一目置かれたいならこれ!伊達メガネのおすすめブランド5選

一目置かれたいならこれ!伊達メガネのおすすめブランド5選

似合うかどうかはさて置き、メガネも時計や靴と同じようにそのアイテムの歴史を知っておきたいと思いませんか? と言うのも、名作と呼ばれるメガネには必ず共通する「何か」が隠されています。

自分に似合うかどうかはそれを知ってからでも遅くはないはず。この記事では、おすすめブランドのアイコンモデルを中心に流行りのメガネをご紹介します。

伊達メガネについて知っておきたい3つのこと

先ずは、伊達メガネに纏わる質問や疑問を見てみましょう。

Q. 伊達メガネのレンズは交換すべき?

伊達メガネ メンズ

A. 交換をおすすめします。

ショップで見掛ける伊達メガネの標準レンズは交換が前提です

ダミーレンズまたはデモレンズとも呼ばれ、あくまでディスプレイとしての機能しか持ち合わせていません。

そのため、フレームを購入する際はレンズも合わせて交換するようにしましょう。

Q. 伊達メガネのダミーレンズはバレる?

A. 伊達メガネのダミーレンズは反射で分かります

伊達メガネには、反射防止用のコーティングがほとんどされていません。そのため、レンズの前面や背面からの光がそのまま反射してしまいます。

一見気づきにくいですが、見る人が見れば分かります。それだけにダミーレンズのまま使うのはダサい……です!

また、反射しやすいダミーレンズは目がすぐに疲れてしまいます。

反射による目のダメージは意外と大きいため、伊達メガネを購入する際は反射防止コーティングつきのレンズも合わせて選ぶようにしてください。

Q. レンズなしの伊達メガネはダサい?

レンズなし伊達メガネ メンズ

出典:Rakutenラクマ

A. ダサいかどうかは賛否両論ですが……おすすめは「レンズあり」です。

あえてのチープ感や、おふざけで着ける場合を除き「普段使いにするのはちょっと……」という意見が多く聞かれたレンズなしメガネ。

メガネに詳しい人からすると「もはやこれは邪道」という意見もありました。

伊達メガネでおしゃれなコーデを目指したい男性は特に「レンズなし」は避けたほうが良さそうです。

伊達メガネのおすすめブランド5選

1. TOM FORD(トムフォード)

太セル(太いフレーム)が特徴のTF5178。細身にシフトする人も多い今季ですが、太セルも根強い人気があります。智元(メガネのヨロイの部分)に輝くTアイコンもトムフォードならでは!

トムフォード メガネ

 詳細はこちら

トムフォード TF5040

 詳細はこちら

2. OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)

出典:FASHIONSNAP.COM

セレブ御用達のオリバーピープルズはmアメリカ生まれのアイウェアブランド。
80年代のボストンを現代に蘇らせた「フィンリー」や、俳優グレゴリーペックへのオマージュモデル「グレゴリーペック」もおすすめです。

オリバーピープルズ 伊達メガネ

 詳細はこちら

3. 金子眼鏡

出典:FASHIONSNAP.COM

日本が誇るアイウェアブランドも忘れてはいけません。
眼鏡の生産地として有名な福井県鯖江市で誕生した「金子眼鏡」は、熟練職人が各々の持ち味を活かしたブランドを自身の名前で展開しています。おすすめはプラチナ製やバイカラーボストン。

金子眼鏡

 詳細はこちら

4. 999.9(フォーナインズ)

金子眼鏡に続き、こちらもジャパンブランドのフォーナインズ。
「常に最高純度の品質を目指して努力し続ける」という意味がこめられたブランド名の通り、かけ心地の良さや機能性に定評があります。

フォーナインズ メガネ

 詳細はこちら

フォーナインズ メガネ

 詳細はこちら

MOSCOT(モスコット)

モスコット メガネコーデ

出典:Men’s Ex

1897年生まれの老舗アイウェアブランド「モスコット」。
アレン・ギンズバーグをはじめ、数多くの著名人からも愛されるブランドです。
小ぶりなボストンといえばモスコットと言われるゆえ、この手のデザインがお好み方に特におすすめしたいブランド!

モスコット メガネ

 詳細はこちら

メンズにおすすめの伊達メガネまとめ

一つあると便利な伊達メガネは、せっかくなら上質なブランドをチョイスして周囲からの視線を集めたいですよね。

時計や靴と同じように、小物類にも気を抜かないのが「おしゃれ」というもの。

良いメガネフレームを選ぶには、良いブランドを知ることが先決!この記事を参考に、ぜひお気に入りのメガネを探してみてくださいね。

<関連記事>愛されブランド!人気のモスコット特集も合わせてどうぞ

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す