【男の嗜み】噛めば噛むほど味の出る“干物男”…自家製干しキノコ三昧

以前干し野菜が流行っていたことを思い出す。干すことで栄養価が高くなり、味も濃くなると、様々な料理本を賑わせていた。

女のお遊びと侮ってはならない。実はなかなか難しい。干し野菜はやりすぎるとカラカラに乾燥し、木の木っ端みたいになる。男性の諸君が干すのなら、野菜よりもキノコのほうがいいだろう。何故ならツマミにもなる。自分で干してみたキノコで作るツマミは、また違った美味さがあるはずだ。

干しキノコのいいところ

干した椎茸は、生と比べてビタミンDが10倍に増えるそうだ。ビタミンDと言われても、ピンとこない男性がほとんどだろう。社内に引きこもりがちな現代のサラリーマンは、ビタミンDが不足気味である。栄養の効能については、四の五の言えないが、不足しないほうがいい。どうしても知りたいのであれば、ネットで検索などせず図書館に行き、栄養についての書籍を読んでいただきたい。

干したキノコは、いいダシが出る。水分が排出されることで、旨味成分が濃縮されて、味が濃くなるからだ。生よりもずっといいダシが出るので様々な料理に使用できる。

最近は椎茸だけではなく、干し榎木も市場で見かける。干したキノコは人の手間がかかっているので、若干高価なようだ。

さあ、椎茸を干してみよう!

干しキノコの中でも、定番の椎茸。そのまま干す方法と、スライスして干す方法があるが、両方干しておくと、調理によって使い分けができる。

干し椎茸

ほこりや汚れを、キッチンペーパーなどでよく拭き取って、天日に干す。乾物用のネットか、無ければざるでも可。風通しのいい天日に干すのがポイント。

セミドライ

セミドライの場合、2~3日干せばOK。セミドライは水分がのこっているので、日持ちはそれほどしない。週半ばに干して、週末のツマミにするのが理想。

フルドライ

きちんと干しきるフルドライは、日持ちがする。保存用の袋できちんと密閉すると、常温で2ヶ月は持つだろう。1週間程度干せば完成。

きっちり保存食として考えているなら、からからに干したフルドライがおすすめ。日当たりが良く風通しの良い場所に吊し、ほったらかしにしておけば完成するので、女性のご機嫌取りよりも簡単だ。

体当たり!椎茸以外のキノコも干してみた味は…

市場で手に入るキノコを買いあさって、筆者自ら実験をしてみた結果をお教えしたい。とにかく買えるキノコをあらかた干してみた。シメジ、マイタケ、エリンギ、榎木…。他に干してみて欲しいキノコの要望があれば、チャレンジしてみるのでご一報を。

シメジ

シメジは、石ずきを切ってばらばらにした状態で干してみた。大量のシメジで、山になっていたが、放置すること1週間。ホセホセに水分の抜けた、小さなシメジが横たわっているのを発見。これを集めて、ジップロックで保存。

調理法としては、スープにばらばらと投入すると、なかなか便利。歯ごたえがちょっとあるものの、違和感無く食べることが可能。ツマミにするのであれば、塩昆布と一緒に白だしなんかで煮詰めるといい具合に酒がすすむ。

マイタケ

マイタケも同様に、ほぐしてばらばらの状態で干してみた。こちらも形はそのままだが、小さくなったしわしわのマイタケが完成。

シチューにでも投入してみよう。シチューのもとを入れる前に、野菜と一緒に煮込めば柔らかくなる。ホセホセのままで見栄えは悪いが、味は悪くない。やはり、ちょっと歯ごたえは残る。

エリンギ

エリンギは、スライスして調理する時の形で干してみた。水分が抜けて、木っ端のようになるので、うっかり捨てられないように注意。

中華の炒め物に使うため、水で戻してから使った。数時間水で戻しすと、見た目はイマイチですが味はオーケーな炒め物になる。ツマミにするのであれば、塩水で戻して無塩バターで炒めても美味い。

エノキ

エノキは、1週間放置したので、市販のものよりもカラカラに仕上がった。こちらも木の枝のよう。これも水で戻して甘辛く佃煮にしてみると、飯も酒もすすむ一品になった。

 

いかがだろう。干しキノコを作ってみたら妻君にも喜ばれるかもれないので、男の嗜みに干物男性になってみては。

この記事のライター

moka

全国を放浪して、ちょっとセクシーな夜の接客業を経験してきました。その経験から、ちょっぴりセクシーで笑える、男性向けのお話をお届けします。現在もセーブしながらお仕事続行中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す