芸能人も多数愛用のアイウェア。MOSCOT モスコットおすすめ5選

芸能人も多数愛用のアイウェア。MOSCOT モスコットおすすめ5選

老舗アイウェアブランド MOSCOT モスコット

1915年ハイマン・モスコットによりアメリカで誕生した老舗アイウェアブランド「MOSCOT(モスコット)」

1899年に東ヨーロッパから移住したハイマン・モスコットが、ニューヨーク・ロウワーイースト地区で既製眼鏡の販売を開始したことがブランドの始まり(当時は手押し車だったんだとか)

1915年に息子のジョエル・モスコットがロウワーイースト付近に最初の店舗をオープン。以来、たくさんの人々に愛され続け、100年以上経った今もなお支持され続けるブランドです。

MOSCOTニューヨーク店

出典:MOSCOT

MOSCOTがグローバルブランドとして急成長したのは4代目へと世代交代した辺りから。アレン・ギンズバーグアンディー・ウォーホールジョン・レノンジョニー・ディップが愛用する眼鏡として今や世界中で知られるアイウェアブランドになりました。

丸みを帯びたデザインと太めのフチの眼鏡が特徴の代表作「LEMTOSH」をはじめ、クリアレンズから薄いブルーレンズへカスタム可能なのもMOSCOTの特徴。デザインにアクセントを加えるカシメ鋲は、ニューヨークの古き良き時代を感じる定番アイテムです。

レムトッシュやミルゼンは日本人にも似合う

モスコットのアイコン的眼鏡といえばウェリントン型のレムトッシュやミルゼン。日本人にありがち=扁平な顔との相性が良いのもモスコットの魅力です。

MOSCOTモスコット・ミルゼン
詳細はこちら

太すぎず細すぎずない絶妙なバランスのテンプル。かつクラシックな雰囲気もあり、これひとつ身に着けるだけで「やり過ぎないお洒落」を演出してくれる優秀アイテム。男女問わず持っていておいて損のないアイウェアのひとつかと。

マツコの知らない世界にも登場

ジョニーデップが流行らせたボスリントンとして「マツコの知らない世界」でも取り上げられたモスコット。登場したのはレムトッシュ。ボスリントンはウェリントン(アラレちゃんメガネ)+ボストン(滝廉太郎丸メガネ)を掛け合わせた意。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOSCOT モスコット MILTZEN 46サイズ ボストン メガネ 伊達 度付き
価格:33480円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

 

 

ブリッジ部分が鍵穴のようになっており、男女問わず使えるのが人気の理由。今いちばん売れているのもおそらくこの形です。

買うならこれ!MOSCOT モスコットおすすめ5選

1.サーモントフレーム YUKEL(ユケル)

60年代を彷彿とさせるクラシカルなデザイン。ビジネスシーンとの相性も◎です。
丸みがあるため、ほんのり柔らかな印象を与えてくれます。

 

2.LEMTOSH 46 クラシック ウェリントン

1950年代にリリースされたモデルを現代にバージョンアップ。ブランドを代表するアイコン的デザインがこのレムトッシュ。日常使いしやすく誰にでも似合うで形です。

 

3.LEMTOSHサングラス

レムトッシュにカラーレンズを入れたのがこのサングラス。通常レンズとの併用もおすすめです。

 

4.ZEV(ゼブ)サングラス

1960年代にイギリスで市民に支給された「Poor Boy」という眼鏡にインスパイアを受けて作られたZEV。このモデルも男女問わず掛けられます。

 

5.ZOLMAN

レトロな雰囲気満載のZOLMAN。似合う人は限られますが、この独特なフォルムこそMOSCOTらしいデザインかと。

 

MOSCOTO モスコットの路面店は東京青山

路面店は青山の骨董通り。その人に合う形をアドバイスしてもらえるので、ネットでの購入が不安な方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

MOSCOT東京店

出典:MOSCOT

おわりに

モスコットのアイウェアは1つのモデルで3つのサイズが選べるため、それぞれの顔にあった眼鏡を見つけやすいのも嬉しいポイント。デザイン性だけでなく実用性にも優れたアイテムを作り出せるのは老舗ブランドだからこそ成せる技。

レイバンが似合わなくてもモスコットなら大丈夫と言われるくらい、日本人にも馴染みやすいアイテムばかりなので、これを機にお気に入りの眼鏡を探してみてはいかがでしょうか。

MOSCOT
東京都港区南青山5-10-2 第2九曜ビル1階
https://moscot.com/

ココもCHECK!

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す