やる気が失せた時必読!モチベーションが上がるメンタルチェンジの方法

やる気が失せた時必読!モチベーションが上がるメンタルチェンジの方法

仕事や勉強。はたまた、ダイエットやエクササイズなどに到るライフスタイル全般で全くやる気が出ない。春先によく起こりがちなメンタル不調に貴方も陥ってはいませんか? やらなきゃいけないと言う気持ちは強いのに、行動が伴わない、そんな時の焦燥感には耐えきれないものがありますよね。そんな時に必要なのはメンタルチェンジ。そんなスランプの時に役立つモチベーションアップの方法をご紹介いたします。

作為的にハイな自分を作り出す

仕事を仕上げなきゃいけないのに全く進まない。いや進めない。やる気も出ない。当たり前ですが、そんな時はカンファタブルな状態とは言えません。そんな時は、「やる気を出そう!」と言う意識を捨てて先ず、自分をハイにする様に試みてください。

  • 前から気になっていた洋服を買う
  • 背伸びして高級店で美味しい料理を食べる
  • アゲアゲの音楽を聴く
  • 格闘技系の試合でアディクトな状態を作りだす
  • 聞き上手な友達や恋人と会話する…etc

人によって、自分の上げ方は多種多様と思いますが、ポイントは幸せや目標の前倒しです。こんな成果を上げたから、この目標を達成したから、やると決めていた自分へのプレゼントを前倒しで実行してみましょう。目標実現の対価として考えていた自分へのご褒美の数々…。若しかしたらその数が多すぎて、貴方の心がフラストしていたのかもしれません!意を決して前倒ししてみたら、自然と気持ちがハイになって、モチベーションが戻って来ることは多いのです。

貴方は、決してヤル気のベクトルをマイナスには向けてはいません。目標達成状況を人為的に作り出して、マイナス時間から脱出いたしましょう!

モチベーションの時間軸を推察する

やる気は時間に密接に関係します。但し、その関係は人によってマチマチですが…。例えば、筆者が関係するライティングのケースを例にとってみると、締切時間までの時間に余裕がある方が心に余裕があり、やる気が充満すると言う人もいれば、締切ギリギリのお◯りに火が付いた時にやる気が出ると言う人もいます。この様に、モチベーションと時間の関係は一括りではなく、定義付けするのは難しいのですが、一つ言えるとすれば「自分なりの時間軸を理解する」と言うことになるでしょうか…。

「自分の行動と時間の関係が、いかなる状態の時に最もやる気が出るのか?」

それを知ることで、仕事や行動の進捗が芳しくなくても焦ることなく、冷静な気持ちで望むことができます。何よりそれを知っていれば、いたずらにスランプの深淵に陥ることはありません。

やる気を捨て成り行きに身を委ねるのも効果的

根源論に立ち返ってしまうのですが…。

「そもそも、やる気とは出さねばならないものなのでしょうか?」

気力が充満している時は、物事のプロセスを一段飛ばしで駆け上がっていける様な感覚を抱きがちです。しかし、好事魔多し。それが、無理に繋がり、結果大きなダメージに繋がりかねません。やる気が充満している時だって実は、危険に繋がる可能性もあり、決していいことばかりではないのです。

逆に、やる気の出ない時は徳川家康を決め込んで…。出るまで待とうホトトギスを決め込むべきです。

不眠に陥っている時を考えてみてください。羊の数をいくつ数えてみたところで全く効果なし。なのにそれを反復していれば、いつしか自分で自分を追い込む強迫観念に変わります。

ナチュラルな感情に立ち返えるのが大事

メンタルチェンジに長けているスポーツ選手たちは、大事な一番を控え眠れない時にこう考える様です。

「眠くなった時に寝れればいいや…」

一見、開き直りや投げやりにも見えるこの言葉ですが実は、心理学的には効果的な自己解放メソッドなのだそう。仮に、一晩不眠に陥ったとしても生死に関わることはありません。ならば、成り行きに任せると言う忘我の姿勢も時には、重要な精神の選択なのだとか!

数多くのオリンピックメダリストを育成した名コーチによれば、こんな時に「眠れない!」・「ヤバイ」と自虐的になるアスリートより、開き直って酒を飲んだり夜通しゲームに興じていた方が良い結果を出すのだそう。

「ヘタなやる気は、身を滅ぼすわよ」怨み屋本舗の宝条 栞の声が聞こえて来そうです。

ローモチベーションなりのパフォーマンスで乗り切る覚悟

上記に挙げた様々な施策を講じてみても、一向に貴方のやる気のバロメーターが改善しない時、それは自分の能力のMAXは今なんだと腹を括りましょう!過去とは所詮過ぎ去った時間の事。貴方と呼べるのは、今ある貴方だけなのです!。あってはいけないのかも知れませんが、貴方がやる気が充満していたと感じていた状態は、もう二度と訪れないかも知れません。そして、この状態がその後の人生ずっと続いて行くかも知れません。

「今が最高!」という気持ちで日々臨めば、気持ちの波は現れません。

Live for Today

今日を精一杯生きてみましょう!

出典:AMAZON

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック。合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す