実は隠しきれていない男の下心、初デートではNGな理由

実は隠しきれていない男の下心、初デートではNGな理由

婚活や、出会いの場や、友人から紹介された女性と初めてデートをするとき、これから関係が発展していくかどうかはお互いのフィーリングや相性も重要です。

ですが、モテない男性というのはせっかくの出会いのチャンスを有効に活用できません。

いままで、友人から女性を紹介されてもデートが続かなかったり、婚活でも惨敗続きという男性は、ご自分でも自覚のないモテない男がするような行動をしてしまっている可能性があります。

女性からまた会いたいと思わせられるような、人間的な魅力を男性になっていくために、外見を磨く努力も重要ですが、やはり大切なのは「誠実さ」と「大人としての落ち着き」がそろそろ30代男性には必要です。

どんなに自分が相手の女性を気に入っても、30代を過ぎた男性に対して女性が求めるのは、大人としての立ち振る舞いや余裕であったりします。

そのため、年相応にこなれた振る舞いや、大人の男として女性をエスコートできなくては、女性から見たら「いい年した大人なのに」なんて思われてしまう場合もあるのです。

そして、30代以降の大人の男性として最大限気を付けたいのが、女性に対しての下心の振る舞いです。

初デートをしたときに、貴方の視線、雰囲気、デートコース、あらゆる点で貴方が相手女性に対して下心を隠しきれていないと、残念な男としてモテない男になってしまうのです。

初デートで下心はNG? 女性は男性の下心に敏感

まずは気になっている意中の女性と、今後関係を発展させていくためには一番重要なのが相手の女性の信頼を勝ち取る事です。

信頼というのは、遊び目的ではない真剣な恋愛や、貴方が既婚者で不倫を持ち掛けているのではない事などが含まれます。

20代のころのような若い世代の恋愛と違い、30代以降の恋愛においては相手が既婚者かどうかを女性は非常に気にするため、貴方が既婚者ではなく独身かどうか、遊びの不倫目的じゃないかどうかという観点で貴方を吟味するのです。

なぜ女性がこのように疑心暗鬼になるかというと、20代後半から30代にかけての女性の多くは、既婚者男性から言い寄られる経験をする人が多く、また真剣な恋愛の出会いの場においても既婚者が紛れ込んで体の関係だけを目当てにした遊び目的の被害にあう女性が多いからです。

そのために、大人の節度のある女性はまず相手である貴方が既婚者か、未婚者かという事を重要な判断項目として恋愛対象になりえるのか信頼できるのか、気にしているのです。

最初から遊び目的の女性であったとしても、問題やトラブルになりやすい既婚者との不倫は好みません。

そのため、出会いの場で知り合った女性と初めてデートをするときには、貴方は相手の女性に信頼をしてもらえるために誠実に振る舞う事がまず第一前提として重要なのです。

しかしここでモテない男性がやってしまいがちな失敗として、下心を抑えきれずに勇み足をしてしまう事です。

その振る舞いは女性からすると、体目当てだけの既婚者男性からの不倫のお誘いと同じように不信感を抱かせる事になってしまうのです。

どういう振る舞いが女性に下心を感じさせるのか?

それでは実際に、女性が男性に不信感を抱いてしまう下心を感じる振る舞いについてご紹介いたします。

初デートの時間指定が遅い時間からの開始

初デートなのに、デート待ち合わせ時間が夜の21時以降を指定する男性は、残念ながら女性からの信頼をこの時点で得られる事はできません。

21時以降のデートの場合、食事をした後の夜のホテルのお誘いを想像させたり、また相手の女性の終電を無くすための姑息な作為が感じられます。

実際仕事が忙しくて21時以降になってしまう、という場合だとしてもこのように女性に勘違いさせてしまう事から、初デート女性に対してこのような振る舞いは大人の男性としてはやってはいけません。

相手の女性への誠実さをアピールするのであれば、あまり夜の空気を感じさせない時間帯を意識しましょう。

カラオケなど密室に連れ込みたがる行動

また初デートで密室になるような場所は、いらぬ誤解を招くだけですので、遠慮するのが大人としての振る舞いです。

例えばカラオケや、漫画喫茶などのような、個室になる空間は初デートには向きません。個室の居酒屋も同様です。

このような場所は長く付き合っているカップルであれば問題ありませんが、ほぼ初対面の女性を連れていくにしては下心しか感じられないチョイスになります。

女性にとって、密室空間は緊張するものですし、あえて初デートでそこに連れていこうとする男性に誠実さは感じられません。

いきなり下の名前で、馴れ馴れしく呼びかける

物理的な距離のほかにも、心理的な距離感を間違ると、早急に仲良くなりたいというような「焦り」を感じ、それが下心のように捉えられてしまいます。

例えばいきなりデートで女性の下の名前を呼んだり、ちゃん付けをしたりするような距離の取り方です。

心理的に相手との距離を近づけるために、フレンドリーなつもりが女性からすると、急に距離を詰めてくる理由は下心があるからなのでは?とうがった見方をしたくなるものです。

心理的な距離を慌てて詰める行動も、大人の男性であれば慎むべきです。

30代以降の男性に対して女性が求めるのは、大人の男性としての落ち着いたふるまいです。

すぐに下心をにおわすような行動は、20代の若い男性であれば許されますが、30代以降ともなるとギラギラした悪い風にとらえられてしまう事も多いのです。

モテる男性になるためには、女性に下心があるのでは、と勘違いされないような行動を心がけましょう。

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す