「今日メイクが違うんだけど!」 初デート当日。 彼女がメイク頑張ってたら褒めるべきなのかについて

「今日メイクが違うんだけど!」 初デート当日。 彼女がメイク頑張ってたら褒めるべきなのかについて

初デートで待ち合わせて「今日、メイクが違うんだけど!」と気が付くこと、けっこうありませんか? 初デートだから女性だって頑張っているんです。

気が付いたとき、男性のみなさんはどうしていますか? 褒めるべきなのだろうか。それともメイクの話題には触れないほうがいいのだろうか。悩んでいるうちにうやむやになってしまっているかもしれません。

そこで今回は、初デートで女性がメイク頑張ってたら褒めるべきなのかについて考えてみます。

女性にとってメイクとは?

どうして女性がメイクするのか知っていますか? まずは女性にとってメイクとはどのような存在なのかについてご紹介します。

自己満足

女性にとってメイクは自己満足だといえます。すっぴんのときより綺麗になれる、かわいくなれる。周囲からも綺麗だと思われる、かわいいと思われる。その自己満足のためにメイクするのです。言い換えれば、女性にとってメイク=自信にもなります。

自己表現

自己表現としてメイクが位置付けられることもあります。すっぴんでは「アジア人女性の顔」でしかありません。メイクをすることによって綺麗な印象にもできれば、かわいい印象にもできます。そのときのファッションとあわせて自己表現なのです。

コンプレックスカバー

中学生・高校生くらいまでは、すっぴんでもそれほど抵抗がありません。ですが、20代になってくるとコンプレックスを自覚するようになります。目が小さいだとか、唇の色が悪いとか、毛穴が目立つだとかです。こんなコンプレックスをひとつひとつカバーするためにメイクします。

身だしなみ

就活生になったら、すっぴん女子大生だってメイクしなければなりません。社会人としてメイクするよういわれるからです。女子就活生は、リクルートスーツと一緒にメイクまで「着用」しないといけないわけです。そのため、社会人になってからは、女性としての身だしなみとしてメイクすることになります。


初デートで女性がメイクを頑張ったということは、いつもよりも男性に「綺麗」「かわいい」「素敵」だと思ってもらいたいからです。また、ちょっとでも釣り合う女性になれるようにという、女性の意識の現れでもあります。まずはこの女性の気持ちに気が付いてあげましょう。

初デートでいつもとメイクが違うことに気が付いたら褒めるべき?

初デートでいつもとメイクが違うことに気が付いたら褒めるべきでしょうか? もしかしたら、初デートでの好印象にもつながるかもしれません。

基本的には褒めたほうがいい

基本的には褒めたほうがいいです。褒められたら女性だって頑張った甲斐があります。それに、「私のことをよくみてくれているんだな」ということに気が付くきっかけにもなります。

ですが、褒めなほうがいいことだってあります。それは男性自身がそのメイクがいいとは思えないときです。

普段メイクしない女性は、実はメイクに慣れていないなんてことだってあります。漫画のキャラクターみたいな極太眉毛。ガタガタのアイライン。おてもやんなチーク。うっかり褒めてしまったら、これからずっと勘違いメイクになってしまうかもしれません。

どうやって褒めたらいい?

とはいうものの……どうやって褒めたらいいのかわからない! という男性が大多数なのではないでしょうか。ここでは、女性のメイクを褒めるためのフレーズを提案します。

いつものメイクもいいけど、今日のメイクもいいと思う

今日のリップカラー、すごく肌色に合っていていいと思う

ストレートに褒めるんだったら「いつものメイクもいいけど、今日のメイクもいいと思う」といってしまいましょう。また、メイクのカラーはどれが自分自身に合うのか試行錯誤しています。メイクのカラーリングを褒めるのもおすすめです。

いつもより綺麗・かわいいメイクだったら、思う存分褒めてあげて♡

いつもより綺麗・かわいいメイクだったら、思う存分褒めてあげてください。素直に褒めるのがいいでしょう。頑張ったんです。女性だって褒められたらうれしくなります。もっともっと、このひとに似合うようにならなきゃと思うでしょう。恋をすると綺麗になる。この言葉を、彼女に一番側で実感してみてください。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す