若い世代に嫌われる、ダメ上司にならないために

若い世代に嫌われる、ダメ上司にならないために

会社でも重要なポジションについたり、新しく部下を任されるようになるなど、仕事の上でも働き盛り真っ盛り。

理想的な上司になるために、あれこれ頑張ってみたものの、実は害悪な存在になり果ててしまうなんてこともよくある話です。

自分が職場で害になっているという事はほとんどの人は自覚していません。

職場を壊し、乱すような存在にならないために、少し立ち止まってご自分のことをよく分析してみましょう。

若い部下に嫌われる、特に害がある上司のパターンとは

 

特に上司にしたくないと思われる存在には、以下のパターンがあります。

  • すぐに感情的になる「激情型上司」
  • 手柄を取り上げる「マイクロマネジメント上司」

それぞれどのような状態なのかについてご紹介いたします。

また自分がそれに当てはまらないかどうか、確認もしてみましょう。

激情型の上司になっていないかのチェック項目

  • 人の好き嫌いを仕事上に持ってくる
  • 自分への批判や反論に対して冷静に対応できない
  • 気にくわないと、人や物に当たりちらす
  • 過去の失敗、ミスなどを指摘し続ける

このような項目に1つでもチェックが入ると、貴方は嫌われる激情型の上司になりやすい性質を持っています。

人の好き嫌いが激しいため、仕事上でも気に入る人間と気に入らない人間とを分けて接してしまいます。また感情に振り回されやすいので、プライベートでのイライラを相手にあぶつけたり、仕事をするうえでの切り分けができません。

常に部下を支配したいと考えてしまい、気に入らない事、反論があると激情に駆られて叱責してしまいます。

パワハラになりやすいとも言えます。このような上司になってしまうと会社やチームにとって老害認定をされてしまうような嫌われ者になっていくでしょう。

部下の仕事を横取り、タイプになっていないかチェック項目

  • 部下に仕事を任せるには不安
  • 常に自分が部下の仕事をマネジメントしていないと気が済まない
  • 自分の成功や武勇伝をよく自慢してしまう
  • 体調不良でも仕事をするのが美徳、部下にもそれを求めたい

仕事をするうえで、一番部下が嫌がるのが、仕事を任されない事と、任された仕事を自分の手柄として取り上げられる事です。

この2点は非常にストレスを与える行為ですが、無自覚な上司は非常に多いのが現実です。

部下のする仕事を信用できないと感じたり、任せた仕事も最終的には自分でチェックをしてやり直したり、このようなマネジメントを「マイクロマネジメント」と言い、部下は信用されていないと感じてやる気を失います。

上司の仕事は、部下をサポートして部下が仕事をしやすくする環境を整える事です。

部下の仕事を取り上げたり、部下を信用せずに自分だけで仕事をしたりする行動は、職場の害悪となってしまいます。

どうすれば嫌な上司にならいないかの工夫とは

激情型上司のチェックが多い人は

激情型の上司になってしまう方は感情のコントロールが苦手です。そのことをまず気が付き、自覚する事で改善への道は開けます。

例えばカッと感情が爆発したとき、今まではその感情に任せて言葉を発していたのならば、まずは何かを異う前に深呼吸をしたり、3秒数えて間を置く事を心がけましょう。

まずは部下の言い分を聞いたり、話したりすることが重要です。そのためには感情に任せて部下を怒鳴りつけたり、無視をしたりするのはやめましょう。

自分の性格を自覚する事で、コントロールする方法を学んでいく事はできます。まずは自分の性格を自覚する事、その事から初めていきましょう。

部下の仕事を横取り、マイクロマネジメントにチェックが多い人は

まずは自分だけが仕事ができるという幻想を捨てる事からすべては始まります。

また自分の立場が、上司だから仕事ができる立場であるという考えも捨てましょう。

上司の仕事は部下を育成する事、部下の失敗をフォローする事、この2点です。

自己承認欲求が高いために、部下の仕事を横取りしたり、仕事で成功したら手柄を奪ったりしたくなるのです。

しかし、貴方の部下が成功すれば、それは貴方の評価になる事です。

部下に手柄を立てさせる事が、貴方の上司としての地位を脅かす事ではないと知りましょう。

嫌な上司にならないためには、人の振り見て我がふり直せを

若いころ身近にいた嫌な上司がいた事を思い出しましょう。

一番の近道は、自分が若いころにされて不満に感じた事、嫌だった事を反面教師とする事です。

自分が若いころに上司にマイクロマネジメントをされて嫌だだったなら、自分が部下を持つときにはある程度部下を信頼して任せる事にしてみましょう。

また、自分が若いころに感情のまま怒鳴り散らす上司に嫌な思いをしたのであれば、自分は常にフラットに感情を保ち、仕事上で人間の好き嫌いを持ち込む事はやめましょう。

自分が職場でいやな上司になり果てないためには、常に回りの環境から学んでいく姿勢が大切です。

人の振り見て我が振り直せということわざの通り、会社での人間関係はたとえ嫌な事があったとしても、自分がそのような人間に陥らないための反面教師としてその存在を利用していきましょう。

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す