといえます。

人間関係での悩みはその場から逃げれば確かに一時は安寧になるでしょう。しかし次の転職先でも同じような目にあう事も多く、その時もまた人間関係を理由に仕事を辞めたら、同じことの繰り返しです。

転職はすればするだけ年収は下がっていきます。人間関係での悩みを改善するためには、上司や部下に代わってもらうことを期待するのではなく「自分の受け取り方や考え方を変える」方向性に視線を向けていきましょう。

相手の悪いところばかりが目につきますが、良いところを見たり、会社だけの付き合いなので相手に対して期待をしないという心の距離も重要です。

人間関係が原因で転職するというのは、実は非常にもったいない事でもあるのです。

もし今ご自分が人間関係に対して悩み、職場が嫌で転職したい場合でもその感情の赴くまま転職をするのは成功いたしません。

必ず年収が上がる転職先を確保してから退職するという判断であればよいですが、人間関係から逃げたいあまりにとりあえず転職するという行動は「負け組」ループに陥る愚かな選択と言えます。

POINT
安易な転職や人間関係からの「逃亡」を理由とした転職は失敗の元。人間関係はどの会社でも必ず理不尽な出会いはあるもの。
相手の変化を期待する期待をやめて、自分の考え方や受け取り方を変える事で「人間関係」を理由とした転職を踏みとどまる事ができる場合も!

 

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す