ほんとに女性がほしいものわかってますか? ホワイトデーのお返しはいらないの本音について

バレンタインデーにチョコレートをくれた女性。気になる女性からのチョコレートだったら、甘いものが苦手でもよろこんで受け取ってしまったのではないでしょうか。もちろん、ホワイトデーだって忘れていないでしょう。

ですが……「ホワイトデーのお返し? いらないですよ。気にしないでください」といわれていまって、どうしたらいいのか悩んでしまうこともあるよう。

甘党のはずなのに、ほんとうにいらないのだろうか。それとも、他にほしいものがあるのだろうか。女性の本音がわからないのではないでしょうか。

そこで今回は、ホワイトデーのお返しはいらないという女性のほんとにほしいものについて、こっそり本音をお教えいたします。

そもそも、ホワイトデーって?

そもそも、ホワイトデーはキャンディーだったそう。全国飴菓子業協同組合によると、バレンタインデーのお返しとして、3月14日にキャンディーをプレゼントすることにしたのだといいます。女性からのプレゼントに男性が応えるというシチュエーションから、純潔・純愛を意味するホワイトになったともいわれています。

ちなみに……お返しするお菓子で気持ちを伝えるなんていう話も……定番のクッキーはまさかの友達でいましょう。マシュマロは好きじゃありません。そしてキャンディーはあなたが好きです。

意中の女性にホワイトデーのお返しをするなら、マシュマロではなくキャンディーにしておきましょう。

ほんとにいらない or ほんとはほしい 女性によって本音はまちまち

ほんとにいらないという女性もいます。ほんとはほしいという女性もいます。そうじゃない! そうじゃない! そうじゃないものがほしいという女性だっています。いったいどういうことでしょうか。さっそく女性たちの本音をみていきましょう。

みんなにあげてるんだし! ほんとにいらない女性

バレンタインデーはみんなでチョコレートにかぶりつく日♡ なんて思っている女性もけっこういます。これまであまり会話したことがない同僚とも、チョコレートをきっかけに話せたらいいなくらいにとらえているんです。

また、お菓子づくりが大好きな女性にありがちなのが、バレンタインデー=腕試しという、ちょっとズレた認識。とにかく、おいしいのかおいしくないのか、改善点があるのかどうか、男性・女性関係なく、実食して意見を聞かせてもらいたいのです。下手したら、ホワイトデーのお返しどころか、ホワイトデーにも手作りチョコレートを用意しているかもしれません。

ほんとにいらない女性の場合、親しくしている同僚だけでなく、普段は親しくない同僚・上司・部下に関係なく配り歩いています。そして、そのたびにお返しはいいですから〜といっているはずです。

ホワイトデーほしいけど……図々しく思われたくない

もちろん、ホワイトデーがほしいという女性だっています。チョコレートでもいいし、クッキーでもいいし、ホワイトデー限定のコスメでもいいし。もらえるもんならもらいたいという本音だてありです。人間なんですから。

ですが、図々しいと思われたくないという気持ちから、お返しはいいですから〜といってしまうんです。本音はいいっていったけど、ちょうだいね?です。

それなりに親しくしている人間にしか配っていないようなら、ホワイトデーのお返しを期待しているかもしれません。バレンタインデーには最低限のコスト、そして最大限のお返しがほしいという、ちょっと現金な本音が見え隠れしているのです。

実はね。ホワイトデーのお返しに期待しているのは…?

もしかしたらのもしかしたら、ホワイトデーのお返しに「告白」を期待しているかもしてませんよ? これは男性にとって盲点ではないでしょうか。バレンタインデーのチョコレートは、嫌いだったらあげません。だからこそ、好意があることに気が付いてほしいと思うもの。

でも、みんなに配ってたけど……? だったらちょっと様子をみてください。他の男性からお返しはなにがいい? ってきかれたら、うれしいです〜くらいいっているはずです。

普段から、なんとなく好意を感じているのなら、ホワイトデーにチョコレートとあわせて告白してみてはいかがでしょうか。3月14日がふたりの記念日になるかもしれません。

もしも脈ありならホワイトデーで勝負して!

女性によっては、ほんとにホワイトデーはいいからという場合も、ホワイトデーにもらえるもんならもらいたいという場合もあります。

ですが、実はもともと好意があって、バレンタインデーにチョコレートを渡している女性だっているのです。もともとは意中の男性にチョコレートを贈る日なんですから、当然といえば当然のこと。

もしも、脈ありなら、思いきってホワイトデーに勝負してみてください。両片思いだったふたりが、両思いになれるかもしれません。バレンタインデーの神様が、きっとふたりを応援しているはずです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す