【恋愛心理学】ハローエフェクトで相手に惑わされないで! 曇りなき眼で見るためには

【恋愛心理学】ハローエフェクトで相手に惑わされないで! 曇りなき眼で見るためには

素敵な女性と出会ったとき、勢いのままお付き合いされる人もいるかもしれません。ですが、その場の盛り上がりで相手を決めてしまっては後悔をする…。そんな人たちを多くみてきました。そんな後悔はそろそろしたくないと思っている人もいることでしょう。

今回は、楽しく盛り上がった相手が本当に大丈夫か、それを見極めるための方法をご紹介していきます。

好みの顔・経歴もOK! すぐに食いつきたくなるような女性

タイプの女性であれば、すぐにお近づきになったり、仲良くなったりしたいと思うかもしれません。また、自分が望む経歴の持ち主であれば、他の人より先に手をつけてしまいたいと考えるでしょう。また、この人だ! と第六感が発動してそのままお付き合いをした場合、あとで「やっぱり違ったかも…」なんて後悔はしないのでしょうか?

顔が好みだ、経歴が申し分ない、直感でいいと思ったからといって、それ以外のところもよいとは限りません。ですが、自分の好みにあっている箇所があるとその他の部分もよく見えてしまう現象があるのです。そんなフィルターで曇っていないでしょうか。いいところが際立ちすぎて、本来であればNGな箇所が見えなくなってしまう可能性がはらんでいます。しっかりとフィルターを外して相手を見極めなければ実際に付き合ってから後悔してしまいます。付き合ってから、隠れていたダメな部分が露呈して、相手に対し愛情を持てなくなってしまうからです。そうならないためにはフィルターを外して相手のことを見極めてください。

素敵な部分のせいで正しく見れないのは? ハローエフェクト効果

相手の素敵な部分や秀でている箇所があると、その他の箇所もよく見えてしまう傾向があります。それは、ハローエフェクトという効果のせいです。他にも、後光効果やハロー効果と呼ばれています。イケメンや美女が、性格もよく見えてしまったり、仕事ができると思ったりするのも、この効果が影響しているからかもしれません。

ハローエフェクト効果は無意識に発動

ハローエフェクト効果は、心の中で気がつかない間に発動してしまいます。美女に出会った際、その他の箇所も秀でた顔に引きづられ、よく見えてしまうのです。それと同様に、仕事がよくできる人が仕事をしている姿を見ると可愛く見えたり、美しく見えたりしまう。どこか一箇所が秀でているため、それ以外の場所も無意識によく見えてしまうのです。

これが無意識に発動してしまうことにより、フィルターがかかってしまい、相手のことを見極められなくなってしまいます。どこか一箇所でも秀でている部分がある相手に対して好意を寄せた場合は、一度そのフィルターを外すように心がけないといけません。

フィルターをなくすために注意する点

無意識でフィルターをかけてしまうため、フィルターを通さないで相手を見極めるのは難しいと感じてしまうでしょう。ですが、自分の中で留意すれば相手を見極めることができるのです。

判断基準を明確にする

自分が相手に求めるものを、項目にあげてみてください。平凡な人と付き合ったりする際にこの点だけは外せないという部分を羅列します。
例えば、

  • 経歴
  • 性格
  • 趣味・嗜好 などです。

仕事の勤続年数や、ヒステリーにならないか、自分の友達以外に人に対しても優しいか、などの点を見るのもよいでしょう。

自分で判断できない場合は、友達や知人にジャッチしてもらうのもよいかもしれません。特に、公平な目を持てる人であれば最適です。

目が曇ってしまったせいで後悔したKの悲劇

実際に、顔に騙されて後悔した男性をご紹介します。彼は、仕事ができるのですが、如何せん人を見る目があまりないタイプです。というのも人が良く、相手を疑うことを知らないようなお人好しで、いつ恋人に騙されないか周囲がやきもきしていました。

そんな中、Kの好みど真ん中の女性が彼の前に現れたのです。自分の好みの女性に出会い、Kの中で一気に盛り上がり、お付き合いに発展することになりました。周囲は、顔はいいけど性格が悪いかもしれないと言いましたが、聞く耳を持たず、「性格もいいはず!」と言っているのです。これは、痛い目をみないとわからないだろうと思っていたら、付き合って半年、ついにKから泣き言が。

なんと、彼女は二股常習犯だったのです。

最初はKも信じられなかったようですが、言い逃れできないような証拠、というか同棲している部屋で遭遇してしまい流石のKも現実を突きつけられようやく覚醒しました。顔ばかりに気を取られ、彼女の人となりをあまりみておらず、結果として浮気される。ですが、周囲がいくら言っても聞く耳を持たなかったのは、このハローエフェクトのせいかもしれません。こんな後悔をしないためにも、人を見極める能力を身につけたいとK含めいい教訓になりました。

使い方によっては自分を良く見せることも可能

今回は、ハローエフェクトで目が眩んでしまうということをご紹介しましたが、逆にいいと思った相手をハローエフェクトでものにしてしまうのも可能です。使い道を考えれば自分にプラスになる可能性もあるので、利用したいところです。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す