VANS(バンズ)ブームに乗り遅れていない? おしゃれ女子が注目! 男性におすすめのVANSスニーカー

VANS(バンズ)ブームに乗り遅れていない? おしゃれ女子が注目! 男性におすすめのVANSスニーカー

QOOL読者の男性たちは、女性雑誌はあまりみないのではないでしょうか。男性向けファッションメディアの編集経験から、女性のファッション向けメディアの編集者・ライターとも知り合いなのですが……最近はVANS(バンズ)のスニーカーがキテるというのです。確かに……VANSの女性、けっこうみかけませんか? 実は、VANSがおしゃれ女子に大注目されているんです。

詳細はこちら

そんなおしゃれ女子たちは「男性にもVANS履いてほしい!」といっています。VANSのスニーカーでいつものコーディネートがぐんとおしゃれになるんだそう。

そこで今回は、男性におすすめのVANS(バンズ)スニーカーをご紹介します。

VANS〜ヴァンと仲間たち〜のスニーカーとは?

公式サイトはこちら

VANSには「ヴァンと仲間たち」という意味があります。カリフォルニアでポール・ヴァンという男性が立ち上げました。当時は3人のパートナーとオーダーメイドでスニーカーを受注生産していたといいます。70年代、アメリカのスケーターたちに支持されて、全国的なブームになりました。VANSのゴム部分のロゴを思い出してみてください。スケートボードになっているんです。スケーターに支持されたモデルが、現在でも改良されて親しまれています。 

男性におすすめしたいVANSスニーカーモデル

 

詳細はこちら

ユニセックスで履きこなせるVANSスニーカー。ここからは、男性におすすめしたいスニーカーモデルをピックアップします。

VANS OLD SKOOL (オールドスクール)

VANSといえば! のこのデザインはOLD SKOOL (オールドスクール)。サイドのサーフラインが特徴的です。シンプルに履きこなせるデザイン。カジュアルにはもちろん、ジャケパンスタイルの外しアイテムとしても活躍します。VANSのスニーカーは全体的に幅広です。普段のサイズより1サイズ小さくなる傾向があります。

履きこなしやすいのは、やはりブラックカラー。春・秋におすすめしたいのはベージュカラーです。やわらかなイメージになります。 

購入はこちら

VANS SK8-HI (スケートハイ)

VANSのハイカットといえばSK8-HI (スケートハイ)でしょう。アメリカではJAZZという愛称で親しまれているといいます。日本ではスケハイといわれることが多いよう。足首をホールドするアンクルパッドで安定性抜群です。シルエットはオールドスクールのハイカット版といったところ。コンバースのハイカットよりコンパクトに履きこなせるのが魅力です。

購入はこちら

VANS ERA (エラ)

VANSの初期モデルにインスピレーションされているのがERA (エラ)です。足の甲部分に靴紐がきています。両サイドについているVANSのタグが特徴的。もともと、スケーターたちに愛用されていました。男性にとっては頑丈なのもうれしいポイントでしょう。

コーディネイトしやすいのはブラック。ですがエラでおすすめしたいのはネイビーです。特に、サマーシーズンにはスニーカーながら涼しげな足元を演出できます。

購入はこちら

VANS(バンズ)に合わせたいボトムス

WEAR

VANSに合わせていただきたいボトムスをピックアップしてみました。どうやってコーディネートしていいかわからないという方はぜひ参考にしてください

 

やっぱりジーンズ

もはや説明不要のジーンズ。あまりダボッとしたシルエットだとだらしなくなってしまうのでNGです。ややタイトなシルエットのジーンズと合わせるとおしゃれです。

詳細はこちら  

VANSだからこそのコンパクトなシルエット! カーゴパンツ

コンパクトなシルエットが魅力のVANS。ボリュームがありがちなカーゴパンツでもすっきりと履きこなせます。ブラックのオールドスクールとカーキカラーのカーゴパンツなんて、とってもおしゃれじゃありませんか?

 詳細はこちら

外したおしゃれができる チノパン

綺麗に履きこなしたいチノパン。ちょっと外すのならネイビーのエアがおすすめ。細身のエアだからこそチノパンコーデが綺麗に決まります。

詳細はこちら

夏らしくキメるなら ハーフパンツ

夏らしくキメるなら、エア×ハーフパンツの一択でしょう。真夏日にスニーカーはなんとなく暑苦しい印象。ですが、ハーフパンツとエアだったら、涼しげなコーディネイトになります。ちなみに「すね毛は処理してほしい」という女性の意見がありますので要注意。

VANS(バンズ)で男性はもっとおしゃれになれる

VANSで男性はもっとおしゃれになれます! おしゃれ女子たちはそう断言しています。カップルだったら、さりげなくVANSでそろえてみてはどうでしょうか。 VANSだからこそ、あからさまなペアルックにならなくておすすめです。

この記事のライター

inai masato

北海道空知地方から大都市・東京に移住したフリーライターです。趣味は旅行と読書、それからフットサル。男性向けファッションメディアの編集経験から、QOOL読者のみなさまへ、モテるためのファッション・ヘアスタイルについて情報発信します。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す