【メンヘラに好かれる】自分を良く見せるために使っている常套手段…その発言印象悪いですから!

【メンヘラに好かれる】自分を良く見せるために使っている常套手段…その発言印象悪いですから!

お会いする男性の中には、「俺ってメンヘラに好かれるんだよね」「メンヘラホイホイなんだ」などの発言をされる方もいます。しかし、そのような発言は自分にとってプラスと思っているかもしれませんが、女性からの印象はマイナスだと言うのをお忘れなく。

本日は、なぜメンヘラに好かれると言うと印象が悪くなるのかについて解説します。

メンヘラに好かれると豪語している男性

最近急に増えだした「俺、メンヘラに好かれやすいんだよね」と言う男性。なぜこのようになってしまったのかと考えたところ、メンヘラに好かれる自分が周囲からの評価がいいと勘違いしているからではないでしょうか。実際のところ、話のネタとしては盛り上がるかもしれません。同性同士であればなおさらです。その盛り上がりが忘れられず、様々な場所でメンヘラに好かれる自分をネタとして利用しているのです。

しかし、実際のところは周囲から(主に女性)あまりよく思われていません。メンヘラに好かれる男性として挙げられるのが、面倒見が良い・優しいというようなプラスになる性格だからです。本当にメンヘラに好かれる男性なのかは別として、面倒見が良い男性や優しい男性というのは男女問わず良いイメージを持ちます。そのことを言いたいがために、「メンヘラに好かれる」ということを豪語するのです。

だからといって、本当に本人がメンヘラから好かれているのかと言われると疑問が生じます。その男性がいうメンヘラの女性というのは、どういった性格の女性だったのでしょうか。詳細を聞いてみると「メンヘラ」というには程遠い女性が大半です。メンヘラに好かれる男性を演出したいがために、些細なことでも付き合っている相手をメンヘラと呼び、その女性を下げ自分の評価を挙げているのです。それを周囲の女性たちはしっかりと見抜いています。

頼りになる自分を演出するために女性を使っているという見方も

男性の中には、なぜメンヘラに好かれやすいという発言が女性から疎遠にされてしまうのかいまいち理解できないという方もいることでしょう。上述の通り、女性を利用している点が多く挙げられます。どのように利用しているのか、メンヘラに好かれる自分を演出することで相手からこう思われるであろうプラスの効果について解説していきます。

  • 女の子全般から頼られる自分
  • 自虐しているが、その自虐により他者からの反応が良いものが多い
  • 優しいから寄ってくるんだよと言われる
  • 自分の自尊心や自己愛を満たしてくれる
  • 自分よりも下の存在がいることを認識できる
  • メンヘラに選ばれる自分はすごいと思われる

これらのようなプラス効果を期待して「メンヘラに好かれる」と言っている可能性があるのです。それがたとえ無意識だったとしても、過去にメンヘラに好かれると発言した際に褒められた経験があればその知識があるため気がついたら言ってしまっている可能性もあります。

メンヘラと言っている相手がそこまでメンヘラではない事実

メンヘラから好かれているという男性に、付き合っている相手の愚痴を聞いたことがありますが、正直なところメンヘラではなく単にわがままであったり、本人が悪さしたりした結果の行動と言える範囲内でした。彼曰く、

  • 連絡が多い
  • 会いたいと言ってくる
  • 連絡がないと怒る
  • 帰宅時間が予定より遅れると怒る(同棲)
  • 罰として高価なアクセサリーを要求された

のようなものです。男性は過去に浮気をしてバレていたため、上記の内容については「原因は自分じゃん…」とため息をつきたくなってしまいましたが、このようにメンヘラに好かれると豪語する男性は自分が行ったことを棚に上げ、メンヘラに〜と言っている人が多く存在するのです。

メンヘラに好かれる発言は女性からよく思われない

よく思ってくれる女性は、共感力にかけた女性かただ楽しい話に適当に便乗してくる女性でしょう。もしくは、その場の雰囲気を壊さないように配慮してくれる女性くらいと思ってください。

女性からは、そう発言する本人が相手に対して不義理をしているからではないか・そのトリガーとなる何かをしているからだと思われています。そのため、そう言った発言をする男性と付き合いたいと思わない人が多いです。付き合ってしまったが最後、いつかは自分が同じように言われてしまう可能性を孕んでいるからです。

仮に自分が言われなかったとしても今まで付き合ってきた相手を悪くいうような男性と付き合いたいと思うでしょうか。自分が好きになった相手を自分自身で悪口を言っているようなものです。当たり外れはありますが、その男性本人の見る目がないと自分で証明しています。

百害あって一利なし

メンヘラに好かれる自分演出はメリットがないと言っていいでしょう。その発言があまり浸透していなかったときであれば、周囲から持て囃されたかもしれませんが、今となってはそんなことをいう男性は

「本人が一番悪い」「付き合った女性の悪口を言っているやつ」

と思われるだけです。また、本当に怖〜いガチメンヘラ女子が寄ってきてしまい、自分で対処しきれなくなってしまう結末が待っているかもしれません。

気になる女性にアピールするポイントとして、メンヘラに好かれる優しくて面倒見が良い自分を出したいのかもしれませんが、それはすでに流行遅れです。ぶっちゃけ言っている人がいたら女性にはすぐに逃げたほうがいいと伝えています。

そんなことをしなくても女性から好かれるようなアピールポイントを自分自身の力で見出せない男性はその程度止まりです。そうならないためにも内面から磨き素敵な男性になってくださいね。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す