GWはカップルで日光東照宮♡ 縁結びのご利益あり! カップルにおすすめの旅行プラン

GWはカップルで日光東照宮♡ 縁結びのご利益あり! カップルにおすすめの旅行プラン

平成最後のゴールデンウィーク、みなさまはいかがおすごしでしょうか? カップルだったらぜひ日光にでかけてみてください。世界遺産日光東照宮でお参りしてから、日光エリアのラグジュアリーホテルに宿泊したり、鬼怒川温泉で貸切露天風呂につかったり、想像以上にカップルで満喫できるんですよ。

そこで今回は、日光東照宮からはじまる、カップルにおすすめの日光旅行プランをご紹介します。

GWにおすすめの日光東照宮からはじまる旅行プラン

世界遺産日光東照宮からカップル旅行をはじめましょう。縁結びの神様が、ふたりを見守ってくれるはずですよ。

日光東照宮とは

日光の社寺として世界遺産に登録されている日光東照宮。東照宮、二荒山神社、輪王寺からなっています。この日光東照宮には初代江戸幕府将軍・徳川家康が御祭神としてまつられています。

日光東照宮へのアクセス

東武日光駅、あるいはJR日光駅から東武バス中禅寺湖方面に乗車、西参道で下車します。世界遺産めぐりバスの表参道からもアクセスできます。自家用車の場合、東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮道路を経由して日光ICで下ります。東照宮大駐車場が利用できます。

日光東照宮はカップルにご利益あり♡

日光東照宮は縁結びで知られています。恋愛に効果絶大なパワースポットとして知られるようになり、最近では女性たちがこぞって参拝しています。

ですが、そのご利益はカップルにももたらされます。特に、夫婦杉にはカップルにうれしいご利益が……日光二荒山神社の御祭神でもある夫婦杉に触れると、夫婦や恋人と良好な関係が続けられるといわれているんです。

休憩におすすめなのは上島珈琲店 日光東照宮店

日光東照宮の観光につかれたら、上島珈琲店 日光東照宮店で休憩しましょう。日光東照宮の宝物館内にあります。コーヒーだけでなく、スイーツメニューまで揃っています。

詳細はこちら

カップルでいただきたい  縁起のいい日光福徳庵のだいふく

カップルでいただきたいのが、縁起がいいといわれている日光福徳庵のだいふくです。東照宮の御献上されている大福なんです。表参道から石鳥居を抜けたところで販売されています。種類も豊富なので、カップルでシェアしていただいてはいかがでしょうか。

日光エリアのラグジュアリーなホテルは女性も大喜びのはず!

日光エリアにはラグジュアリーなホテルがたくさんあります。東武日光駅・JR日光駅からほど近いラグジュアリーなホテルで喜んでもらってはいかがでしょうか?

奥の院 ほてる とく川

日光駅から送迎車で10分……日光の自然にかこまれた、ひっそりたたずんでいる隠れ家のようなホテルです。別邸には露天風呂付きのお部屋。まさにカップルにぴったりでしょう。お風呂に地酒を持ち込むこともできます。日本酒好きカップルも大満足のはずです。

詳細はこちら

日光西町倶楽部あらとうと

日光東照宮の目の前にある日光西町倶楽部あらとうとは、大人カップルに相応しいラグジュアリーな空間を演出してくれます。日光駅から送迎車で5分……客室は9室だけ。まさにプライベートホテルです。もちろん、全室に露天風呂つき。日光の杉並木を眺めながら、ふたりきりの時間が堪能できそうです。

詳細はこちら

鬼怒川温泉で贅沢なリフレッシュタイム!

 

日光といえば鬼怒川温泉が知られています。鬼怒川温泉で、カップル水入らず、贅沢なリフレッシュタイムはいかがでしょうか?

 

静寂とまごことの宿 七重八重

東武鬼怒川温泉駅から徒歩5分という好立地ながら、客室からは鬼怒川の渓谷を一望できるロケーションをほこっています。カップルにおすすめなのは、やはり露天風呂付きの客室。鬼怒川を眺めながら、ふたりで露天風呂につかってリフレッシュしましょう。

詳細はこちら

鬼怒川パークホテルズ 木心亭

東武鬼怒川温泉駅から徒歩5分、完全プライベートなホテルになります。お忍びの旅行にもぴったりなんだそう。露天風呂付き客室は、ヒノキの露天風呂、石造りの露天風呂があります。栃木の名産品を贅沢に盛り込んだ和食もポイントです。

詳細はこちら

GWは世界遺産の日光東照宮に旅行しましょう

せっかくのゴールデンウィーク、カップルで旅行に行きませんか? 世界遺産の日光東照宮は、カップルにもご利益があるおすすめスポットです。日光エリアのラグジュアリーなホテルや、鬼怒川温泉のホテルでリフレッシュにもうってつけ。いつもと雰囲気が違う彼女がみられるかもしれませんよ。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す