女性不信…人妻なのに、寂しいと誘ってくる女性の心理って?《ケース2パターンで分析》

女性不信…人妻なのに、寂しいと誘ってくる女性の心理って?《ケース2パターンで分析》

そろそろ腰を落ち着けたい…そう思っても結婚に勇気が出ないのは男性の常。自由で居たいし、責任は負いたく無い、でも一人は嫌!そんな男性の心の叫びが聞こえてきそうです。

でももし、この女なら!と思えるような素敵な女性に出会えたなら、生涯一緒に居たいと思うでしょう。

そんな一生をかけて守らなきゃ!という相手に出会っても、なかなかうまくはいかないのが男女の関係。「嫁さん守るぞ」と思って仕事をバリバリこなしても、家で妻が不幸せな顔をしていたら…?他所で文句ばかり言われていたら…?他所の男性をつけ回していたら…?そりゃあ萎えますよね。

結婚したら大好きな彼女もこうなっちゃう?

独身男性から、こんなお話をいただきました。最近人妻と出会ったGさん。友人を介しての付き合いで、集団で顔を合わせる程度。みんなと飲む席の知人だったはずが…

女性不信です。最近知り合った女友達で、人妻がいます。全く恋愛対象ではなく、ただの飲み仲間でした。もちろん遊ぶ時は数人で。でも、ライン交換した途端「寂しい、旦那が冷たい、ご飯行こう」と誘ってくるようになりました。

ラインもけっこう無理やり交換させられたし…とにかく毎日誘ってくる。話を聞いても、旦那はいい人そうで、冷たい感じはしません。女って結婚したら皆こうなるんですかね。結婚に夢も希望もないじゃないですか。

その後誘われること数十回。友人を介してあの手この手で二人きりになろうとされたそうです。結局待ち伏せされて、旦那の愚痴を聞かされ、ホテルに連れ込まれそうになったとか。なんて積極的で情熱的!

すっかり女性不信になったGさん。彼女との将来に不安を感じてしまうように。男性ならラッキー!といただいてしまいそうなものですが。据え膳食わぬは…の感覚はもう古いのでしょうか?

妻も女なので浮気する女性も一定数存在する

 

身近な結婚している女性のそんな姿を見せられたら、確かに女性不信。夢も壊れてしまいますね。家族のために頑張って働いている間、その愛妻が他の男性に「寂しい寂しい」ってラインしていたら、気が気じゃない!

でも、結婚している女性全てが浮気をしたがるワケではありません。ご安心を。ですが、人妻だろうが浮気を試みる女性は存在します。これは否定出来ない事実。もし、一緒になりたい女性ができたら、妻も女だということを理解して結婚しましょう。

妻が寂しいと感じるケース2パターン

たった一人で家に居て孤独と勘違いしてしまったケース

もし専業主婦になって仕事も辞めて、子供はまだ居なくて…暇な毎日を過ごしているとしたら?確かに刺激が欲しくなるかもしれません。

新婚1年の妊婦の女性。彼女は結婚して、本当は働きたかったけれど、男性側の強い希望で退職。子供が出来るまで一人で家に居る事が辛かったと言います。

 「今までずっと働いていたから、家にひとりで居て家事ばかりしていると、自分がとても孤独に感じました。このままずっと孤独のまま人生が終わるのかも…とか、どんどん暗いほうに考えが動いて。外で働いている友人が羨ましく、妬ましい気分になって疎遠になっちゃった。子供が出来てほっとしています。私にしかできない子育てという仕事が出来たから。」

…なるほど。奥が深いです。急に専業主婦になると、時間を持て余してしまうでしょうし、社会から切り離された感覚に陥ってしまうかも…。

まだまだ女の自分に欲があるケース

結婚4年目の専業主婦のTさん。子供は居なく、体型が崩れるからまだ欲しくは無い、と言っていました。

「とにかく暇。昼間家に一人だと、寂しくて鬱になりそうだから、適当にランチやカフェに出かけたりしています。主婦の友達も居るけれど、皆子供居るから話が合わない。私はまだちやほやされたい!いくらキレイにしても、旦那は誉めてくれないからつまらないですよ。だから、SNSで出会った男性に自分のちょっとセクシーな写真を送って楽しんでます。可愛い、きれいって言ってくれるし、旦那より優しいから。今誘われて、ちょっと会ってもいいかな、と思っています。」

男性は基本、釣った魚に餌をあげない生き物です。手に入れる前までは、綺麗、可愛いと誉めていたのに。結婚した途端にツレなくなった…という話も珍しくありません。

もちろん、圧倒的に悪いのは浮気するほうですが、女性にも言い分はあるようです。それを黙って飲み込め、というワケではありません。ただ、結婚生活でがっかりしない為にも、奥様への愛情表現は忘れずに。

この記事のライター

moka

全国を放浪し、ちょっとセクシーな夜の接客業を経験してきました。その経験から、ちょっぴりセクシーで笑える男性向けのお話や、お勉強させていただいたディープなお話をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す