束縛女性にご用心…交友関係にまで口を出し破壊する。束縛女性とわかったら全力で逃げて!

束縛女性にご用心…交友関係にまで口を出し破壊する。束縛女性とわかったら全力で逃げて!

自分の行動を監視してくる、束縛女性…。愛だから、と言われても正直束縛される側はたまったもんじゃないでしょう。束縛されるというのは、自分の行動を制限されるということです。誰と会っているか、何をしているか都度話さなくてはならないのも面倒ですし、だんだん嫌気がさしてきます。

ここでは、そんな束縛女性の特徴について解説していきます。お付き合いされる前に、見極めて逃げてくださいね。

束縛女性の特徴 10個

束縛する女性には特徴があります。どのような女性が束縛するタイプなのか、見てみましょう。

いつでも連絡をとりたがる

平日の日中から、休みの日まで、時間に関係なく連絡をとりたがります。相手が仕事中だとしてもお構いなしです。返事が来なかったり、既読無視をしたりすると、その後宥めるのが大変になるでしょう。連絡が遅くなった場合、「なんで連絡が遅いの?!」と怒ることもあります。連絡をとり何をしているか知ることで、相手を監視し束縛しようとしているのです。

嫉妬深い

嫉妬深いタイプの女性も束縛の気があります。自分以外の誰かと一緒にいて欲しくないという感情から相手をコントロールしようとするのです。

スマホをチェックする

スマホチェックは当たり前、という女性には気をつけてください。何をしていたか、誰と連絡をとっていたか確認しています。浮気を疑っているだけなのかもしれませんが、相手が嫌だと思うことを知らずに行なっていた場合束縛女性へと変貌してしまう可能性があります。

予定を把握したがる

いつ・誰と・どこに行くのか、詳細まで知りたがります。同棲しているのであれば、何時頃帰宅するかくらいは知りたいと思うかもしれませんが、誰とどこに行くかまで詳しい情報は必要ありません。それでも誰とどこに行くのか、またどのようなメンバーなのか詳細まで求めてくる女性は束縛系を疑ってもよいでしょう。

愛情を確かめる

相手の気持ちが自分の方向を向いているのか、確認したがるのも束縛女性の特徴と言えます。他の人へ愛情がいかないようにしたいという思いや、自分だけのものという気持ちから愛情を確かめたがります。愛情を伝えたとしても、疑ってしまうため、それだけではすまないことがほとんどですが…。

女性との連絡を嫌がる

自分以外との女性とは連絡をとらないで欲しいと言ってくる人もいます。仕事の付き合いだから…と言っても聞かないこともしばしば。場合によっては、女性の連絡先を消して欲しいと言ったり、無断で消したりも。また、女性だけに限らず男友達の連絡先を削除するなどの暴挙にでる人もいます。

独占欲が強い

束縛したいということは独占欲があるからです。自分のものだという意識が強いのかもしれません。そのため、物事に執着しやすい人も束縛する女性に当てはまります。

自信がない

自信がない女性は、それだけ相手を束縛したがります。自信がないからこそ、別の人へ気持ちが向いてしまうかもと恐るあまり、相手の行動を監視し、束縛しようとしてくるのです。

趣味がない

趣味があれば、それに割く時間も多くなるため、束縛をしようと考えないでしょう。趣味がないため余っている時間はすべて男のために! という女性は自分と一緒にいない間の時間何をしているのか考える暇もありますし、それだけ、相手の行動をチェックすることもできます。

常に不安の中にいる

いつでも不安がつきまとうタイプの女性は、ネガティブな思考になってしまうため、浮気をしているかもしれない、他の女性を好きになったかもしれないと、被害妄想のような状態になっています。それを解消するために、相手を束縛するのです。

束縛女性と知らず付き合ってしまった男性の末路

相手が束縛女性と知らず、付き合った男性がいます。彼は、友達も多かったのですが、束縛女性と付き合ってからというものの、友達との集まりにも顔を出さなくなり、次第に友達が減っていきました。付き合い始めのうちは、「彼女が不安がるから」という理由で5回に1回程度集まりを断っていたのですが、ある日集まっている最中に彼女から連絡がきたのです。

その日は彼女も出かけているため、顔を出せるという話だったのですが、彼女が家に帰宅したとき誰もいなかったので「今何しているの?」と連絡をしてきたようです。男性の方は事前に出かけると話していたのですが、自分が帰ってきたときにいなかったのが気に食わなかったようで、電話越しでも彼女が怒っているのがわかるくらい激昂していました。それからというものの、誘うのも気が引けてしまい男性を誘わなくなりました。

今となっては連絡をとっている人はほとんどおらず、たまに話題にあがっても「彼女が怖いから…」という理由で飲み会に呼ぶこともありません。

男性に非はないかもしれませんが、そんな女性と付き合っていて敵視されても嫌ですし、恨まれたら…と考えると呼ばない、呼べないという気持ちになり疎遠になってしまったようです。いつの間にかSNSも退会し、誰とも連絡がつかなくなったようでした。彼女と幸せに暮らしているか、尻に敷かれているかわかりませんが、仲が良かった人もどうなったか知らないとのことです。

束縛女性とわかったら全力で逃げて!

そういった女性が好きならばいいかもしれませんが、束縛女性と付き合った場合、自分の友人関係まで壊されてしまう可能性大です。自分の行動が自由にならないどころか、交友関係にまで口を出してきます。大人なのだからそれなりの付き合いもあるでしょう。ですが、それすらも許してもらえないケースも。壊れてしまった友人関係を修復するのも大変になってしまうので、一番はそのような女性と付き合わないということではないでしょうか。

この記事のライター

atori ten

あまりまともな男性と付き合えなかったホステス。浮気男、サイコパス、知能レベルが低い男……。素敵な男性とお付き合いしたいけれど、なかなか出会えないと諦めているアラサー女子です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す