世界中のセレブが集う砂漠の桃源郷ドバイの魅力を徹底分析

世界中のセレブが集う砂漠の桃源郷ドバイの魅力を徹底分析

嘗ては、日本のIT長者の定番投資先とも言われたドバイ。一時より投資熱は冷めたとはいえ、イスラム圏屈指のメトロポリタンと言う地位は揺るぎません。そこで、大型連休に多くの富裕層が好んで訪れる”砂漠の桃源郷ドバイ”の魅力を徹底分析してみたいと思います。

ドバイの基礎知識

アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つでドバイ首長国の首都。アラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置するアラブ首長国連邦第2の中心都市である。人口は約244万人(2016年調べ)。中東屈指の金融センターで、21世紀に入ってから多くの超高層ビルや巨大ショッピングモールを含む大型プロジェクトが建設され世界的な観光都市として定着。

ドバイのガバナンス

首長はムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム。アラブ首長国連邦の副大統領と首相も兼任しています。他の連邦首都がいくつかの市によって構成されているのに対し、ドバイはドバイ市のみで行政機能を構成。対外的には都市国家として認識されています。但し、首長の他に市長が置かれ、主に民政を担当しています。

現在にいたるドバイの沿革

漁業や真珠の輸出を産業の主とする小さな漁村に、マクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。これに伴いドバイ首長国が建国され、現代に至るドバイの歴史が開始することになります。その後、1853年にイギリスの保護国となりました。1966年のドバイ沖の海底油田の発見が近代国家への変貌に大きく寄与。1981年(1985年)に開設に至った「ジュベル・アリ・フリーゾーン」 (JAFZ)という名の経済特区と大型港湾、およびナショナル・フラッグ・キャリアとしてのエミレーツ航空の就航開始が国際都市として認知される端緒となります。21世紀初頭には、中東における貿易・商業の最大の中心地と呼ばれるまでのメトロポリスに変貌。経済の石油依存率は半分以下に減じ、GDPの伸びは30倍に達するなど、「中世から近代への急変」と言われる程の激変を遂げます。2005年度の経済成長率は16%と高い成長率。続く07年の実質GDPは約6兆円に達しました。

ドバイ・ショック(2009)

2009年11月に、ドバイ政府が欧米系の金融機関に対して、政府系不動産開発会社の債務約590億ドルについて支払い猶予を求めると発表。ユーロが大量に売られるなど「ドバイ・ショック」と呼ばれる事態に陥りました。但し、その後挽回し、2017年に発表された世界都市ランキングでは世界28位の都市と評価され中東域内では首位を堅持しています。

ドバイの動態分析

面積はアラブ首長国連邦の構成7首長国中第2位にあたる約3,885km2。北はシャールジャ首長国・南はアブダビ首長国・東はオマーン国に接します。

人口

2016年1月時点で2,440,350人。但し、人口の半数はインド・バングラデシュ・フィリピンなどから来た出稼ぎ労働者と言われています。

公用語・宗教および食事

出典:DeNAトラベル

国語はアラビア語で国教はイスラム教。但し、上記の通り外国人労働者が多いため、他国と比して服装や食事に対する制約は少ない。飲酒は、警察署発行許可書があれば、市中で購入可能。外国人が多く宿泊するホテルでは、ほぼ飲酒可能となっています。

気候

亜熱帯気候にして夏冬の二季。夏季には、気温が50℃近くに達することもあり、雨が全く降らないにも関わらず、しばしば100%の湿度が観測されます。冬季の平均気温は20度前後で非常にすごしやすく、観光業においてはハイシーズンです。

日本との交通

出典:Flight Linerニュース

エミレーツ航空がドバイ国際空港と、関西国際空港、成田国際空港、東京国際空港の間に1日1便ずつ直行便を日本航空とのコードシェアにより運航。所要時間は、直行便で11〜12時間で到着します。

ドバイ国際空港

出典:Depositphotos

エミレーツ航空の拠点であり、経済成長著しいドバイの玄関口として世界各地と連結。

ドバイの観光スポット

中東の最進化都市であるドバイには、数多の観光スポットが存在しますがその中から厳選のスポットをご紹介します。

ジュメイラビーチ地区

出典:My way tourism

人工島である同地区には、複数の高層建築群が存在します。ザ・ワールド・ジュメイラ・アイランズ・ドバイウォーターフロント・ジュメイラ・レイク・タワーズ・ドバイ・マリタイム・シティ・ドバイ・メディア・シティ・ドバイマリーナや砂漠の人工スキー場であるスキー・ドバイなど多数ありますが、下記の2件に絞り詳述します。

ブルジュ・アル・アラブ

出典:Jumeirah

世界最高級の高層ホテル

パーム・アイランド

出典:4travel.jp

ドバイ沖合いに造られた人工島群。全てヤシの木(パーム・ツリー)を模しており、この名を冠しています。

ドバイ・クリーク地区

出典:Dubai Luxury Walker

インドやパキスタン等からの商人が集う交易の中心地だが、多くの観光客も集います。スパイス・スーク・ゴールド・スーク・テキスタイルーク・アル・バスタキヤ歴史地区などが、川沿いに点在します。

ブルジュ・ハリーファ

出典:knightfrank

様々なメディアで紹介され尽くした2010年に完成の世界一高い高層ビルです。

メイダン競馬場

出典:公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル

高額賞金で有名な国際G1ドバイワールドカップ等が開かれる競馬場です。競馬は開催されているが、イスラム教でギャンブルは禁止されているので、国内で馬券の発売はなされていません。なお、JRAは独自オッズでドバイワールドカップの馬券を販売しています。

ショピングモール

出典:imgcop.com

50を超える規模大小のショッピングモールが存在されるとされていますが、その中で代表的なものをご紹介いたします。

ドバイ・モール

出典:Youtube

2008年10月30日に、世界最大のショッピングモールとして開業。1200以上ものファッション、飲食、エンターテイメント店舗が軒を連ねます。

アミューズメントパーク

ユニバーサルスタジオ・ドバイランド、ドリームワークス・スタジオ・テーマパーク及びアミューズメント・パークがテナントとなるドバイランドが有名です。

ドバイランド

出典:Yahoo.com

世界最大のテーマパークおよびエンターテインメント施設。建設予算は約50億ドル(約5850億円)。敷地の総面積は現在世界最大の面積を誇るテーマパーク、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの2倍相当です。ドバイ国際空港からのアクセスは10分弱。

出典:wontra.com

 

 

 

 

 

 

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す