妻が不機嫌な理由がわからない、その時妻は何を考えている

妻が不機嫌な理由がわからない、その時妻は何を考えている

男と女では考え方や捉え方が大きく違うため、常に自分の考え方を軸にしているとパートナーが何を考えているのかわからないという事が増えてきます。

特に妻が不機嫌な理由が男にはわからず、見当違いなことで謝ってさらに妻が不機嫌になったり。

何故彼女たちが不機嫌になってしまうのか、その様々な理由について考察してみましょう。

女はマルチタスク脳、家にいてもいつも仕事を見つける臨戦態勢にいる

女性の多くはマルチタスクで何かを処理する事に長けています。

例えば掃除機をかけながら、トイレのトイレットペーパーが切れている事に気がついて取り替えたり、次に食器を洗いながら、洗剤が切れた事に気がつき買い物リストに加える。
一方男性はトイレットペーパーが切れようがなんとも思わず放置する。または洗剤が切れている事も気がつかないし自分には関係ないと思っています。家庭で自分が何をすればいいのかは、言われてないので不要だと思っているからです。

一方で妻は、常に家庭の中で足りないもの、できていないものを見つけ、それを解消するために行動を続けています。

このように家にいるときも常に何かしらの脳を働かせ、マルチタスクをこなし、順序を立てて解決をしていこうとします。

しかしこのようなときに、洗濯が終わった直前に夫が放りっぱなしにしていた靴下を発見したり、せっかく洗い終えた食器なのに、無作為に汚したカップを放置されたりする。

夫のこの無神経な行動に、マルチタスクをしながら行動計画をしていたすべての計画に支障をきたし、イライラが募っていくのです。

自分で使ったものを自分で洗うタイプの夫であれば問題ありませんが、多くの妻を苛立たせる夫は、全ての家事を妻に任せており、その上で妻たちの「仕事」の邪魔をしたり足を引っ張ったりするような行動を無神経に続けているのです。

そのことの積み重ねで妻が不機嫌になるのです。

妻にとって、家事は常に複数のタスクを同時に執り行うものであり、その任務の遂行や流れを邪魔する行動を夫が取る事を好みません。

毎日のように妻から「靴下は洗濯機に入れてよ」ですとか「食べたものはちゃんと食洗機に入れてよ」というような小言を言われている旦那様はご注意ください。

言っても、言っても、何度言ってもそれを実行できない男性に対して、女性は愛情をすり減らしていくのです。

貴方のその行動は妻たちの生活のリズムを邪魔し、足を引っ張る迷惑な存在に成り果ててしまっているのです。

結論として、家庭で妻が不機嫌な理由の大多数は、家事を手伝わないどころか、妻の訴えを無視して足を引っ張る無神経な行動の蓄積に対する怒りです。

POINT
妻からの「○○してよ」という小言を甘く見ていると、妻の不機嫌のボルテージは上がる。

家事に関係する訴えは、1度言われたら何度も言われないようにするのがベター

妻の不機嫌の理由その2、「察してくれない」事への怒り

多くの女性は男性が機敏に動き、彼女たちが必要としているものを察してくれるような行動を取る事を好みます。

なぜならば女性たちの多くは相手が何を欲しているのかを察して、先回りする事が得意だからです。

夫が疲れて家にかえって来るのであれば、帰ってくるタイミングにあわせて、察してアツアツのお風呂を用意したり、夫の誕生日には夫が喜ぶようなことを察して好物の料理をつくったり。

今まで得てきたデータの中から相手が好む事を察して、言われる前にそれを差し出す事を常日頃考えています。

そのため、自分がそれだけ察して行動をしているのだから、たまには相手も私が欲しているものを察してほしい、とこうお返しを求めるのです。

しかしながら、男性は女性と違い物事を察する事は苦手です。

妻の誕生日も、妻から何も言ってこないのだから誕生日はいらないのだろうと思い込みます。

一方で妻は、今日は誕生日なのだから察して私のためにディナーでも予約していてくれるだろう、というように期待します。

しかし夫は「妻に何も言われなかったから」という事で何もしません。そして妻は不機嫌になるのです。

何かを察するという事は男性は不得意かもしれませんが、最低限「結婚記念日、妻の誕生日」くらいは何も言われずとも、素敵なレストランの予約を取るぐらいのことはご自分のルーティンとして組み込んでおきましょう。

相手が不機嫌な場合の多くは、妻が何かしら貴方に期待をしていたが、その期待が裏切られたときに発生しています。

妻が何を期待していたのかわからないとき「言わないとわからないよ」と怒るのではく、「何か僕は見逃していたかな?」というように話し合うことが大切です。

妻が貴方に何かを察してもらうことを期待しているうちが花です。

そのうち妻は貴方の存在を諦めて、あなたに対する期待を一切持たなくなります。そうすると貴方は楽に感じるかもしれませんが、夫婦として妻の心は冷め切ってしまい、熟年離婚などを内心で考えるようになるのです。

POINT

妻が不機嫌なのは貴方が察する努力をしてくれること「期待」しているから。

誕生日、結婚記念日は必ず言われなくとも自発的に行動を起こすこと

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す