不要なものには手を出さない お気に入りのモノを吟味して購入するのがデキる男の流儀

不要なものには手を出さない お気に入りのモノを吟味して購入するのがデキる男の流儀

様々なものを安価で手に入れられる時代となっていますが、値段に関わらず、自分が気に入ったモノだけを購入しそれで満たされる生活を営んでいる人に魅力を感じます。そんな暮らしをマネしたいと思う人もいるでしょうし、憧れを抱く人も少なくありません。充実した住まいを手に入れている人は、外見だけではなく、内面からも満たされているオーラが溢れます。

不要なモノに溢れる生活はだらしなく見える

生活には必要なモノと不要なモノが存在します。それらの分別は個人で異なりますが、あまりにも不要なモノが暮らしの中に溢れていると、どこに何があるかわからなくなるだけではなく、所持しているにも関わらず同じものを購入してしまうなどといった無駄に繋がります。無駄なモノを多く所持していると締まりのない生活になってくる可能性も。そうならないために、不要なモノを溢れさせない生活を心がけましょう。

モノが多くなると管理も大変に

持ち物が多いとそれだけ管理が困難になってきます。鞄一つとっても、色・形・用途でたくさん所持している人もいるかもしれません。TPOに合わせたファッションは大切ですし、それをむやみに削る必要もないです。ですが、同じようなモノをブランド違いで持ったり、新作が出たからといって毎度購入するのは無駄なモノが増える原因になってしまいます。部屋が広ければ保管する場所には困らないですが、収納したあとにどこに何を片付けたのかわからなくなってしまうこともあるのです。そのため、クローゼットの奥にしまい込んでいた小物を再度購入してしまったり、似たようなデザインの服を買ってしまったりすることも少なくありません。

記憶力に自信があるからといっても同じものを購入してしまう可能性はゼロではないのです。

値段よりも自分が気に入って長く使えるかどうか

100均でどのようなものでも格安で手に入るため、そこまで必要ではなかったとしても購入してしまう人も多くいます。もちろん、悪いことではありませんし、しっかりと用途を考えて購入できるのであれば良いでしょう。しかし、その場しのぎのためだけに購入して、あとから捨てるのであれば最初からしっかりと考えて良いものを長く使う方が良いのではないでしょうか。

自分でリメイクして使うのであれば愛着も湧いて長く利用するかもしれません。そういう感覚ではなく、どうせすぐに捨てるからといった感覚でものを買うのは不要なものが増えてしまう要因になります。服や小物も同様で、「とりあえず、今をしのぎたいから」という理由で適当に購入し、一度や二度使いその後はまったく使わなくなったものが多い人は考え直した方が良いです。不要なものばかり増えて、部屋の中がそれらで溢れているのでは? 不要なものが多ければ多いほど、持ち物の管理が困難になってしまいます。

そうなるくらいなら、自分が気に入ったものをほんの少し所持しているだけの方がスッキリしますし、もので溢れかえってゴチャゴチャとした印象を持たれなくなります。

デキる男性は持ち物や部屋の中もこだわりがある

自分のこだわりをもち、気に入ったものだけを周囲に置いている男性は、スタイリッシュな印象もありますし、部屋に招待された際にも良いイメージを持ちます。リビングだけが綺麗に整頓されているのではなく、どの部屋でも不要なものがなく自分が気に入ったものしかない生活は、とても気持ちの良いものです。

いるものもいらないものも捨てるのではなく、不要なものを捨て、必要なものだけ取っておく。気に入ったモノをずっと大切にする。それだけで生活は潤います。わざわざ捨てるかもしれないものを購入する必要はありません。流行に乗ったからといってそれを誰かに評価してもらう人ではないのですから、自分の生活くらい自分の好きにするのが良いでしょう。

お気に入りのモノに溢れた生活は、精神的な豊かさに繋がります。誰かに干渉されず好きなものと暮らすのはとても幸せです。そんな暮らしができると余裕が生まれてきます。

私生活に余裕が生まれると、仕事面でも気持ちに幅ができます。それはいつしかデキる男性として評価されるかもしれません。些細なことですが、デキる男性を目指す第一歩として、自分が気に入ったものを長く使い、それ以外の不要なものには手を出さない生活をはじめてみませんか?

さいごに

お気に入りのモノに溢れた生活は、幸せです。しかし、お気に入りが多い場合はランキングを作り上位何位までと決めると良いでしょう。お気に入りが100あればそれに溢れたいと考えるかもしれません。そうなってしまうとモノに対する愛情が薄れてしまいます。それはこだわりではなくなってしまうのです。そうならないために、お気に入りは3つまで、など自分でルールづけた上で、購入すると良いでしょう。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す