容姿が良くてもモテない女性 性格ブスの特徴と行動を徹底調査

容姿が良くてもモテない女性 性格ブスの特徴と行動を徹底調査

容姿はモデル並みなのに、何故か全く男性から声が掛からない女性は数多く存在します。その理由は、どこにあるのか?答えは、性格の様です。おブスは決して見てくれに限った事じゃない!。そんな性格ブスさん達の特徴と行動を徹底調査してみたいと思います。

同性女性への陰口や悪口を連発する性格ブス

誰がみても親友にしか見えない二人の女性。ランチや休み時間も一緒に過ごしています。なのに…。片方がいない時に「本当はあの子の腹の内わからないのよね…。」など言う女性。将又、「親友の彼女って今彼と破綻したみたい。いい子だから付き合ってあげて」と言いながら、「本当は別れた彼に未練たらたらなの」と前言と相反するこき下ろしをする女性。「貴方は、彼女を応援してるの?それとも蔑みたいの?」と、懐疑心を抱かざるを得ません。こんな女性は、自ら品位を下げてしまうだけでなく、性格ブスと認定されるのは確実です。

恒常的に愚痴をこぼし後に疎んじられる性格ブス

「忙しいのに給料安すぎ…。」とか、「上司が業績を正当に評価してくれない…」など常に愚痴をこぼす美人OL。誰もが目を引く端麗な容姿なのに、ネガティブだらけの発言には失望させられるばかりです。「最初はプロポーズしようと考えてたんだけど、日頃の行動みてるとだんだん面倒臭い女としか考えられなくなった。」男性には、彼女の愚痴っぽい側面が、段々疎ましく思われてくる様です。

「マイナス思考の女性といても全然楽しくない!」そんな、男性の心の内は、後に彼女を性格ブスに認定させるのです。

話題の中心に自分を引き寄せようとする性格ブス

有名店の話をすれば「私そこの常連なの」と言い、会社で人気の男性の話題をすれば必ず「私、この間プロポーズされたの!」と返答する。どんな、話題でも話の中心に自分を持って行きたがる女性はいるものです。「会話の腰を折られすぎるのでツライ」と特に同性から嫌われます。根こそぎ話題を持っていくばかりでなく、そこで会話を終わらせてしまったりするので、批判の声は止まないのです。「中心にいたい!」と言う気持ちは理解できるのですが、大人の女性の振る舞いとしては如何なものなのでしょうか?。聞き役に回れない女性は、間違いなく性格ブスに認定されることでしょう。

都合が悪くなると黙ってしまう性格ブス

少しでも都合の悪いことを言われると黙り込んでしまう女性。腫れ物に触る様にピリピリした雰囲気を場に醸成し、一気に盛り下げます。「急に無口になられると、感じ悪い!」このタイプの女性は、明らかに不機嫌であると言う表情をあからさまにするので、相当の不快感を周囲に与えます。気難しさや傲慢な態度が許容されるのは、10代まで。大人の女性が、その様な振る舞いをすれば間違いなく性格ブス認定です!

好意を素直に受け止めない性格ブス

例えば、プロジェクトを見事にやってのけ「大きな壁を越えたね」と言われれば、「もう用なしですか?」と皮肉混じりに返す女性。「緊急時には本当に頼りになるよ。」と言われれば、「普段は役立たずですから」と逆ギレに近い返答をする。他人の好意を素直に受け取る事が出来ない女性は、異端児と思われても仕方がありません。この様な振る舞いをする女性は、生まれた時からネガティブ思考を持ち合わせている事が多いとも言われます。

自分の失策を素直に認めない性格ブス

部内会議の日程を間違えれば、「無駄な打ち合わせが多すぎる!」と反駁する。合コン出欠のメッセージを返信しなかった癖に、盛り上がったと聞けば「ハブにされた!」と逆上する。失策に遭遇した際、常に「自分は悪くない!」と言って聞かない女性は、神経を逆撫でし怒りの感情さえ与えます。正に極みの如き性格ブスと言えます。

常に上から目線が付きまとう性格ブス

地方出身と言うだけで、同僚の彼女の全てが自分より下と決めつける山の手のお嬢様。訛りに耐えられない・御里が知れる・野暮ったい…など罵倒の数々極めつけは、「田舎臭い!」と噯気もなく言う。人を見下した言動で、周囲をドン引きされる女性は、やはり性格ブスです。このタイプの女性は、自分に過度の自信を持っているので標準以上の容姿を持っている事が多いのですが、性格の悪さが表情をキツくさせています。

容姿端麗しかし性格ブス女性が登場するドラマ「ファーストクラス」

女の戦いと言うより、「マウンティング」と言う性格ブス争いをしていると言う方が正しいドラマ「ファーストクラス」。ちょっとした勘違いが性格ブスと思われているかも?と危惧されたなら、参考に視聴してみてはいかがでしょう?

 

出典:AMAZON
クリックで購入サイトへ

ファッション業界で働くことを夢見ながら、下町の衣料材料店で日々地味にボタンや生地を売っていた吉成ちなみは、ふとしたことから自分には縁のない世界だと思っていたファッション雑誌の編集部で働くことになった。見たことのないキラキラした世界・・・。そう期待を胸に新たな世界の扉を開けたが、そこにあったのは日々女たちがお互いを捕食しあう恐ろしき伏魔殿・・・。出典:AMAZON

出演: 沢尻エリカ, 中丸雄一, 佐々木希, 菜々緒, 石田ニコル

 

 

 

 

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す