バブアーを買うならこれ!ビデイル vs ビューフォートを徹底比較

バブアーを買うならこれ!ビデイル vs ビューフォートを徹底比較

男性なら知っておきたい、そして一着は持っておきたいアウターといえばBarbour(バブアー)
今回は、言わずと知れたブランドでありオイルドジャケットの代表格でもあるバブアーにフィーチャーし、バブアー未開拓の男性陣やバブアーファンに向けて、ブランド誕生の背景と人気アイテムついてお届けします。

一生もののオイルドジャケットBarbour(バブアー)とは

一生もののオイルドジャケットBarbour(バブアー)とは

オイルドジャケットは、別名でワックスドコットンとも呼ばれます。この生地が生まれたのはイギリス。

オイルドジャケットは当時、漁師から軍隊、王族や貴族に至るまでほぼ全ての英国紳士の需要を満たしたそう。そして今もなお、イギリス北東部サウスシールズという港町にお店を構えています。そのお店がバブアーというわけです。

オイルドジャケットとは、一般的には生地の表面に油を塗り込み、表面に光沢や防水性や保温性をもたせた頑丈なジャケットです。価格はどちかというと高額な商品ですが、しっかりした作りによる本物志向のアウターで、正しい着用を心がければ長年楽しむことが出来ます。
引用:東京都クリーニング生活衛生同業組合

バブアー誕生の背景と現代に引き継がれる名品

バブアー誕生の背景と現代に引き継がれる名品

1894年にJohn Barbour ジョン・バブアー氏によって誕生したバブアー。

北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者に向けて、ワックスで生地をコーティングし、防水や防風機能を実現させた「ワックスドクロス」を提供したことがバブアーの始まり。

耐久性が高いワックスドジャケットは、創業当時から現在に至るまで、バブアーの名品として知られています。

人気のビューフォート

詳細はこちら

小さな港町の防水衣料としてバブアー氏が行商

サウスシールズ

北海を中心とした漁場では当時、タラとニシン漁が盛んに行われていたそう。荒れ狂う極寒の海に出て行く漁師たちの身を守るためにジョン・バブアー氏が提供していたオイルドジャケット。

その後、農家の人や牛乳を買い集めるミルクマンの人たちの目にも止まり、徐々にバブアーの名が知れ渡ります。炭鉱夫や林業に関わる人たちからも重宝され、気が付けばオイルドジャケットは、サウスシールズに欠かせないアイテムの一つになりました。

コットン製の生地の上にオイルを何層にも塗りかさねて仕上げるオイルドジャケットは当初、北海で水揚げの多かったタラの肝油だったといいます。ただし、防水性には優れるもののとんでもない悪臭だったんだとか。

オイルドジャケットはオイルが決め手⁈

オイルドジャケットはオイルが決め手⁈

では、現在使用されているオイルは何なのか? 気になるところですが、残念ながら企業秘密。

なにはともあれ、防水性や丈夫さに優れたジャケットだということだけはお分かりいただけたと思います。

ブランド誕生の歴史はこの辺にして、ここからはバブアーの人気アイテムについてまとめます。

ビデイル  vs ビューフォート徹底比較

ビデイル

Barbour BEDALE

どちらもバブアーの人気アイテム。このどっちを買うべきか?悩む男性は少なくないと思います。似て非なるこの2アイテム。それぞれで何が違うのか?を見ていきましょう。

ビデイルとビューフォートの共通点

一見しただけでは違いが分かりにくいこの二つ。ゆえに共通点もあります。

  • ともにオイルドジャケット
  • 裏地がバブアータータンチェック
  • 襟はコーデュロイ
  • ライナーの取り付け可

ビデイルとビューフォートの違い

  1. 裏地が違う
  2. 着丈が違う
  3. ポケットが違う
  4. 袖が違う

1. 裏地で比較

どちらのアイテムも裏地は同じタータンチェックですが、違うはそのつき方にあります。
ビデイルは下側のほうが無地のナイロン、ビューフォートは裾までタータンチェックです。

2. 着丈で比較

ビデイルに比べ、ビューフォートの方が着丈は長くなります。

サイズ36の場合、ビデイルはお尻がちょうど隠れるくらいの長さに対し、ビューフォートは太ももの真ん中あたりまでの長さがあります。身幅もビューフォートのほうがゆったりしています。

3. ポケットで比較

どちらのアイテムにもポケットは複数ありますが、ビューフォートにはあってビデイルにはないポケットがゲームポケット。ジャケットの後ろ側・下のほうについています。

元々、ハンティング用に作られたジャケットのため、普段使いするにはあまり必要のないポケットに思えますが、とても大きいので何かと使えて便利です。

4. 袖口で比較

ビデイルは二重の袖口かつリブニット。風を通しにくい造りになっています。一方、ビューフォートはナイロン製のライナーが二重になっている造り。マジックテープもついており、袖口の調整が出来るようになっています。

決め手は着丈と見た目の印象

デザイン自体はそれほど大きく変わらない二つのモデルですが、着丈が違えば着用時の印象は大きく変わります。

身長・体格に合わせるのはもちろん、中に着るインナーとの相性や、羽織ったときの感覚を比べて、一生もののオイルドジャケットを手に入れてくださいね!

<関連記事>バブアーに合わせたい!モスコットおすすめ5選も合わせてどうぞ▽

芸能人も多数愛用のアイウェア。MOSCOT モスコットおすすめ5選

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す