何故モテない?その理由はあなたの視線にあるかも

何故モテない?その理由はあなたの視線にあるかも

女性と会話をする時に、貴方は視線をどこに向けていますか?

どうしても女性と会話をするのが苦手という方や、どうしても焦りが生じてしまい目がウロウロしてしまったりしていませんか?

または、女性との接点がなさすぎるせいで女性にたいして「飢え」てしまっている人も失礼な視線を女性に送っていることがあります。

例えば、無意識のうちに女性の胸元ばかり視線をやってしまうなんてこともあるのです。

このように、「目は口ほどに物を言う」という言葉があるとおり、視線というのは雄弁に貴方のことを相手に伝えてしまうものです。

モテない男性の多くは、この視線の使い方が下手くそなこともモテない理由の一つになっているかもしれません。

モテない理由は視線、目が泳ぐ男性に女性は心を許さない

女性と会話をするときに目線があっちこっち行ってしまう人がいます。いわゆるところ「目が泳ぐ」状態のことで、視線が定まらずにウロウロ、眼球をキョロキョロとあっちこっち向いてしまいます。

女性と会話をすることで緊張をしてしまい、心が焦ることで無意識のうちに視線をキョロキョロしてしまうのです。

しかしながら、貴方のそのような態度に女性は内心で不信感を抱いてしまっているのです。

目が泳いでキョロキョロしているという事は、相手の女性から見ると「何か企んでいるのでは」ですとか「何か焦っているので?」と不信感を抱くのです。

またその落ち着いていない様子に、男性としての魅力も感じません。

つまり、女性にモテない男性の多くは女性を目の前にして緊張してしまい、視線が泳いでしまい、ますます女性からモテなくなるという負のループに陥ってしまっている可能性があるのです。

目が泳ぐと自信がなさそうにも見える

また、多くの女性が好む男性像は「自信のある男としての魅力」がある人物です。

つまりどのようなときでも堂々としてる男性に対して女性は魅力を感じますが、頼りなさそう、自信がなさそうという男性に対しては、あまり魅力を感じません。

自信のない振る舞いをしてしまう男性は、それだけで女性から恋愛対象として外れてしまう可能性が高くなるのです。

目が常に泳いでいて、キョロキョロしている様子は、誰が見ても落ち着きがなく、自信なさげに見えてしまいます。

つまり、貴方が女性を目の前にして緊張し、無意識のうちに目線をキョロキョロされてしまっていることに気がつき、それに対して対策をしないかぎり、その無意識の視線のせいで相手にマイナスイメージを抱かせてしまうのです。

女性を目の前にしてどこを向いて喋ればいいのかわからないというときは、とにかくあっちこっち視線をさまよわせるのではなく、ポイントを決めてそこを見つめるようにしましょう。

相手の目を見ると余計に緊張してしまうため、目からしたの口元、鼻、首あたりに視線を向けることがおすすめです。

そしてたまの頻度で相手の目に視線を向けてアイコンタクトを取れば問題ありません。

女性の胸元に視線を落としたり、自分の手元に視線を落としたり、キョロキョロせずに、今言ったポイント箇所を常に心がけてみてください。

それをするだけで、相手の女性は貴方の視線を不快には感じないようになるでしょう。

POINT
視線がウロウロすると相手に不信感を与えてモテない原因に。

どこを見ればいいのかわからないなら、目からしたの口元から首に視線を向けること。

気をつけたい、女性の胸元に視線を向けるリスク

ついぼーっと無意識に女性の胸元に視線を向けてしまうことがあります。

ちょっとした下心だったり、女性への興味などがあると、女性のバストに焦点を当ててしまうことは誰しもあるでしょう。

しかしながら、実は多くの女性は男性の視線がどこに向いているのかという事に対して非常に敏感なのです。

会話中に、自分の顔を見ずに胸元ばかりに視線を向けている男性に対して、女性が抱くのは不信感を通り過ぎて嫌悪になる場合があります。

それが特に恋人でもない相手であれば尚更です。

デートに誘って彼女にしたいなと考えている女性や、お見合いや出会い系などで出会った女性、合コンで出会った女性との初デートで女性の胸元をじっと見る行為というのはモテない男がやりがちな失敗の一つ。

女性にとって自分の性的なパーツである胸を凝視するような男性には、心を開くことはありません。

無意識に女性の胸元を見てバストサイズを想像してしまう、というような男性は、貴方のそのぶしつけな視線に相手の女性が気がついている事を知りましょう。

その視線のせいで貴方がモテない原因になっているかもしれませんよ。

POINT

女性のバストへの視線は男性が思っている以上に女性は気が付いています。ぶしつけな視線は貴方への好感度をマイナスにするものです。
ご注意を!

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す