【不名誉!】器が小さい男と言われていない? そんな男性に女性はときめかない!

【不名誉!】器が小さい男と言われていない? そんな男性に女性はときめかない!

器の小さい男…なんて言われるのはとても不名誉なことです。しかし、残念ながら器の小さい男は結構多いのをご存知でしょうか。女性からみて、「ちっちゃいな〜」と思ってしまうのはどのようなときか知ることによって、不名誉なあだ名をつけられなくてすみます。

器の小さい男になっていないかチェックしてみてください。

器の小さい男はどんな男?

器の小さい男と聞くといい印象は持ちません。もちろん、男としてそんなイメージを持たれないように気をつけている人もいるのではないでしょうか。ですが、女性の目はシビアで、少しでも器が小さそうと思ってしまうと、粗探しのように他にも器が小さい箇所がないか探してしまうのです。そうなってしまえば、その印象を覆すのは簡単なことではありません。女性から判断される前に、自分を振り返り器の小さい男性にならないように気をつけてください。

責任転嫁する

最終的には自分で選んだことにも関わらず、失敗したり、うまくいかなかったりした場合誰かのせいにしてしまう癖がある人は小さい男と思われてしまいます。そもそも責任転嫁してしまう時点で悪い印象しか与えません。ミスした原因をしっかりと受け止め、自分を成長させられる人は、人間的にも上へ行けますし同じようなミスをしなくなります。小さい男と思われないためだけではなく、自分自身が成長するためには、しっかりと受け止められるようにしなくてはなりません。

否定的になる

誰かが意見を言ったとき必要以上に否定的になっていませんか? 筋道立てて、違う理由がわかるように説明できるのであればわかりますが、自分の意見を通したい、自分に反対する人は除外しようとする男性はNGです。自分の意見とは反対だったとしても、相手の意見をしっかりと聞ける人は器が大きいと思われます。自分の価値観を相手に押し付けることが多い方は器が小さい男と思われがちなので気をつけてください。

ネガティブワードをよく発言する

自分が忙しい、疲れている、辛いなどと言ったネガティブワードが多い人もあまりよく思われません。特に自分がどれだけ辛いか、大変かをアピールすることが多いと、忙しい自分に酔っているのではと思います。また、そんな人に限って、自分には甘く他人には厳しいのです。

切羽詰まったときに他人にあたる

このタイプの人は特に小さい男と思われます。逆に切羽詰まったときこそ余裕ある発言ができる男性は、器が大きい、頼り甲斐のある男と思われるのです。

切羽詰まったときに、慌てるくらいであれば良いのですが、責任転嫁したり、誰かに当たったりする男性の姿を見ると女性はすぐにそっぽを向いてしまいます。

器の小さい男と思われないためには

できれば器の小さい男と思われないのが一番です。そのためには、余裕ある男性を演出するのが良いでしょう。しかし、余裕ある男性になりきろうと思い、空回りしてしまう可能性もあります。空回った結果、わざとらしくなってしまったり、本当は器が小さいのに無理したりしているのでは? と思われないようにしなくてはなりません。

無理をしない範囲で自分にできることをするのが一番です。

気持ちに余裕を持つようにする

やはり、一番は余裕があるかどうかが鍵になります。仕事でもプライベートでも、時間に余裕がある人ほど慌てませんし、どしっと構えています。その余裕は自分で作ろうと思えば作れます。例えば仕事で時間に余裕がないのであれば、それは時間をうまく使いこなせていないからでしょう。会社のスタイルにもよりますが、自分と同じ仕事量をこなしているのに別の人には余裕があるのであれば、その人は時間の使い方がうまく、自身はヘタなのです。

時間がたくさんあれば、気持ちに余裕ができるため、仕事の手順を変えたり、作業方法を変えたりすると良いでしょう。

ストレス発散方法をたくさん知っておく

器が小さいと思われる男性は、ストレスの発散が上手くいっていない可能性があります。ストレス発散が上手くできない→気持ちに余裕が生まれない→小さい男と思われるといった負のループになっています。こうなってしまうとなかなか自分で断ちきれなくなってしまいがちですが、そこをえい! と自分で気分転換してリセットするようにしてみてください。狭くなっていた視界が広くなれば、少しは変わってくるはずです。

視野が狭くなっていると良いこともよく思えなくなる

疲れていたり、時間がなかったり…働いている人であれば、ぶつかってしまう壁ではあります。しかし、それでも器が大きいと思われる男性は、自分を上手くコントロールしているのです。

自分を上手くコントロールすることで、周りがよく見えるようになり、現状を把握しやすくなりその結果どうすれば良いか冷静に考えられます。冷静に考えれば、器の小さい男と思われがちな行動を取ることもありません。

本来であれば周りをよく見ることができていたのに、ちょっとしたきっかけで周りが見えなくなってしまう場合もあります。そうなる前に自分をリセットして器の小さい男と思われないように心がけてみるのもよいでしょう。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す