贈りたい♡ 初デートでプレゼントしたい男性が引かれることなく女性に渡せる方法とは?

贈りたい♡ 初デートでプレゼントしたい男性が引かれることなく女性に渡せる方法とは?

初デートでプレゼントしたい♡ という男性、けっこういるようですね。複数の20代後半から30代前半の男性たちとこんな話題で盛り上がったことでわかりました。

惚れ込んでいる女性との初デート。よろこんでもらいたくてプレゼントしたい。初デートの記念になるものを贈りたい。そんな気持ちがあるようです。告白して付き合うことになってからのデートならまだしも、アプローチしている女性との初デートだったら、プレゼントしたくてもできないのだそう。初デートでプレゼントして引かれないだろうか? と不安になって結局のところ贈れないといいます。

そこで今回は、初デートでプレゼントしたい男性のために、引かれることなく女性にプレゼントを渡せる方法をご紹介します。

やっぱりナチュラルだよね。 一緒に買い物してプレゼント

やっぱり、自然な成り行きなのが、一緒に買い物してプレゼント。初デートの思い出にもなるはずです。一緒に買い物してプレゼントするのであれば、およそパターンはふたつになります。

まずは、女性がほしそうにしていたものを購入してプレゼントするパターン。例えば、立ち寄ったコスメショップで女性が気に入った様子をみせていたボディーソープ。とりあえず、今日はいいかな……と売り場に戻したのなら、ぜひ購入してあげてください。できるだけ女性に気付かれないのがポイント。彼女がトイレにいっているとき、他のショップをみているときがタイミングです。素早く購入しましょう。

もうひとつのパターンは、おそろいで購入するというもの。ユニセックスデザインのもの。ユニセックスのリュックサック、ブランドスニーカー、限定デザインのパーカーなんてどうでしょう。ペアルックアイテムは抵抗がある女性もいるので、女性の意見をうかがってくださいね。

おそろいで購入しやすいのは、男性女性関係なく活用できるスキンケア用品、あるいはふたりとも試食して気に入った飲み物・食べ物、どんなお部屋にもマッチするインタリアアイテム、普段から使えそうな雑貨などでしょう。

待ち合わせしたときにプレゼントしてしまう

初デートで待ち合わせしたときにプレゼントするのもアリです。「今日は、デートにきてくれてありがとう」とプレゼントしましょう。あれこれ悩んでもしかたがありません。プレゼントしたいからプレゼントする。素直にプレゼントされたら、女性も気持ちよく受け取れます。

待ち合わせしたときにプレゼントしないと、タイミングがなくなって持って帰ってしまうなんてことも……渡しにくいという気持ちがあるのなら、あえて最初に渡してしまったほうがいいかもしれません。

初デートでこんなプレゼントはNG!

初デートでこんなプレゼントはNGというものをご紹介します。プレゼントしたまではいいですが、プレゼントしたものがきっかけでがっかりされたくないもの。きちんと下調べしておきましょう。

  • 高級すぎるもの
  • (値段に関係なく)アクセサリー
  • 他人からもらったもの
  • 趣味・趣向がわからないとプレゼントできないもの

それぞれのNGプレゼントについてみていきましょう。

重たい……。 高級すぎるもの

こんなプレゼントはNGです。高級すぎるものは初デートでは重たすぎます。いくら男性に所得があっても女性にとっては手放しでよろこべません。

初デートでアクセサリーは時期尚早

また、値段に関係なくアクセサリーも避けるべきです。付き合ってすぐにプレゼントするものではありません。付き合ってから、誕生日であったりクリスマスであったり、特別な日にプレゼントするようにしましょう。

いらないものだから! は女性に失礼すぎる

他人からもらったものそのままプレゼント……なんて論外! 未開封であっても失礼すぎます。懸賞品なんかも女性の反感を買うだけです。気取らずに渡せるからといって、絶対にプレゼントしてはいけません。

趣味・趣向がわからないとプレゼントできないなら避けたほうがいい

趣味・趣向がわからないとプレゼントできないものもありますよね。嗜好品は好き嫌いがあります。赤ワインは好きじゃない。コーヒーが飲めないという女性だっています。趣味に関係するプレゼントも、相手の趣味が知っていてはじめてできるもの。自分の趣味を押し付けるようなプレゼントはよくありません。

どんなものだったらよろこんでくれるのか、愛しているのならきっとわかるはずです。

さいごに

絶対にとはいえませんが、初デートに応じてくれたということは、ある程度は脈アリだということ。女性にとって負担になるものでなければ、プレゼントしたってかまいません。もらってうれしいもの、気持ちよく受け取れるものであることを心がけましょう。ふたりの関係がうまくいけば、きっと忘れられない思い出の品になるはずです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す