アスレジャーにはイージーパンツがおすすめ!2019一押しのブランドアイテムとは?

アスレジャーにはイージーパンツがおすすめ!2019一押しのブランドアイテムとは?

ノームコアに続くネクストブレイクとしてトレンド化したアスレジャーは、2019年も引き続き人気のスタイル。というより、もはや定番化しつつあるのかも⁈

アスレジャーとは

アスレジャーコーデ メンズ パンツ

出典:TASCLAP

アスレジャーコーデ

出典:WEAR

2017年頃に誕生したアスレジャーアスレジャーはアスレチックとレジャーを組み合わせた造語です。

アスレジャーを一言で表すと、スポーツウェアを普段着に取り入れたスタイル。スポーツミックスよりもスポーティで、スポーツブランドの本格的なウェアやシューズをコーディネートに組み込むのが特徴です。引用:SHIPS MAG

カジュアルで動きやすい&気楽でリラックス感がある。これがアスレジャーの良さ。とはいえ、ただ単にスポーティーなだけでは「おしゃん」ではありません。そこで今回は、オトナの男性が着こなすべきアスレジャーブランド&アスレジャーアイテムを一挙にご紹介します。

アスレジャーコーデ メンズ

出典:WEAR

パタゴニア再燃はアスレジャーの影響⁈

前述したように「スポーツウェアを普段着に取り入れたスタイル=アスレジャー」の影響か、「パタゴニア率、高くない?」そんなふうに感じる近頃の業界人ファッション。今や数多あるアウトドアブランドの中で、密かに再燃しつつあるのがパタゴニアです。

絶妙な色使いや機能性の高さから、もともとファンの多いブランドではあるものの、定番というイメージが強いゆえ今になってまたブームを巻き起こすとは!さらに、ヴィンテージ市場でも人気が増しているんだとか。発売当初は注目されなかったアイテムが今になってアツイらしい。

昨今の ’90sトレンドも追い風ですよね。41歳男性

パタゴニアはいい意味でデザインがハイテク過ぎない。環境問題や寄付活動にも精力的に取り組んでいる企業姿勢にも共感 40歳男性

アスレジャーに合うパタゴニア

出典:patagonia

おすすめアイテムは、名作フリースがナイロン化されたこの「フーディニ・スナップT・プルオーバー」。超軽量・薄手で撥水加工もされています。普段着はもちろん、アウトドアシーンにも使える一着。

アスレジャーコーデに合わせたい万能イージーパンツ4選

ノンネイティブ イージーパンツ

出典:Transistor

先ずはじめに、アスレジャーコーデに合わせるボトムスは、必ず「細身」をチョイスしましょう。今季おすすめなのが NONNATIVE(ノンネイティブ)のアルピニストイージーパンツ。

ノンネイティブのパンツはシルエットがとにかく美しい。ゆえにファンが多いブランドです。このアルピニスト イージーパンツも発売早々大人気。

腰回り&太ももには少し余裕がありますが、膝下からは細くなるテーパードな作り。ストレッチが効いているため、細身でも動きやすいのが、人気の理由です。

おすすめ1. MONCLER(モンクレール)

シャカシャカとした張り合いのある風合い(ナイロンツイル素材)が特徴のナイロンパンツ。ウエストと袖口はゴムシャーリング仕様のため伸縮性があります。ポケット部分の白ラインがワンポイント!穿きやすいと評判です。

詳細はこちら

おすすめ2. DENHAM(デンハム)

ウエストがドローストリングになったコンフォートな着心地のイージーパンツです。通気性も兼ね備えた6OZのテクニカルナイロンストレッチを使用、裾に向かって絞られたキャロットフィットが自然なシルエットを印象付けます。バックポケット上部に、デンハムおなじみのシザーの刺繍あり。

詳細はこちら

おすすめ3. SOUTH2 WEST8(サウス2 ウエスト8)

ウエストに小さなジップポケットを備えた、シンプルなデザインのサイクルパンツです。ストレッチ性に富んだストレスのないスムーズな履き心地が最大の魅力。シルエットは脚のラインに近い細めのテーパード。ショートパンツなどどのレイヤードも可能です。

詳細はこちら

おすすめ4. ATTACHMENT(アタッチメント)

出典:ZOZOTOWN

程良いゆとりのある細身テーパードのため、どんなトップスにも合わせやすいのが特徴のイージーパンツ。さらっとした肌触りなので、夏にオススメの一本です。

詳細はこちら

アスレジャーコーデにはスウェットパンツも合う

出典:WEAR

オフの日の楽チンパンツといえばスウェット。ただし、下手をするとオヤジ臭い&だらしないアイテムの代表格でもあるので、ほんのり品よくオトナの男性らしく着こなすには、綺麗目なデザインを狙うしかありません。例えば STONE ISLAND ストーン アイランドのスウェットカーゴ。

ストーンアイランドのスウェットパンツ

出典:FARFETCH

短めの裏毛生地で細身のシルエットなのが◎です。

 詳細はこちら

おすすめは WIND AND SEA(ウィンダンシー)

熊谷隆志

出典:HOUYHNHNM

続いてプッシュしたいのが、あの熊谷隆志さんによるカジュアルブランドWIND AND SEA(ウィンダンシー)。

「90 年代、カルチャーはストリートから生まれてきた。インターネットが今ほど普及していない“あの時代”、ストリートが情報交換、カルチャーの発祥地であった。あれから20年以上の時が経ち改めてストリートへのオマージュを込めたウェア、WIND AND SEA。」

遊び心あるスウェットをオトナ仕様で着こなす。これが今の新カルチャー。ストリート感満載にするよりも、ホワイトシャツを合わせてみたり、ライダースを羽織ってみるのもいいんじゃないかと。

WIND AND SEA スウェットパンツ

アスレジャーコーデに取り入れたいおすすめブランド4選

1. STILL BY HAND(スティルバイハンド)

おすすめアイテムはくるぶし丈 のチノパン

出典:STILL BY HAND

普通に見えて普通じゃないスティル バイ ハンドのチノパン。これ、くるぶし丈なんです。ここがミソ。ダボダボゆるゆるなんてもう古い。アスレジャーには今どきシルエットをお忘れなく。これぞ、ハイテクスニーカーが映える丈感です!

2. nanamica(ナナミカ)

これこそがアーバンアウトドア。高感度な男性が集まる代官山の人気ショップナナミカ。

今春スタートのNANAMICAN GRAFFITIがおすすめ

nanamicaの新レーベル

出典:nanamica

2019年・春からスタートするというナナミカの新レーベル「NANAMICAN GRAFFITI」。ナナミカの落書きとう名のとおり、グラフィカルな要素をスポーツアイテムに落としこんだデザインが特徴。今季要注目!

出典:nanamica

3. COMFY OUTDOOR GARMENTS(コンフィーアウトドアガーメント)

出典:ZOZOTOWN

1915年シアトル生まれのブランド「COMFY OUTDOOR GARMENTS(コンフィーアウトドアガーメント)」。一度、消滅したものの近年復活。

おすすめは高機能ベスト

ダウンベストもいいですが……どうせなら人とは違うこんなアイテムを!

フィッシングベスト+ハンティングベスト=ハンティシュ
フィッシングベストとハンティングベストのディテールを組み合わせた
COMFY OUTDOOR GARMENT の代名詞モデル。引用:LOSTHILLS

4. MOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア)

サンフランシスコ生まれのアウトドアギアメーカーMOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア)からは、ガチなアイテムを推薦。

ゴアテックスパックライトジャケットがおすすめ

 詳細はこちら

防水・防風機能にくわえ、ゴアテックスという最強アウター。軽量で柔らかいので日常使いにも◎です。ホワイトとオリーブのバイカラーという点もポイント!

おわりに

アイウェアやキャップもアスレジャーコーデには欠かせないアイテムのはず。こちらも合わせてチェックしてくださいね!

<関連記事>メンズにおすすめのおしゃれメガネブランド10選

メンズにおすすめのアイウェア特集。おしゃれメガネブランド10選

<関連記事>メンズ帽子の種類とおすすめコーデ集はこちらへ▽

ニットにキャップ、ハットまで。メンズ帽子の種類とおすすめコーデのポイント集

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す