「早く告白してよ」のサイン 待たされ女性達が発する告白催促ワードに要注意

「早く告白してよ」のサイン 待たされ女性達が発する告白催促ワードに要注意

付き合い始めてかれこれ一年。デートは頻繁にしているけど、中々聞けない彼からの告白。そんな経験をしたことがある女性は多いのではないでしょうか?どっち付かずに見える貴方の態度に、彼女が発している「早く告白してよ!」と言う警告。そんな危ういワードを貴方は、聞き逃していませんか?そこで、恋愛カウンセラーが調査した結果に基づき、待ちわびた女性達が発する告白催促ワードの数々をご紹介してみたいと思います。

白黒つかない事は苦手です

「これでも気がつかないのなら…。彼の本気度は?」。ストレートな言葉であえてYES or NOを促しています。彼の愛情はホンモノか確信できない時や、いつもはぐらかしてばかりいると自覚している殿方ならば、このワードには要注意です!

貴方と一緒にいるのが一番楽しい

交際にイマイチ自信が持てていないと、彼女から推察された男性。そんな状況で聞くこの言葉は、彼女からこれからもOKと言うサイン。女性は、自分から「付き合ってほしい!」とは絶対に言わないもの。これは、彼女からの確度の高い真剣交際宣言と受け取ってまちがいありません。

また誘ってね!

女性が、「次の展開もあり!」と明言する積極的な展開。これを黙って逃すのは、格言通り、「据膳喰わぬは男の恥です!。彼女は待っているのです。次のデートは、彼女の期待通り「正式に付き合ってください!」と言うべきです。

私達ってどんな関係なのかな?

コンサートや映画。周りは絵に描いたような恋人達ばかり。誰もが幸せそうに見えるシチュエーションで彼女がこう切り出して来た時には要注意。確実に貴方に告白を促しています。「もう君は彼女に決まってるじゃん」と貴方一人で思い込んでいたならそれが一番危険。女性は、確かな言葉がなければ、物事を信用しない生き物なのです。もし、まだ正式に「付き合ってください」と言っていないと思ったら、この言葉を聞くや否や明言すべきでしょう。「前にも言ったはず…。」など、面倒くさがらずに、何度でも言ってあげましょう。このシチュエーションでは、大体、女性の記憶の方が正確なことが多いのですから。

別の男性から付き合ってほしいと言われたんだけど…

真偽のほどはわかりません。しかし、女性がこの言葉を発した場合、100%貴方の本気の度合いが試されていると言って良いでしょう。ライバルの存在を仄めかすのは、「貴方はどうなのよ?本気なら早く好きと言ってよ」と言う催促です。逆に、別の男性の方が脈ありならばこんな風には言いません。「別の彼氏ができたので」と言う一言で、貴方がアッサリと捨てられるだけです。

大事な事をはっきりと言える人が好き

これは、理想の彼氏像を語っているだけではありません。貴方から、まだ大切な一言を聞かされていないと言う気持ちの裏返しです。

「そう言えば、まだ正式に付き合って欲しいと言って無かったね」

「これからもずっと一緒にいて欲しいと心から思ってるんだ」

男性にとっては、むず痒くなるようなフレーズかもしれませんが、相手の目をしっかりと見据えしっかりと返事をしてあげましょう。

本当は別の人を誘いたかったんじゃない?

これは、貴方から否定の回答を聞くために彼女が仕掛けた陽動作戦です。「他の彼女なんていないよ!君だけだよ。」彼女のいじらしさに応えるべく、明確な回答を返してあげましょう。

私たちの10年後って想像できる?

例えば、卒業や転勤など人生の大きな節目以外で彼女がこの言葉を発している場合、明らかに貴方から、結婚を前提にした言質が欲しいと求めています。貴方も彼女を大切に思っているのなら、その真摯さに応えるべく、将来の明確なビジョンをきちんとした言葉で示してあげましょう!

植木理恵氏の「男ゴコロ・女ゴコロの謎を解く! 恋愛心理学」で女性心理を学べ!

常に揺れ動いている男女の恋愛心理。ちょっとした行き違いや些細な行き違いで、折角の出会いがダメになってしまう事も少なくありません。よって、男性とは大きく異なる女性心理について学んでおいても損にはなりません。

そこで、メディアでもお馴染みの心理学者植木理恵氏の著書から、男女の恋愛の機微を詳しく描写した「男ゴコロ・女ゴコロの謎を解く! 恋愛心理学」をご紹介いたします。簡潔な文章と豊富なケーススタディがわかりやすいと多くの読者から高評価を得ている一冊です。ぜひこ参考にしてみてください。それでは、またお会いしましょう!

 

出典:AMAZON
クリックで販売サイトへ

気になる人に「彼氏いるの?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?次の“ひと言”で恋の行方が決まるのです! TVでおなじみの心理学者植木理恵が“恋する心”のフシギを科学する。(出典:AMAZON

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック、合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す