【ギャップ萌え】意外な一面にときめく女性多し! ギャップを使って女性をキュンとさせろ

いつも強気な態度の女性が、ふとした瞬間に弱音を吐くとキュンとすることがあるかもしれません。また、真剣な表情をして仕事をしていたときに笑顔が垣間みえるとドキッとしてしまうこともあるでしょう。いわゆるギャップ萌えというものが世の中には存在します。女性ばかりではなく、男性のギャップにも女性はときめきを感じます。

女性にアピールしたいけれど、あともう一歩というときにこのギャップを活用して女性をときめかせてみませんか? 今回はギャップ萌えについて解説していきます。

男性だけじゃない! 女性も意外性に弱い生き物

ギャップに萌えると男性から聞いた経験がよくありますが、男性だけではなく女性だって意外性にキュンとするものです。男らしいと思っていたら家庭的だったり、チャラそうな人が実は恥ずかしがり屋だったり…そんなギャップに出会ったときはときめきの嵐になったりします。

ただし、このギャップに萌えるのはプラスの印象がある場合になります。優しそうに見えて、実は暴力的…なんてのは論外。ギャップではあるのですが、それはマイナスポイントになるからです。相手から好意的に受け止められる意外性だからこそ、萌えるという点を押さえてください。

女性は、男性に対してこうであると、決めつけてしまっている場合もあります。それは男女同様で自分と違う性別だからこそわからないためこうだろうと想像し、そのうちその想像が決めつけになってしまうのです。そのため、自分が想像していたのと異なる場合にギャップが生じます。そのギャップが女性に対して受け入れやすいものであること、そしていいなと思えるからこそその部分に萌えが発生するのです。

女性が萌えと感じるギャップは?

どのような意外性が萌えに繋がるのかチェックして、女性の萌えゴコロをときめかせてみましょう! 実はときめいているのに気がついていないという勿体無いことをしている可能性があります。ときめきゴコロを知ることで、女性の気持ちを少しでも理解できるかもしれません。

【見た目がイカツイ系】

  • トラだと思っていた男性が実は黒猫ちゃんだった
  • ワイルドなのにスイーツ男子
  • 強面サングラスなのに、外したらつぶらな瞳
  • 筋肉むきむきなのに、少女趣味

【見た目がカワイイ系】

  • うさぎっぽい見た目なのに黒帯
  • 弱そうなのに、タバコのポイ捨てした相手に怒る
  • ふわふわ系なのに機械に強い

【属性がサーファー系】

  • チャラそうな感じなのに、気配りがよくできる
  • 遊んでそうなのに一途
  • 寡黙ぽいのに、周りに合わせて盛り上げ役

このようなギャップがあると女心がくすぐられます。案外、自分では恥ずかしいと感じている行動が女性たちにとっては萌えポイントになっているかもしれません。

萌えと勘違いしないで! それは萌えじゃない

中には、自分ギャップ萌え対象だと思っている言動が実は萌えの対象外…論外まで行ってしまっている場合もあります。基本的に萌えは、良い方向で意外性があるものが対象になるのです。はじめに記載したように、優しそうに見えて暴力的というのは良い方向ではないため、NGとなります。これは萌えになるところか疎遠になってしまうパターンです。

優しそうで暴力的というギャップなんて事件があった後周囲の人がインタビューを受けていう言葉そのままです。それはギャップでもなんでもなく、単に隠している危険性なのでは。誠実そうなのに、ギャンブラーとかもダメです。

対極にあるけれども、プラスに受け取られるような内容でなければ萌えに繋がりませんし、良いと思われないので注意してください。下手したらギャップ萌えではなく、ギャップ萎えされてしまいます。そうならないためにも、ギャップ萌えの言動を狙っているときは女性的受け入れてもらいやすいものなのか、NGとされるものなのかを把握しなくてはなりません。迂闊にギャップ萌えに手を出してしまい、結果として今まで以上に評価が下がってしまったとしても、責任は終えません。

ギャップ萎えもある

ギャップ萌えだけではなく、中にはギャップ萎えしてしまう可能性もあります。ギャップ萎えは、萌えと反対にあり、持っているギャップによって相手への愛情が目減りしてしまうことです。萎えてしまったら最後、なかなか萌えに起死回生できなくなってしまいます。萌えを狙って萎えにならないように、気をつけましょう。

実は萌え属性を持っているかもしれない

自分では気がつかない萌え。実はすでにあるかもしれません。その萌えポイントはなかなか本人ではわからないケースもあります。一緒に何かをしているとき普段は言われないのに「カワイイ〜〜〜♡」と言われたり、「意外だけどいいですね」と言われたりする場合は萌えポイントを所持している可能性が。ぜひそれを生かしてみてください。

また、萌えに集中するあまりギャップとして必要な普段の自分を見失わないようにするのも忘れずに。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男…。素敵な男性とお付き合いしたいけど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す