【おみやげ】 出張に行ったら買ってほしい! 絶対女性に喜ばれるおみやげ〈福岡〉

【おみやげ】 出張に行ったら買ってほしい! 絶対女性に喜ばれるおみやげ〈福岡〉

九州エリアの最大都市である福岡に出張する機会がある男性もいるのではないでしょうか。福岡といえば、やっぱり「うまかもん」ですよね。博多もつ鍋を食べたり、博多ラーメンを食べたり……食べ物リストまでできあがっているのでは? もしかしたら、おみやげリストがまだ……なんてこともあるかもしれません。おいしいものがたくさんある福岡。いったい、どんなものが女性に喜ばれるのでしょう?

そこで今回は、福岡在住の女性ライターにアドバイスしてもらいながら、絶対女性に喜ばれる福岡のおみやげをご紹介します。

さくっとおさらい! 福岡ってこんなところ!

福岡は九州・アジアの玄関口といわれる国際都市です。福岡空港と北九州空港という空の玄関口、複数の空港は韓国・釜山の定期便がある海の玄関口になっています。九州新幹線も乗り入れており、陸の玄関口ともいえるでしょう。

東京からだったら、国内線で福岡空港にいけます。格安航空便でリーズナブルな空の旅が実現できるでしょう。福岡空港は市街地にあります。降り立つときに、住宅街のすぐ上を飛ぶスリルが味わえます。

福岡は玄界灘、響灘、周防灘、有明海に面しています。明太子、有明のりをはじめとした、おいしい海産物が有名です。また内陸では農産物の栽培がおこなわれています。福岡のあまおうというイチゴは全国的に知られています。

また、郷土料理・B級グルメがたくさんあります。代表的なものだけでも、博多ラーメン、博多水炊き、博多もつ鍋があげられます。そして福岡の食文化で語らずにはいられないのが屋台です。福岡ならではの屋台で、福岡グルメとお酒を堪能してみてはいかがでしょうか。

女性に喜ばれる福岡のおみやげ

おいしいものがたくさんある福岡には、女性に喜ばれるおみやげがたくさんあります。さっそく、福岡空港や博多駅で購入できる福岡のおみやげをご紹介します。

明太子 【やまや】

やまやの明太子はさっぱりとした味わいが特徴になっています。その秘密はほんのり香る柚子。明太子といえども味わいは千差万別。さっぱりしていてごはんとも相性がいいものがよければ、やまやの明太子が一押しです。

 

銘菓ひよ子 【ひよ子本舗吉野堂】

言わずと知れた、銘菓ひよ子……ちょっと待った! ひよ子は東京じゃないかと思った男性もいるでしょう。東北新幹線開通のとき、東京銘菓ひよ子として売り出したことで東京みやげと認識されるようになりましたが、生まれは福岡なんです。とはいうものの、福岡のひよ子は「株式会社ひよ子」、東京のひよ子は「株式会社東京ひよ子」と、製造会社は違っています。どちらもグループ企業で、どっちのひよ子も本物です。

博多ポテト 【二鶴堂】

女性受け抜群の「博多ポテト」は小包装になっているので、会社へのおみやげにもおすすめです。しっとりとした食感がおいしい焼きいものスイーツになっています。スイートポテトよりもすっきりとした甘さです。そのまま食べても、電子レンジで温めても、冷蔵庫で冷やしてもおいしくいただけます。

いちごいちご 【赤い風船】

画像:赤い風船

福岡の特産といえば……のあまおうを贅沢に使ったいちごいちご。あまおうのアーモンドクッキーでホワイトチョコを包んで焼き上げた、さくさく甘酸っぱいクッキーです。いちご柄のボックスもかわいくておすすめです。

めんべい 【福太郎】

もらったことある! という男性もいるのではないでしょうか。小包装で会社でも配りやすいめんべいは、博多の名物・明太子のおせんべいです。種類豊富なのも選んでいて楽しいポイント。スタンダードなプレーン、人気抜群のマヨネーズ、ちょっと変わりものでめんたいバター風味、焼きカレー風味などがあります。九州しょうゆ味は、いかにも福岡のおみやげらしくていいかもしれません。

くろ棒 【クロボー製菓】

黒糖の素朴な味わいがクセになるくろ棒。ドーナツのようなサクサクとした食感に、黒糖の優しい甘さが広がります。女性はもちろんのこと、お年寄りからこどもたちにまで大人気。幅広い世代へおみやげが必要なときにぴったりではないでしょうか。

博多通りもん 【明月堂】

画像:明月堂

福岡はまんじゅうの発祥地なんだそう。そんな福岡のおみやげとして人気のまんじゅうが博多通りもんです。ミルク風味の皮でまろやかな餡が丁寧に包まれています。モンドセレクション金賞受賞の、世界が認めた福岡のおみやげです。やさしい甘さは女性受けもいいはず。

福岡のおみやげまとめ

グルメな福岡にはおいしいおみやげがたくさんあります。今回は、女性受け抜群なものばかりピックアップしました。出張のおみやげにすれば、きっと女性スタッフが喜んでくれるはずです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す